旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    石川県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3440523_s

    1: 名無しの旅人 2024/06/18(火) 12:28:34.140 ID:Ug0fbEbC0
    近江町市場でええんか?

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1718681314/

    【7月の「金沢」でうまいもん教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/05/05(日) 06:10:15.20 ID:CRBKJMUF00505
    no title

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1714857015/

    【【悲報】GW中に開催された能登半島地震復興支援GWボランティアツアー(有料)がこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/04/01(月) 21:05:59.50 ID:??? TID:BUGTA
    輪島市打越町(うちこしまち)。

    がれきに挟まった車を重機などで動かそうとしていたのは自治体が派遣した「ボランティア」の人たちです。
    作業を依頼した表幸正(おもてゆきまさ)さん(76)。

    大地震で自宅前が道ごと崩落し車を動かせない状態となっていました。
    「これで最後」と思って買ったお気に入りの車です。
    昨年末以来近づくことさえできなかった愛車にエンジンがかかりました。

    表さん:
    「うわあ…ありがたいなあ。これであとは段差を埋めて車を出すだけやさけ、埋めたら出せるな」
    Q作業入られてる様子見てどんな気持ちですか?
    「いやあやっぱり…、うれしいですよ。一人ではこんなものはどうしようもないしね。これで上げてくれたら本当にうれしいですよ」

    ここに至るまで3カ月がかかりました。

    表さん:
    「ボランティアなんてテレビを見ていると出ていたけど、なんかやっぱりこういうところはなかなか来てくれんだろうなと他人事のような。初めて(ボランティアの存在を)知ったような状態やし、テレビを見てたら重機ボランティアが珠洲のほうで車を出すのがテレビに映っとったもんで、市役所に電話して」

    「ボランティアの姿を見ない」
    被災地で多く聞かれる意見です。

    登山家 野口健さん:
    「いろんな被災地を見てまいりましたけど今回の被災地で明らかに違うのはボランティアが少ない、ボランティアを見ない」

    ボランティア:
    「珠洲に12人とか聞いてびっくり。100人単位で来てもらわないと全然進まない」

    被災地に派遣する県の災害ボランティアは1月27日から本格的に活動が始まりました。

    これまでに3万4000人が登録を済ませています。

    しかし実際に活動しているのは1日当たりおよそ310人と登録者全体に対して1%程度しか被災地に送り込むことができていません。

    防災研究の第一人者で、県の災害危機管理アドバイザーも務めてきた神戸大学の室崎益輝(むろさきよしてる)名誉教授にこの現状について聞きました。

    室崎教授:
    「県がボランティアの安全管理というのを考えたと思う。今回のように県が登録制をとるのは僕の知る限りなくはじめて」

    馳知事の口から何度も聞かれたこの発言。

    馳知事:(1月10日)
    「個人的なボランティアの皆さんはお控えいただきたい。ボランティア登録は早め早めにお願いできればと」

    厳しい道路状況や宿泊事情を受けボランティアが個人で能登へ入るのは自粛するようにという呼びかけです。

    室崎教授:
    「直後にSNSでこんな時に被災地に入るボランティアがいてけしからんだとか、(被災地に)行くのは犯罪者だみたいな通知が出た。被災地に入ることに対する批判がすごく多かったので、それをみんな見ているのでボランティアが入るのを躊躇した」

    様々な被災地でボランティア活動を行ってきた登山家の野口健(のぐち けん)さんも馳知事の発言が今でも尾を引いていると話します。

    野口さん:
    「あのときは人命救助が優先だったから、それは分かる。次のフェーズになってボランティアの受け入れが必要になって来たときに、来ないでくれ!の10倍くらいの勢いで言わないと、来ないでくれの方がインパクトが強い。日本中の人助けてくれ!というのをリーダーは繰り返し繰り返し言い続けるべきだと思う」(抜粋)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04eda56e5e6c5d27b0396068ac59ac89b401e96d

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1711973159

    【「被災地に来るなとか言うから…」 能登地震、ボランティア激減でピンチ…被害大きいのに12人しかいない市も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/04/01(月) 22:43:59.57 ID:N2JpzhtL9
    やるぜ能登復興! まずは、大阪~和倉温泉直通「特急サンダーバード」を復活させてはどうか?(Merkmal) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dff3248ec947257cad1627ef5bf5958c97cbe245
    https://merkmal-biz.jp/post/62743

    大塚良治(経営学者)

    3月16日、北陸新幹線の金沢-敦賀間が開通し、沿線は祝賀ムードに包まれた。
    本稿では、和倉温泉と大阪・名古屋を結ぶ直通特急の復活をさらに提案。その根拠を詳しく説明したい。

    2024年3月16日、北陸新幹線金沢~敦賀間125.1kmが開業し、沿線は祝賀ムードに包まれた。反面、同区間の並行在来線は、第三セクターのハピラインふくいとIRいしかわ鉄道に県ごとに分断され、和倉温泉(石川県七尾市)と大阪を直結する特急「サンダーバード」および、金沢と名古屋・米原を結ぶ特急「しらさぎ」の敦賀以東の区間の運行は取りやめとなった。

    筆者(大塚良治、経営学者)は先日、当媒体に「『乗り換え不便』 北陸新幹線・敦賀延伸 収益確保が生んだ皮肉な帰結、それなら敦賀駅をテーマパーク化してはどうか?」(2024年3月24日配信)という記事を書いた。記事では、有識者の意見を踏まえ、ハピラインふくいとIRいしかわ鉄道への、在来線特急運行の有償委託による敦賀越え在来線特急の復活を提言した。

    今回の記事では、さらに、和倉温泉と大阪・名古屋を結ぶ直通特急の復活を提案したい。インターネット上でも同様の提案が見受けられるが、本記事では、筆者が考える提案の根拠を詳しく説明したい。

    所要時間の比較

    筆者は、2009(平成21)年12月25日に、和倉温泉16時54分発サンダーバード44号に大阪まで乗車した。大阪20時37分着、所要時間は3時間41分と長時間の乗車だったが、一度乗車すれば、

    「乗り換えなしで大阪まで行ける安心感」

    は、何物にも代え難いと感じた。

    試しに乗り換え検索サイトで、上記乗車日と同じ条件で和倉温泉→大阪を検索した。和倉温泉17時07分発普通列車で出発し、途中3回の乗り換えを経て、21時34分に大阪駅到着、所要時間は4時間27分である。

    金沢~和倉温泉間を区間運転する特急「能登かがり火」の運行がある時間帯でも検索してみた。上記乗車日のサンダーバード15号和倉温泉行きは、大阪10時42分発→和倉温泉14時23分着、所要時間は3時間41分であった。
    乗り換え検索サイトでは、大阪11時12分発→和倉温泉15時02分着で、サンダーバード19号→新幹線つるぎ20号→能登かがり火7号と2度の乗り換えを経て、所要時間は3時間50分。いずれのケースでも、所要時間は増加している。

    和倉温泉観光協会の宮西直樹事務局長は、あくまで一般論と断ったうえで「大阪で『和倉温泉行き』のアナウンスがなくなることによる広告効果の喪失は生じるだろう」としたうえで、

    「ただ、JR西日本には早期割引の企画きっぷの販売など、一定のご配慮を頂いている」

    との認識を示す。

    ※全文はソースで。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1711979039/

    【【鉄道】やるぜ能登復興! まずは、大阪~和倉温泉直通「特急サンダーバード」を復活させてはどうか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/03/23(土) 23:16:36.89 ID:Mso1S1Xu9
    能登半島地震の大規模火災で焼失した石川県輪島市の名物「輪島朝市」が23日、約110キロ離れた金沢市金石(かないわ)港で「出張輪島朝市」としてよみがえった。雨の中約1万3千人が訪れ、にぎわいを見せた。地元の子どもたちが朝市関係者を歌で歓迎。関係者は「初売り」の実現に涙した。

    開店30分前の午前7時半、会場の金石港近くでオープニングセレモニーが開かれた。関係者数十人を前に、金石の子どもたちが参加する「うみの合唱団」が歌を披露した。

    開店準備を進める朝市仲間たちのため、スマートフォンで動画を撮影した事務局の橋本三奈子さん(62)は何度も涙をぬぐった。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASS3R6WFGS3ROXIE01J.html?ref=tw_asahi

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1711203396/

    【がんばるしかないさ、涙の初売り 金沢の出張輪島朝市に1万3千人】の続きを読む

    このページのトップヘ