旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。 ※当ブログはアフィリエイトを利用しており、ブログ内に広告が含まれています。

    交通

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/11/02(木) 12:13:26.30 ID:tk4EB/GC9
    来年3月の敦賀延伸に向けた機運が高まっていますが、さらにその先、大阪までの全線開業をめぐってはいまだ多くの課題が残っています。
    延伸ルートとして避けて通ることはできない京都が抱える問題とは。

    ちょうど1か月前、沿線6つの駅で盛大に開かれた新幹線の歓迎セレモニー。
    国が整備を決めてから半世紀…ようやく目前まで迫った敦賀開業へ、多くの周辺住民が集まりました。
    「新幹線なんて夢のまた夢やっとけど、長生きしたおかげで見させてもらえた」(福井の地元住民)

    日本で初めて建設された、東京と大阪をつなぐ東海道新幹線。日本海側を通る北陸新幹線は利便性の向上はもとより、南海トラフ地震などの災害が発生したとき、日本の大動脈である「東海道新幹線」の代替ルートとしても期待されています。

    ■正式決定した「小浜・京都ルート」vs未だ燻ぶる「米原ルート」

    新幹線建設事務所の担当者(1978年当時)
    「目標が決まりまして、私どもとしてはできるだけ早く着工が決まるように実施計画、具体的な計画に沿いまして作業を進めていきたい」

    敦賀以西の区間は、政府・与党のプロジェクトチームの計画では福井県小浜市付近を通って京都、そして京都府京田辺市を経由し新大阪を結ぶルートに決まっています。いわゆる「小浜・京都ルート」です。

    この一方、10月1日の加賀温泉駅でのセレモニーでは…

    宮元陸 加賀市長
    「…お互い手を取り合ってよくしていく、これが大事。あとは“米原ルート”でぜひお願いします。気合を入れて」

    加賀市の宮元陸市長のように、早期の全線開業を実現するため琵琶湖を挟んで反対側を通る米原ルートへの変更を求める声も石川県内では少なくありません。

    宮元陸 加賀市長
    「政治新幹線という話もしたけど、政治はやっぱり変えるためにあるので難しいことにいつまでもこだわっていてまた20年30年とそんな議論いっぱいあるよね。そんなこと考えていても仕方ないので今の日本の停滞を打破してもらうための代替補完機能を早く作ってもらわないといかん」

    かつてルートの候補に挙がっていた“米原ルート”…なぜ未だに推す声が燻り続けるのでしょうか。

    ■「次は小浜やで」“市民の悲願”を叶えるために

    小浜駅前にある駅通り商店街。最盛期は、100店舗が軒を連ねていました。しかし高齢化や後継者不足で現在、店舗数は半分に減っています。

    創業から150年続く呉服店を切り盛りする4代目の岸野さんは、この商店街の理事長も務めています。小浜・京都ルートに決まった2016年、当時の地元のようすをこう振り返ります。

    駅通り商店街振興組合 岸野光恭 理事長
    「やった!という感じです。昔から国会の閣議で決まっていた、それがずっと延び延びになっていたので地元はすごく大盛り上がり。もう閣議で決まったんやからその通りやってくれというのは本音」

    以下全文はソース先で

    北陸放送
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/813039?display=1

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1698894806/

    【北陸新幹線「米原ルート」が再浮上?小浜市民の悲願の裏で地下縦断に揺れる「小浜・京都ルート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/11/01(水) 21:29:35.38 ID:NFi0XghC9
    毎日新聞

    東海道新幹線で誰もが一度は利用したことがある車内販売が31日、約60年の歴史に幕を下ろす。スプーンが刺さらないほどの硬さが売りだった「スジャータアイスクリーム」はもう買えなくなるのか――。

    1964年の開業以来続いてきた東海道新幹線「のぞみ」と「ひかり」車内でのワゴン販売。駅構内が充実し、乗車前に弁当やお茶などを買って車内に持ち込むことが増え、車内販売の需要は少なくなった。

    「遠征の〆はやっぱりこれ!ワゴン販売」「ワゴン販売買えるのも後僅かなんですよね……」。X(ツイッター)上では、車内販売中止を知った利用者が、車内で購入した弁当やアイスクリームの写真、コメントを投稿するなど、別れを惜しむ声が相次ぐ。

    続きは↓
    https://mainichi.jp/articles/20231030/k00/00m/020/282000c

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1698841775/

    【【カタイアイス】今後は自販機 少しは柔らかく? 新幹線販売終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/10/31(火) 20:28:38.42 ID:6qhykqJ/9
    新幹線のワゴン販売最終日 JR東海、60年の歴史に幕
    産経新聞
    https://www.sankei.com/article/20231031-2OONDJYSLJIVVP3DTPRPLLOUIQ/

    JR東海は31日、東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」で飲み物などを提供する車内ワゴン販売を終了し、昭和39年の新幹線開業以来60年近く続いてきた普通車での車内販売が幕を下ろす。

    駅周辺や構内の店の品ぞろえが充実したことで持ち込みが増え、車内の売り上げが減ったため。将来は労働力不足が予想されることも理由という。

    ※全文はリンク先で

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1698751718/

    【【鉄道】新幹線のワゴン販売最終日 JR東海、60年の歴史に幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/10/30(月) 11:13:32.62 ID:Bc5Qb7dj9
    電車内のマナー「自分は絶対守れてる…」人が陥りがちなこと。駅ポスターが反響「我が身を省みよってこと」(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b6d1092348f4db4186862522a2fcc395065b1baf
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6538a455e4b0783c4b9ef76f

    橋本明乃 Akino Hashimoto

    「自分は絶対守れてるって実はみんなが思ってる」

    そんなインパクトのあるキャッチコピーで、電車内のマナーを呼びかけるポスターが「完成度高くて感動した」などとSNSで反響を集めています。

    no title

    制作したのは日本民営鉄道協会。毎年公開している「駅と電車内の迷惑行為ランキング」2022年度をもとに、電車や駅でありがちな迷惑行為が、他人の目にどう映っているのか描いています。

    ポスターには6つの「迷惑行為」に関する事例が描かれています。

    ポスタースマホを見てみる歩行者に対して「歩きスマホあぶない」と顔をしかめる人。実はその人も、ドア付近に立っていて「入り口塞いでるの気づかないの?」と他の乗客から思われています。

    さらにその乗客は、同伴者との会話のボリュームが「うるさいなぁ」と別の人から迷惑がられています。

    駅や電車内で、他人の振る舞いに不満を感じる一人ひとりが、実は誰かの迷惑になってしまっている様子を描いたこのポスター。

    日本民営鉄道協会は、ポスターのデザインやキャッチフレーズを制作する際に「迷惑行為の大部分は、故意ではなく無意識に行われている点」に着目したといいます。

    「『自分は絶対マナーを守れている』と思っていても、実は知らないところで心配りの欠如から迷惑を掛けてしまっているかもしれない。そんな良識ある誰もが『迷惑行為の当事者』になってしまう可能性があることを伝えるために、このようなデザインとしました」

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1698632012/

    【電車内のマナー「自分は絶対守れてる…」人が陥りがちなこと。駅ポスターが反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2023/10/28(土) 19:38:37.52 ID:u8MngIiW9
    国土交通省は、平日の高速道路料金の割引を拡充する方針を固めた。
    現在は観光需要の多い休日料金が平日の3割引きとなっているが、周遊パスの割引率引き上げなどを通じて平日が休日よりも安くなる料金設定を目指す。
    観光需要を平日に誘導し、オーバーツーリズム(観光公害)を抑制する狙い。
    政府が来月2日に決定する方針の経済対策に盛り込む方向だ。

    首都圏と京阪神を除く地方では、普通車と軽自動車の自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象に、高速道路の土日・祝日の料金を平日の3割引きとしている。地方の観光需要を喚起し、経済活性化を図る目的で2014年に導入されたが、休日に渋滞を招く要因の一つとなっている。
    このため同省は、特定エリアの高速道路が定額で乗り放題になる「周遊パス」について、平日の割引率を引き上げる方針。周遊パスは宿泊施設や観光施設の利用券とセットになっているものもあり、こうした施設との連携拡大も目指す。

    また、平日の割引拡充に合わせ、休日3割引きの対象も見直す意向だ。
    既に交通量の多いゴールデンウイークやお盆、年末年始といった繁忙期や、混雑が激しい首都圏や京阪神の区間には適用されていないことを踏まえ、同様に適用外とする期間や区間があるか今後検討する。
    観光施設や宿泊施設、公共交通機関では、休日や繁忙期は通常よりも割高の料金を設定している。同省は、道路分野でも需要に応じた料金設定に足並みをそろえることで、観光需要の分散・平準化を進めたい考えだ。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2023102800108&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1698489517/

    【高速道路、平日の料金割引拡充へ 休日の「観光公害」抑制で―国交省】の続きを読む

    このページのトップヘ