旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    岡山県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/05/03(金) 22:24:01.21 ID:0o53k4F/9
    「当店は一人喫茶専門店です」―。
    こんな看板を掲げる店が、岡山市中心部の表町商店街にある。「もなど喫茶店」だ。以前は普通の喫茶店だったが、どうしてこのような形態にしたのか。店主に理由をたずねてみると、さまざまな葛藤や客への思いやりがうかがわれた。

    暗めの照明にアンティーク調のインテリア、さりげなく飾られた観葉植物と水槽を泳ぐグッピー…。「もなど」の店内は、「ふぅ~」とひと息つきたくなるような落ち着いた空間が広がる。

    店主の石井寛子さん(34)は学生時代、カフェでアルバイトを経験。「お客さんがゆったりくつろいでいる姿を見て、『これを仕事にしたい』と思いました」と話す。「老若男女問わず癒やしを求める空間」として喫茶店にすることを決意。勉強のため、さまざまな店を巡る中で、良い喫茶店の「定義」に気づいたという。

    「家にいると、やらなければならない家事が見えてくる。でも喫茶店に行くと、誰かが空間を整えてくれていて居心地が良い。人がいれてくれたコーヒーはおいしいし、優しさも感じられる。私が魅力を感じる喫茶店は『素敵な主婦(夫)』のようだと思いました」と振り返る。

    大学卒業後、カフェや園芸店で働きながら開業準備。2017年7月、27歳の時に「もなど喫茶店」をオープンさせた。オープンしてまもなく、カメラの腕がある学生客が「クリームソーダ」の写真をインスタグラムに投稿したところ、それが大バズり。純喫茶ブームも相まって、客の絶えない店となった。

    ところが一人でゆったり過ごしたい常連客もいれば、メニューで映える写真を撮りたい客、数人でおしゃべりしたい客もいる。「お客さんに自分と向き合う時間を持ってほしい」という理想を掲げていた石井さんは悩んだ。「おしずかに」という注意書きを掲示し、大きな声の客に「もう少し声のボリュームを」と声かけをしたりもしたが、心苦しかったという。

    昨年、近くに大きなイベントホールができたことで、ライブ前後の団体客が増えた。土日はさらににぎわいが増し、常連客の中には、人の多い時間帯を避けて通う人まで現れた。「このままではどっちつかずになってしまう。店側が方針を決めなければ」と考え、4月18日から「一人専用」にリニューアルした。

    *記事全文は以下ソースにてご覧下さい
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26342285/
    livedoorニュース/まいどなニュース

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1714742641/

    【【岡山】おひとりさま専用の喫茶店…だと?1人客限定にした34歳店主の思いとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/02/28(水) 13:46:51.10 ID:Qny13nco
    日本一有名な昔話と言っても過言ではない「桃太郎」。その発祥地は岡山と言われているが、山梨県大月市が名乗りを上げている。『ABEMA Prime』では両者に話を聞いた。

    大月には犬目、鳥沢、猿橋という、桃太郎の家来の名前が入っている地名がある。さらに、大月桃太郎連絡会事務局の箕田雅友氏は「昭和のはじめから絵本が発行され、多くに富士山が描かれている。これは大月市から仰ぐ富士山と距離関係、大きさが同じであり、発祥の地は大月であると宣言させてもらう」と主張する。

    一方、岡山県・桃太郎のからくり博物館館長の住宅正人氏は反論。「皆さんご存知だと思うが、出だしは“むかしむかしあるところに”だし、話の中に富士山は出てこない。おさまりがいいから描いただけだろう。それに惑わされないようにしていただきたい」と述べる。

    しかし、岡山説に根拠はないという見方もある。桃太郎の由来については諸説存在し、戦前までは愛知県や香川県を由来とする説が有力だったが、昭和37年に岡山で開かれた国体で県をあげて何か推すものはないかと考え、『桃太郎』を使用したところ岡山説が広がったという。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://times.abema.tv/articles/-/10115911?page=1

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1709095611/

    【“桃太郎”の発祥地に山梨・大月市が名乗り 岡山で鬼退治をしたのは誰? 双方の主張は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/18(木) 17:14:21.53 ID:oZenpq7l9
    人気キャラクターでプロモーションを図ります。開幕まで残り500日を切った大阪・関西万博を前に、岡山市で、期間限定のオフィシャルストアがオープンしました。

    (記者リポート)
    「こちら、万博の公式キャラクターのミャクミャクです! 元気いっぱい」

    2025年4月13日に開幕する大阪・関西万博まであと451日です。岡山でも万博への機運を高めようと、岡山一番街にポップアップストアがオープンしました。
    18日は公式キャラクターの「ミャクミャク」が特別ゲストとしてやってくるとあって、店頭にはファンがぞくぞく。

    (訪れた人は―)
    「実際に(ミャクミャクに)会えるってことなんで、会社をこっそり休んで来ました」

    そしてミャクミャクが登場すると、待ちに待ったファンは大喜び! 
    アイドルのコンサートさながらの記念撮影大会となりました。

    (訪れた人は―)
    「めちゃ動きもかわいくて、来た甲斐がありました!(会社を)休んだ甲斐ありました!」
    「(Q.万博も行きますか?)行きます!ラボットを連れて行きます。」

    ポップアップショップには約150点の公式グッズが用意されていてます。
    一番人気は、ミャクミャクのぬいぐるみ「EXPO2025 ミャクミャクS」(3960円)で、初日からグッズを買い求める人の姿も多く見られました。

    (2025年日本国際博覧会協会/喜多菜都美 係員)
    「グッズを通して皆さんに万博に興味を持っていただいて、知っていただいて、訪れたいと思っていただけたらと思います」

    このポップアップストアは1月30日まで開かれています。

    [KSB瀬戸内海放送]
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6adca966bc07c867440ef37652bb0ac2d2b6192e

    引用元:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1705565661/

    【【万博】岡山市に期間限定ショップが開店 ミャクミャクのファンがぞくぞくと訪れる 「会社を休んで来ました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    26556453_s

    1: 名無しの旅人 2023/03/29(水) 21:12:10.284 ID:DjIaVvCM0NIKU
    基本的には車社会だが車さえあればある程度田舎に住んでも便利
    たまに電車も乗れる
    俺の沿線は30分に一本
    通勤は車で田舎道渋滞皆無で10分
    土地も安いから戸建て買いやすい
    けど街中にマンションもどんだん建っている
    水島工業地帯とか山ほど仕事もある
    大手メーカーあるから大卒エリートの仕事から工場勤務まで

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1680091930/

    【「岡山市」こそ最強の街やと思うんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    24134706_s

    1: 名無しの旅人 2022/10/13(木) 20:45:38.850 ID:7spUSKmu0
    田舎だけど、岡山、倉敷の中心部に近ければ結構な規模の街だし
    車社会だけど、そこそこ電車も使える
    朝の電車も都会と比べたら大したことないし
    俺は車でスイスイの道20分
    田舎だから土地も安いからみんな若くして家建てられるし

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1665661538/

    【岡山住みやが地方都市が住むのに最適なんやない?】の続きを読む

    このページのトップヘ