旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    土産・食事等

    1: 名無しの旅人 2019/07/18(木) 06:12:31.37 ID:dOjofxYu
    2019年07月17日 12時00分 公開
    夏のひんやりご当地かき氷フレーバーバター2種類発売 鹿児島「白くま味」と秋田「生グソ味」
    かき氷じゃなくてバターです。
    [林美由紀,ねとらぼ]

    ナショナルデパートが展開する食のブランド「CANOBLE(カノーブル)」は、夏の"ひんやり"ご当地かき氷フレーバーのバター、ブールアロマティゼ鹿児島「白くま味」と秋田「生グソ味」を7月17日からネットストア、東京店、岡山店にて、販売開始しています。45グラムで価格は690円(税別)です。

    現在ブームとなっているかき氷の元祖ともいえる2種類のフレーバーである鹿児島の「白くま」と秋田の「生グソ」をバターに仕立てたという、夏をひんやり過ごす夏バターが誕生しました。

    「白くま」は、いまや全国区の大人気のかき氷。そんな「白くま」をイメージしたバターは、練乳をたっぷり練り込んだフレッシュバターにパイナップル、パパイア、マンゴー、キウイ、ストロベリー、メロンのドライフルーツを加えて白くまの濃厚なミルク感とフルーツのフレッシュ感を表現。さらにジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感がプラスされているのだとか。パッケージにはかわいい白くまのイラストが採用されています。

    秋田「生グソ」は、秋田で愛されるご当地かき氷「生グレープフルーツソフト」、略して「生グソ」。「生グソ」をイメージしたバターでは、生のグレープフルーツ果肉入りシロップにソフトクリームをトッピングしたかき氷を再現。ソフトクリームのミルク感とグレープフルーツの酸っぱい爽やか果汁感、こちらもジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感がプラスされているそうですよ。パッケージには生グソのイラストです。

    パンケーキやトースト、クラッカーにのせてみたり……かき氷の雰囲気を楽しめるバター。バターの楽しみ方が、また一つ増えそうですね!

    no title


    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/17/news083.html

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1563397951/

    【夏のひんやりご当地かき氷フレーバーバター2種類発売!鹿児島「白くま味」と秋田「生グソ味」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/17(水) 19:52:43.25 ID:sm/xXQ/y0● BE:253569587-2BP(6000)
    北陸限定のお菓子「白えびビーバー」が突然注目され、話題になっている。

    「ビーバー」のツイッター公式アカウントからは、2019年7月13日、次のようなツイートが投稿された。

    白えびビーバーがNBA選手のみんなに食べてもらえたなんてめちゃめちゃうれしいですぞ!!
    テンションぶち上がりですぞ #揚げあられビーバー#白えびビーバー
    Thank you for eating my snacks!
    - ビーバー【公式】 (@beaver_hokka) 2019年7月13日

    NBAのワシントン・ウィザーズの八村塁選手の同僚、トロイ・ブラウン・ジュニア選手がインスタグラムに投稿した動画を添え、「白えびビーバーがNBA選手の...みんなに食べてもらえたなんて...めちゃめちゃうれしいですぞ!!」とコメントしている。

    「白えびビーバー」とは、石川県金沢市を本拠とする「北陸製菓」の揚げあられだ。
    地元北陸産のもち米、鳴門の焼き塩、日高昆布など材料にこだわり、八村選手の故郷・富山産白えびの旨味を加えたものだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12150-341621/
    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1563360763/

    【北陸限定お菓子の「白えびビーバー」が話題に 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/16(火) 14:29:55.25 ID:94DOYslZ9
    神奈川県・湯河原にあるラーメン店、『らぁ麺屋 飯田商店』。

    数々のラーメンアワードに入賞し、ラーメン業界にもファンを多く持つ名店です。
    そんな飯田商店が6月16日から、すべてのラーメンをリニューアル。
    どんな変化を遂げたのか気になりますよね?
    というわけで、初日に新メニューをいただいてきました!


    no title

    始発前には100人以上の行列が!

    飯田商店では開店前から行列ができるため、整理券が配布されます。

    リニューアル前の最終日にはお客さんが殺到し、朝5時半で250枚を配布し終えてしまったそう。
    都心からの始発電車が6時過ぎに来るので、それよりも早い……ラーメン界の伝説に残る事件です。

    私がお店に到着したのは6時ちょい前。すでにお店の前には長蛇の列が。

    no title


    受け取った整理券は97番。とんでもない人気です。

    no title


    私が注文したのは、『わんたん入り しょうゆチャーシュー麺』、『塩チャーシュー麺』、新メニューの『一本釣り本枯節のごはん』、リニューアル前も提供されていた『おにくごはん』の4点。
    リニューアルはメニューにとどまらない
    店内は割烹かお寿司屋さんのような、格調高い雰囲気。流れているBGMもインストのジャズで、いわゆる「ラーメン店」を想像するとギャップに驚くはず。

    no title


    お盆の上のお箸と箸置きにも、以前との違い。お箸にはお店の名前が刻印され、箸置きは石の手触りが残る重厚感のあるものに。

    no title

    麺類が入る有田焼の丼も一新され、飯田家の家紋が彫り込まれています。よく見ると、家紋はお店のいろいろなところに。

    ちなみに「飯田商店」という名前は、もともと店主の飯田さんのご実家が営まれていた会社が「有限会社 飯田商店」だからなんです。

    no title


    「鶏」「水」「豚」三位一体のスープ!
    最初にいただいたのは『わんたん入り しょうゆチャーシュー麺』
    う、美しい……。

    no title


    これまで飯田商店で提供されていたラーメンのスープは、鶏と水だけで作られていました。そこへ、新たに「豚」をスープに使うようになったのです。
    さらに鶏スープには「黒さつま鶏黒王」が仲間入り。
    黒さつま鶏は、一般的な鶏よりも旨味成分が多く含まれており、深みのある味わいが出る品種。その中でも、長期育成によってさらに質が高められたのが「黒王」です。
    さっそく、いただきます!

    no title


    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0704/rgn_190704_6603623877.html
    7月4日(木)20時0分 Rettyグルメニュース

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1563254995/

    【【グルメ】始発前から100人以上の行列が?神奈川を代表するラーメン店「飯田商店」がメニューを刷新!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/13(土) 10:40:14.39 ID:sjk+W3H+9
    福井県大野市の大野商工会議所が開発した地サイダー「すこサイダー」が、取扱店を急増させ、販売数を伸ばしている。

    4月の発売当初、取り扱いは大野市内の4カ所だけだったが、県内の土産店や高速道路のサービスエリアに拡大すると、県外にも飛び出し、東京・銀座の福井県のアンテナショップ「食の國福井館」など計33カ所に広がった。売れ行きも6月末までに約7千本を販売と好調なのだが、いったいなぜなのか。秘密は「すこ」のネーミングにあった。

    福井県民なら知っている?!

    「すこ。」と書かれ、サトイモの葉をイメージしたハートを描いたラベルが特徴的な「すこサイダー」。開発は平成29年にスタート。大野市は荒島岳など千メートル級の山々に囲まれた盆地で、地下に雪解け水をたっぷりと蓄える名水の里と知られる。この水をPRしようと同商議所が企画。実行委員会を組織して検討を重ね、各地で作られる地サイダーに注目した。

    そのサイダーの味として採用されたのが「すこ」だった。

    実は「すこ」とは福井の郷土料理。サトイモの一種「ヤツガシラ」の芋茎(ずいき)の酢漬けだ。保存食として親しまれてきた。芋茎には赤い色素が含まれ、漬け汁は赤く染まる。リンゴ酢を炭酸で割って飲むイメージで、酢漬け「すこ」とかけ合わせており、すこサイダーはほんのりとしたピンク色と、さわやかな酸味が加わっている。

    だが、課題は漬け汁の配合割合だった。開発を担当した同商議所の高田龍佳主幹は「初めは本当に飲めるのかという出来だった」と振り返る。湧き水を使った炭酸水はおいしく仕上がったが、漬け汁が多いと強烈な酢のにおいがしたのだ。

    試行錯誤を繰り返し、昨年9月の福井国体で試飲会を行うなどして味を調えた結果、誰にも好まれる仕上がりになった。

    ネットが後押し、1万本増産

    「すこサイダー」というネーミングは、ほぼ決まっていたが、ラベル作製に取りかかった昨年秋ごろ、「すこ」がネット用語でもあることを知った。

    ネット用語の「すこ」は、ローマ字入力で「好き」を打ち間違えて書き込みが投稿されたことが発端といわれ、ネット上では、そのまま「好き」という意味で「すこ」が使われている。

    「ツイッターなどSNSと親和性が高いネーミングになると思った」と高田さん。ラベルに「すこ。」と大きく表示することが決まった。狙い通り、発売から約1カ月後の5月にツイッターに写真付きで取り上げられると、ネット用語の「すこ」と同じだと話題に。その反響をテレビなども取り上げ、知名度は急上昇した。

    「話題になることをねらった部分もあるが、あまりの反響に、ネットの発信力のすごさを感じた」と高田さん。大野商工会議所は「暑くなれば、さらに引き合いも増えそうだ」と1万本の増産を計画している。

         ◇

    すこサイダーは1本250ミリリットル入り270~280円で販売されている。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16767293/
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16767293/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562982014/

    【福井県大野市「すこサイダー」 】の続きを読む

    このページのトップヘ