旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    山形県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/05/21(火) 00:10:18.48 ID:nQa8M2Og9
    「ドミノ・ピザ」山形県内から突如全店撤退、何が起きたのか 運営「優先順位の高いエリアでの今後の成長を見据えて」
    5月19日に全国で閉店の報告が相次いだ。

    デリバリーピザチェーンの「ドミノ・ピザ」が5月19日、山形県内すべての店舗を閉店したことが分かった。あまりの急な閉店に利用者からは困惑の声があがっている。

    山形県のドミノ・ピザは全店閉店
    山形県内の店舗は「山形南館」(山形市)、「酒田山居町」(酒田市)、「米沢金池5丁目店」(米沢市)の3つ。3店舗とも5月19日までに事前情報なくいきなり閉店した。公式サイト上では「臨時休業」となっているが、実店舗前には「閉店」のお知らせが掲げられており、移転情報などもない。なお、Googleで検索すると当該店舗は閉店となっている。

    同日の閉店は山形県だけでなく全国でも報告があがっている。「音更木野店」(北海道河東郡)や「青森市役所前店」(青森県青森市)、「聖蹟桜ヶ丘店」(東京都多摩市)など。運営元のドミノ・ピザ ジャパンに相次ぐ閉店について取材すると、「優先順位の高いエリアでの今後の成長を見据えて、一部店舗を閉店させていただくこととしました」と回答。「影響を受けた従業員とは緊密に協力し、近隣の店舗で就労機会を提供する予定」と対応も検討していると明かした。

    突然の閉店については「店舗をご利用いただいていたお客様には、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。デリバリーの距離が許す限り、近隣の店舗のデリバリーエリアの見直しを行い、デリバリーサービスを引き続きご提供させていただく予定です」と説明した。なお、山形県の近隣のドミノ・ピザとなると秋田県や宮城県、福島県、新潟県の店舗となる。

    ドミノ・ピザ ジャパンが掲げる「2033年までに国内2000店舗」まで拡大する長期プランに変更はないという。地方を中心に平日の営業時間を夕方に限定した「コンパクト店舗」の出店も続けていく方針だ。「今後も変わらぬご愛顧をいただけるよう、邁進してまいります」(ドミノ・ピザ ジャパン)

    ソース/ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2405/20/news170.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1716217818/

    【【山形】山形県内のドミノ・ピザ、全店閉店 事前予告一切なく突然閉店】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/04/08(月) 13:07:27.04 ID:??? TID:alex
    山形県内初のご当地サーモン「ニジサクラ」の幼魚飼育を担う公益財団法人「県水産振興協会」(鶴岡市)が、余った幼魚約1000匹を鶴岡市の赤川支流に放流していたことが、県や同協会への取材でわかった。

    ニジサクラは誕生したばかりで自然界への影響がわからず、県のマニュアルでは放流しないよう定めていた。

    ニジサクラはニジマスとサクラマスを交配させ、当時の県内水面水産試験場(米沢市)で2017年に誕生した養殖用の品種。
    同協会は県から委託を受け、内水面水産センター(遊佐町)で幼魚を育て、県内の養殖業者に出荷している。

    つづきはこちら
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20240404-OYT1T50009/

    引用元:https://talk.jp/boards/newsplus/1712549247

    【【山形】養殖用に交配の「ご当地サーモン・ニジサクラ」持て余して1000匹を放流…県「埋却や焼却が適切だった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    28712051_s

    1: 名無しの旅人 2024/01/29(月) 13:12:39.99 ID:HRzUUE5S0NIKU
    なんかある

    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1706501559/

    【【衝撃】「山形県」に対する「さくらんぼ」以外の印象wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/03/31(日) 00:23:38.17 ID:LyZH4Fwa0
    若者や子育て世代の移住者を支援し、地元の味にも親しんでもらおうと、山形県は、移住世帯に県産米や地元産みそ、しょうゆを1年分届ける事業を来年度から全県に拡大する。
    担当する県移住定住・地域活力創生課は「県全域で支援する例は、他に聞いたことがない」としている。

    同課によると、県産「はえぬき」か「つや姫」を、複数人いる世帯には60キロ(単身世帯40キロ)提供する。
    みそは3キロ(同2キロ)、しょうゆは3リットル(同2リットル)。県に申請すると、複数回に分けて届く仕組みを検討している。

    事業は2018年度に開始。経費は、県と市町村、全農山形などが3分の1ずつ負担してきた。

    移住者には「県産品のおいしさを知った。次からは買いたい」などと好評だったが、負担を避け実施を見送る市町村があるため、県が全額負担し、県全域で実施することにした。来年度予算案では、500世帯分1920万円を計上した。

    ふるさと山形移住定住推進センター(くらすべ山形)によると、県や同センターなどの窓口での相談を経て県内に移住した世帯は、18年度39組62人から徐々に増加。2022年度は145組268人だった。

    同センターは「山形の食に興味を持ち移住する例が多い。新たな魅力発信になる」と期待する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/52f6aced3f7273d71b666636dd057b2443599d29

    引用元:https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1711812218/

    【山形県「山形に移住してくれたら、米・みそ・しょうゆを1年分プレゼントします」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2024/02/23(金) 17:53:52.56 ID:v4UEdCE49
    子どもたちに大人気の学校給食「ソフト麺」が山形県内から姿を消す。
    56年間にわたり製造してきた鈴木製麺(山形市)が3月で廃業するからだ。
    工場がある天童市では21日が提供最終日となった。市内の小学校の給食に同社社員が招かれ、児童が感謝を伝えた。

    鈴木製麺は1906(明治39)年創業の老舗。県学校給食会の委託を受け、68年から県内で唯一つくってきた。山形市など県内の半数近い16市町村で食べられたが、原材料費の高騰や少子化などに太刀打ちできなかった。

    天童市内で最後となったこの日、小中学校と特別支援学校の計16校で「カレーうどん」として出された。高擶小では6年生の給食に社員4人が招かれた。児童代表が「おなかをいっぱいにしてくれてうれしかったです」とあいさつし、児童約35人が元気よくほおばった。

    三宅義樹さん(12)は「ミネストローネで食べると、特に味がついておいしかった。さみしいけれど、『ありがとう』を言えてよかった」と笑顔を見せた。

    正式名は「ソフトスパゲティ式麺」。給食用としてのみ製造し、多いときは年間90万食余り提供した。米飯も広がり、今年度は60万食に届かなかったという。

    続きは朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASS2P75T2S2PUZHB00M.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1708678432/

    【【山形】さようなら「ソフト麺」、56年間ありがとう 人気給食、山形から姿消す】の続きを読む

    このページのトップヘ