旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    長野県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/02/11(日) 21:57:28.251 ID:K4QBYMxq0
    鯉のあらいとも呼ぶ

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1707656248/

    【「鯉」の刺身食ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    29244918_s

    1: 名無しの旅人 24/02/05(月) 09:47:47 ID:WCQE
    ねぇ、なんで?

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1707094067/

    【なんで長野って綺麗なイメージあるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/04/12(金) 08:56:20.73 ID:tPXEv9H/9
    宇宙ステーションで食べられた「うなぎの蒲焼き」一般発売へ 老舗うなぎ店が生み出した宇宙食が気になりすぎる(全文表示)|Jタウンネット
    https://j-town.net/2024/04/12356126.html?p=all

    仲久保 岳

    最後のフロンティアであった宇宙も、今や職業宇宙飛行士だけが行く時代ではなくなった。

    2021年には宇宙に行った宇宙飛行士よりも、宇宙に行った民間人の旅行者のほうが多かったという。

    その数は、これからもっと増えていくはず。

    そんな中、ある企業はこう考えた。

    「宇宙にもおいしいうなぎで笑顔と元気を届けたい」―― と。

    town20240411204237_large

    宇宙でも、そして地球でも。(画像はプレスリリースより、以下同)

    そして生まれたのがうなぎの宇宙食「スペースうなぎ」。

    2024年4月9日、長野県の老舗うなぎ料理店を営む「観光荘」はプレスリリースを配信し、その一般販売を発表した。

    「宇宙でも美味しいものが食べられたら、ワクワクするようなメニューが選べたら、きっと素晴らしいことでしょう。そんな思いから、観光荘は宇宙でも美味しく食べられるうなぎを開発し、より多くの方が宇宙でうなぎを食べていただけるよう、うなぎの宇宙食化に取り組んでいきます」
    21年4月1日、プレスリリース上にそんな思いを綴っていた同社。
    生まれたのは、こんな商品だ。

    (略)

    ※全文はソースで。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1712879780/

    【【長野】宇宙ステーションで食べられた「うなぎの蒲焼き」一般発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    28964611_s

    1: 名無しの旅人 2024/02/09(金) 01:21:57.22 ID:1E0dWuaI0
    憧れるわ

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1707409317/

    【長野県「東京・名古屋に近いです、自然豊かです、夏でも涼しいです」←かなり住みたいんやが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/21(日) 23:17:57.81 ID:4vI9zXTU9
    年末(23年12月)、長野県の阿部知事は県の人口が近く200万人を割り込むとの見方を示しました。一因として挙げたのが若い女性の東京圏流出。
    男女比の不均衡によって少子化が進んでいるというのです。もう信州には住まないのか、新成人に本音を聞きました。

    再会を喜ぶ新成人。7日、長野市芸術館で行われた合同成人式には700人余りが参加しました。いつも通りの光景ですが、「人口減少」がさらに進めば、これも様変わりしてしまうかもしれません。

    長野県の人口「200万人割れ」目前

    (略)

    新成人の女性たちは…

    婚姻数の減少、ひいては人口減少の一因ともなっている若い女性の東京圏流出。新成人は、どう考えているのでしょうか。

    都内の大学に進学:
    「現時点では、首都圏で就職したいなと。就きたい仕事とか、企業とかも首都圏の方がたくさんありますし、交通の便とかもいろいろ発達しているので」

    埼玉の短大に進学:
    「やっぱり向こうの方が便利なので。買い物の面とか、電車とかも本数が多かったり」

    横浜の大学に進学:
    「まだそんなに決めてはいないんですけど、向こうのほうがいろいろあるのかなと。よりいろいろ、遊べるところとかもちょっと多いかな」

    千葉の大学に進学(首都圏で就職希望):
    「(長野に戻ってこない理由としてはどんなところ?)田舎(笑)。旅行が好きなので、空港とか電車とか、ひょいひょい行けるのが(便利)」

    都内で既に就職:
    「(長野県内での就職は…)考えてなかったです。東京に慣れちゃった」

    (略)

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e74d74e3d0384fa8afd21a5a11385e0a45c6e20e

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1705846677/

    【【長野】止まらない?若い女性の「東京圏」流出 新成人の本音は「企業がたくさん」「交通便利」「遊ぶ所多い」】の続きを読む

    このページのトップヘ