旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    交通

    1: 名無しの旅人 2019/07/23(火) 13:28:41.83 ID:vCBmEeQZ9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000010-asahi-bus_all

    JR九州は、2018年度の鉄道路線・区間ごとの利用状況を公表した。採算の目安となる1日1キロあたりの平均利用者数(輸送密度)で、全体の4割を超える区間が「維持するのは困難」とされる4千人を下回った。
    これらの区間を含む路線では今後、路線を維持するかどうかの議論が浮上する可能性がある。

    JR九州は17年に初めて輸送密度を公表し、今回で3回目。全22路線・61区間のうち、26区間の輸送密度が4千人を下回った。うち17区間は2千人を下回った。区間でみると、豊肥線の宮地―豊後竹田(101人)は前年より微増したが、2年連続で最も低かった。肥薩線の人吉―吉松(105人)、日南線の油津―志布志(193人)が続き、ともに前年より減らした。

    JR九州の青柳俊彦社長は昨年、輸送密度4千人未満の区間について、路線ごとにコストが異なるなど一概には言えないとしつつ、「基本的には鉄道で維持するのは困難なエリア」との見方を示した。
    JR北海道は16年、2千人未満について「単独では維持が困難な線区」としている。

    JR九州の18年度の鉄道事業(単体)の営業損益は実質8億円の赤字。在来線の収支は、13~17年度の平均実績で18区間のうち1区間を除いて赤字だったJR四国と「ほとんど差はない」(青柳社長)という。
    今後、路線ごとの収支についても明らかにする方針で、鉄道の維持について地元自治体と議論を深めたい考えだ。


    宮崎、鹿児島両県を走るJR日南線=2018年撮影
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1563856121/

    【【鉄道】JR九州、全体の4割を超える区間が「維持困難」・・・平均利用者4千人割れ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/07(日) 08:26:56.43 ID:XnNVDrKn9
    no title

    山陽電鉄の紺とクリームのツートンカラーの電車(4両編成)が29年ぶりに復活し、5日、兵庫県姫路市の山陽姫路駅でお披露目された。

    現在のクリーム地に赤帯のカラーに変わる前の旧標準色で、昭和を懐かしむ鉄道ファンらが貸し切り電車に乗った。
    6日から姫路と神戸方面を結ぶ普通電車などとして営業運転を始める。

    同電鉄は、1960年代から製造された3000系の車両が老朽化しているため、内装を更新したり、新型の6000系に置き換えたりしている。
    廃車対象の車両のうち、最後の定期検査を6月から受けた4両(3030号)が2021年春頃まで営業運転することになり、記念に旧標準色の塗装にした。
    播磨灘と砂浜をイメージした2色で、1948年から90年まで採用された。

    5日は、山陽姫路駅から東二見駅(明石市)までの貸し切り電車が運行され、鉄道ファンら約140人が乗り込んだ。
    神戸市東灘区の男性(63)は「子どもの頃に乗ったので懐かしい。丸みと温かみのある電車の顔(先頭部分)に色がマッチしている」と話した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16732417/
    2019年7月6日 14時6分 読売新聞オンライン

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562455616/

    【【鉄道】山陽電鉄 昭和のツートンカラー電車、29年ぶりに復活 】の続きを読む

    このページのトップヘ