旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    鳥取県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/06/09(日) 06:55:47.35 ID:e8COYhIr9
    キャンプブーム沈静化、新たなニーズ掘り起こし…キャンプ場で「結婚式」を|TBS NEWS DIG
    山陰放送

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1210091?display=1
    no title

    この春、鳥取県・大山のふもとにあるキャンプ場で結婚式が行われました。
    一時は過熱気味ともなったキャンプブームも一段落、ゆったりとしたロケーションを活用した新たなニーズの掘り起こしが始まっています。

    4月、新緑と青空のもとで行われた結婚式。
    中国地方最高峰、雄大な大山を背景に、集まった人たちが、新郎新婦2人の人生の新たな門出を祝います。

    小林健和 記者
    「雄大な大山の景色を味わいながら楽しむことができる結婚式。実は行われていたのは結婚式場ではなく、キャンプ場なんです」

    去年、鳥取県伯耆町にオープンしたキャンプ場「大山リゾート 沢田ベース」。
    結婚式はこのキャンプ場を使って行われていました。(※中略)

    ところで、キャンプ場のこのような取り組みには、現在のキャンプ市場も背景となっているようです。

    コロナ禍が明けるとアウトドアブームが落ちつき、新潟県のアウトドアメーカー
    「スノーピーク」は、去年12月期連結決算の純利益が前期比99.9%減となったことが、大きなニュースとなりました。

    また、アウトドア用品が中古市場に溢れるなど、アウトドアを取り巻く環境は、ここ数年目まぐるしく変化しています。
    松江市内のリサイクルショップでは、キャンプ用品が買取で入ってはくるものの、逆に客の購入の頻度はコロナ禍と比べると減っているといいます。

    創庫生活館春日店のスタッフ
    「ベンチタイプのイスがちょっと入ってきたりはしています。キャンプの1人用のでかいイスとかそういうのも入っています」
    「キャンプ(関係の商品)はそんなに目立っては動いていません」

    過熱気味だったキャンプブームが落ち着き、キャンプ場もそのロケーションの魅力を多面的に活用していくことを模索しています。

    こちらのキャンプ場では、夏休みや大型連休以外の時期に、結婚式などキャンプ以外の利用をとPRしています。

    大山リゾート沢田ベース 森脇 愛 サブリーダー
    「大山が一望できるのは沢田ベースの魅力だと思っています」
    「こういったスタイルで、新しい結婚式のスタイルとして周知してもらって、皆さんにこの自然の中でしてもらえたらと思います」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1717883747/

    【【アウトドア】 キャンプブーム沈静化、新たなニーズ掘り起こし…キャンプ場で「結婚式」を】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/05/12(日) 11:17:14.63 ID:IfANzYPb9
    鳥取・境港のご当地パン「ブドーパン」がファンの熱意で復活、1000個試作し懐かしの味に

    鳥取県の境港市民に長く愛され、2年前に惜しまれつつ姿を消した菓子パン「ブドーパン」が今春、ファンの力で復活した。約70年にわたって作り続けた市内の製パン会社「伯雲軒」は閉業したが、4代目社長だった山本敏則さん(67)の協力もあり、爽やかでほんのりと甘い、港町の「ソウルフード」が帰って来た。

    復活したブドーパン
    伯雲軒は1897年創業の老舗。ブドーパンは、ラム酒入りのクリームと、干しブドウやシナモンを練り込んだ香り高い生地が特長で、3代目社長だった父・昭二さんが戦後まもなく商品化した。市出身の漫画家・水木しげるさんも好んで食べた逸品だ。山本さんは親しまれた理由を「多くの市民が幼稚園でおやつとして食べたからではないか」と推測。自身も子どもの頃に食べ慣れ、京都市の老舗パン屋での修業を経て帰郷後、技術や知識を生かして細部を調整し、「ベストな状態に仕上げた」自慢の品だ。

    (以下ソースにて)

    読売新聞(東大貴)
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240511-OYT1T50203/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1715480234/

    【【ご当地名物】鳥取・境港のご当地パン「ブドーパン」がファンの熱意で復活、1000個試作し懐かしの味に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/22(月) 15:55:30.98 ID:HtFtn6BO0
    かなしい😭
    no title

    no title

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1705906530/

    【【悲報】鳥取県のAコープ、続々閉店へ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/12/22(金) 04:30:43.07 ID:UUIFVgGO9 BE:976717553-2BP(1000)
    鳥取県内のJA系スーパーが今年相次いで閉店し、高齢者が日々の買い物に困る「買い物難民」の問題が顕在化した。過疎地域で自由に買い物ができる環境を維持することは簡単ではないが、自治体や地域住民らは新たな取り組みに乗り出している。

    問題の発端は2月。JA鳥取いなば(鳥取市)の子会社が県東部で展開していたスーパー「トスク」全9店の閉店方針が明らかになった。地域の人口減や他店との競合で赤字経営が続いていた。その後、JA鳥取中央(倉吉市)とJA鳥取西部(米子市)も系列スーパー「Aコープ」計8店などの閉店を決めた。

    中山間地にも広く店舗を構えてきたJA系スーパーの撤退は、地域への影響が大きい。JA側は運営を引き継ぐ企業を探したが、閉店までに見つからなかったケースが複数あった。

    そうした中、若桜町の「トスク若桜店」は、鳥取市に本社を置くスーパー「エスマート」に引き継がれた。承継の裏には、「スーパーがなくなれば人口減が加速する」との危機感を抱いた町の必死の取り組みがあった。トスクは町内唯一のスーパーだったからだ。検討したのは、店舗を町が所有し、運営を民間が担う公設民営方式の導入により、民間の負担を減らして承継しやすくすること。現在、店舗は町が借り上げているが、町の担当者は「いずれは町が土地と建物を購入するつもりだ」と話す。

    ■住民の力で

    一方、店舗の承継先が見つかっていない地域でも、住民らが知恵を絞る。

    八頭町船岡地区では、唯一のスーパー「トスクふなおか店」が老朽化で引き継ぎ対象とならず、7月末に閉店。高齢の女性客は「車が運転できないので困る。外出する気もなくなってしまう」と漏らしていた。

    同地区では現在、町とIT企業が連携し、インターネットを活用した買い物サービスの実証実験を行っている。住民が地区内に4か所ある公共施設のいずれかに出向き、パソコンで町内のスーパーやホームセンターに商品を注文。最速で当日に自宅に届く仕組みだ。

    地区唯一のスーパーが閉店した倉吉市関金町では、住民でつくる地区振興協議会が県外のスーパーを誘致し、新たな店舗開設が決まった。買い物に適したルートでバスを運行したり、タクシーを安く利用できるチケットを配ったりし、移動手段の確保に力を入れる市町もある。県買物環境確保推進課の担当者は「色々な地域に応じた対応策が出てきた」と歓迎する。

    課題は、新しい取り組みをどう継続するかだ。買い物を楽しむ場所は、高齢者の心身の健康にも欠かせない。「生活インフラ」として地域全体で守る意識が必要だ。

    https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20231219-OYO1T50050/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1703187043/

    【"スーパーの閉店"相次ぎ「買い物難民」問題顕在化…公設民営・ネットで活路模索】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/12/19(火) 10:20:14.88 ID:qIviLYGb0
    これで観光客も増えるぞ😄
    no title

    no title

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1702948814/

    【【朗報】『鳥取駅』さん、ついに自動改札機を導入へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ