旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    福島県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    30204886_s

    1: 名無しの旅人 2024/06/28(金) 11:01:42.148 ID:QCKn3dOAd
    食べ物とか

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1719540102/

    【週末東京から福島にバイクで行くんだけど福島って名物何かあるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/03/06(水) 14:19:47.78 ID:??? TID:chunta
    福島の喜多方でインバウンド向けに一杯3000円のラーメンが登場したというニュースを新聞の記事で見て気になっていた。

    喜多方ラーメンは札幌、博多に並ぶ「三大ご当地ラーメン」の1つとしても知られ、全国からファンが訪れる。
    ラーメンの街として早くから根付き、喜多方駅を中心としてパンフレットを片手にラーメンの食べ歩きをする観光客が多く訪れるエリアだ。
    喜多方といえばラーメンは低価格で抑えているイメージだったが、ここに来てインバウンド向けに3000円のラーメンが登場するとはどういうことなのだろうか。噂の3000円の喜多方ラーメン「SUGOI」を提供している「活力再生麺屋のあじ庵食堂」の店主・江花秀安さんを取材した。

    福島空港と台湾を行き来する便が増え、これから福島が県を挙げてインバウンドに力を入れていく動きがスタートしている。喜多方市もそこに名乗りを上げた形だ。

    続きはこちらから
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c34df01fbffeb052d8e4ce55b4d0b727d03c15b2

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1709702387

    【【福島】「インバウンド向け3000円ラーメン」で”毎日嫌がらせ電話”も「織り込み済み」日本三大ラーメンを持つ「喜多方」の町が抱える課題と、打開に動き出した人々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/02/08(木) 20:56:04.52 ID:xBIheac40
    あなたの街からも「イトーヨーカドー」がなくなる?――福島県にあるイトーヨーカドー福島店は2024年5月6日、郡山店5月26日にそれぞれ閉店と、ウェブサイトで明らかにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c65aa7f5644da857f4798db6d93f44a27b415bba

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1707393364/

    【【悲報】イトーヨーカドー福島、郡山、帯広で相次ぎ閉店 再来年までに33店舗閉鎖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/24(水) 09:13:10.94 ID:Xn9Rxp5Y9
    読売新聞

    福島県相馬市の松川浦漁港で19日、冬の味覚・ズワイガニの初競りが行われる予定だったが、主役のズワイガニがほとんど網にかからず、中止となった。
    昨年は2・9トンが初競りにかけられていて、相馬双葉漁協は「これほどの不漁は過去に例がない」とする。原因ははっきりしておらず、漁師たちは今後も漁を行って漁場を探す予定だ。

    ズワイガニの漁期は12月10日~翌3月31日で、資源保護を目的に国が漁獲制限を行っている。相双漁協では今期14トンを水揚げ可能で、期間中4回の漁を計画。18日に11隻が今期初の漁を行い、19日に競りを行うはずだった。

    続きは↓
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240120-OYT1T50107/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1706055190/

    【【福島】冬の味覚の主役「ズワイガニ」初競り中止…ほとんど網にかからず「こんなの初めて…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/01/18(木) 12:29:46.93 ID:N80I5Zqs9
    ラーメンのまち、福島県喜多方市で、インバウンド(訪日外国人)向けのラーメンが完成した。ちぢれ麺やあっさりスープの伝統はそのままに、会津牛など地元食材を使ったひと味違うラーメンに仕上がった。関係者は、外国人観光客も興味を引く新しい名物にしようと意気込む。

    15日に市内で「インバウンド向け極上の喜多方ラーメン」の発表会があった。コンセプトは「地元で取れた農産物をふんだんに使った、喜多方でしか味わえないラーメン」だ。

    コロナ禍が収束し市内に再び訪れ始めた外国人観光客に好まれる新しいラーメンを作ろうと、喜多方市や市内のラーメン店でつくる「蔵のまち喜多方老麺会」、会津喜多方商工会議所など、市内の食品製造業や観光関連業者らがプロジェクトを組み、昨年10月から試行錯誤を重ねてきた。インバウンドの多くを占める台湾からの観光客を念頭に、食材や製法、提供の仕方を練り上げていった。

    完成したラーメンは、その名も「SUGOI(すごい)」。国内産100%の小麦と地元の湧き水を使ったもちもち食感の平打ちちぢれ麺で、スープはしょうゆベースにしじみだしの滋味あふれるあっさり系。市内で育てられた会津牛モモ肉のチャーシューを添え、特産の漆器で提供する。

    開発を担当した「活力再生麺屋 あじ庵食堂」店主の江花秀安さん(46)は「外国の方にラーメンそのものはもちろん、背景にある会津の食文化も含めて関心をもってもらえるよう工夫をこらした。国内のお客さんにも満足してもらえると思う」と話す。

    また、市内の料理人らが監修した郷土料理の鳥モツを使った鳥モツ親子丼やワンタンなどを加えたラーメンセット「OMAKASE(おまかせ)」も考案した。

    価格は、ラーメンが3千円、セットが5千円(いずれも税込み)。使ったはしは土産用に持ち帰れる。海外のラーメンの相場を参考に、強気に設定した。

    2月中旬から「あじ庵食堂」など市内3店舗で提供を始め、市内に約90店あるラーメン店で、順次広めていく方針で、ゆくゆくは土地の文化や歴史に根ざした食文化に触れる「ガストロノミー・ツーリズム」に発展させたいとしている。

    市観光交流課の栗城由紀課長は「新しいラーメンを喜多方の名物に育てて、多くの外国人観光客に訪れてもらえるよう取り組んでいきたい」と話している。(斎藤徹)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASS1K6RT3S1HUGTB007.html?iref=pc_life_top

    引用元:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1705548586/

    【【福島】会津牛入り喜多方ラーメン登場 インバウンド向け、強気の一杯3千円】の続きを読む

    このページのトップヘ