旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    鳥取県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/06/09(日) 06:55:47.35 ID:e8COYhIr9
    キャンプブーム沈静化、新たなニーズ掘り起こし…キャンプ場で「結婚式」を|TBS NEWS DIG
    山陰放送

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1210091?display=1
    no title

    この春、鳥取県・大山のふもとにあるキャンプ場で結婚式が行われました。
    一時は過熱気味ともなったキャンプブームも一段落、ゆったりとしたロケーションを活用した新たなニーズの掘り起こしが始まっています。

    4月、新緑と青空のもとで行われた結婚式。
    中国地方最高峰、雄大な大山を背景に、集まった人たちが、新郎新婦2人の人生の新たな門出を祝います。

    小林健和 記者
    「雄大な大山の景色を味わいながら楽しむことができる結婚式。実は行われていたのは結婚式場ではなく、キャンプ場なんです」

    去年、鳥取県伯耆町にオープンしたキャンプ場「大山リゾート 沢田ベース」。
    結婚式はこのキャンプ場を使って行われていました。(※中略)

    ところで、キャンプ場のこのような取り組みには、現在のキャンプ市場も背景となっているようです。

    コロナ禍が明けるとアウトドアブームが落ちつき、新潟県のアウトドアメーカー
    「スノーピーク」は、去年12月期連結決算の純利益が前期比99.9%減となったことが、大きなニュースとなりました。

    また、アウトドア用品が中古市場に溢れるなど、アウトドアを取り巻く環境は、ここ数年目まぐるしく変化しています。
    松江市内のリサイクルショップでは、キャンプ用品が買取で入ってはくるものの、逆に客の購入の頻度はコロナ禍と比べると減っているといいます。

    創庫生活館春日店のスタッフ
    「ベンチタイプのイスがちょっと入ってきたりはしています。キャンプの1人用のでかいイスとかそういうのも入っています」
    「キャンプ(関係の商品)はそんなに目立っては動いていません」

    過熱気味だったキャンプブームが落ち着き、キャンプ場もそのロケーションの魅力を多面的に活用していくことを模索しています。

    こちらのキャンプ場では、夏休みや大型連休以外の時期に、結婚式などキャンプ以外の利用をとPRしています。

    大山リゾート沢田ベース 森脇 愛 サブリーダー
    「大山が一望できるのは沢田ベースの魅力だと思っています」
    「こういったスタイルで、新しい結婚式のスタイルとして周知してもらって、皆さんにこの自然の中でしてもらえたらと思います」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1717883747/

    【【アウトドア】 キャンプブーム沈静化、新たなニーズ掘り起こし…キャンプ場で「結婚式」を】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    29019455_s

    1: 名無しの旅人 2024/02/13(火) 11:46:45.48 ID:fmyXJBs80
    なんかある?

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1707792405/

    【「鳥取県」←こいつに対する「砂丘」以外のイメージ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/05/12(日) 11:17:14.63 ID:IfANzYPb9
    鳥取・境港のご当地パン「ブドーパン」がファンの熱意で復活、1000個試作し懐かしの味に

    鳥取県の境港市民に長く愛され、2年前に惜しまれつつ姿を消した菓子パン「ブドーパン」が今春、ファンの力で復活した。約70年にわたって作り続けた市内の製パン会社「伯雲軒」は閉業したが、4代目社長だった山本敏則さん(67)の協力もあり、爽やかでほんのりと甘い、港町の「ソウルフード」が帰って来た。

    復活したブドーパン
    伯雲軒は1897年創業の老舗。ブドーパンは、ラム酒入りのクリームと、干しブドウやシナモンを練り込んだ香り高い生地が特長で、3代目社長だった父・昭二さんが戦後まもなく商品化した。市出身の漫画家・水木しげるさんも好んで食べた逸品だ。山本さんは親しまれた理由を「多くの市民が幼稚園でおやつとして食べたからではないか」と推測。自身も子どもの頃に食べ慣れ、京都市の老舗パン屋での修業を経て帰郷後、技術や知識を生かして細部を調整し、「ベストな状態に仕上げた」自慢の品だ。

    (以下ソースにて)

    読売新聞(東大貴)
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240511-OYT1T50203/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1715480234/

    【【ご当地名物】鳥取・境港のご当地パン「ブドーパン」がファンの熱意で復活、1000個試作し懐かしの味に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4040397_s

    1: 名無しの旅人 2023/11/27(月) 18:23:24.09 ID:Ugnu2Iqk0
    バカ「しまった、らっきょうが食えない…、もう死ぬしかない」

    これが現実

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1701077004/

    【バカ「鳥取県とかいう県要らねw」鳥取県「じゃあ消えるわ」スゥゥゥ(消滅)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/22(月) 15:55:30.98 ID:HtFtn6BO0
    かなしい😭
    no title

    no title

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1705906530/

    【【悲報】鳥取県のAコープ、続々閉店へ…】の続きを読む

    このページのトップヘ