旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    ホテル・旅館

    1: 名無しの旅人 2018/05/09(水) 19:35:49.36 ID:Z3j83f5a0 BE:932354893-PLT(12931)
    進化したカプセルホテル、外国人観光客にも人気に 海外でも建設

    かつては終電を逃したサラリーマンが、寂しく泊まる場所だったカプセルホテル。
    しかし近年は、ラウンジやバーが併設され、寝具、Wi-Fiや充電設備などにも気を配った、おしゃれで個性的なものが登場している。
    安価で清潔なうえ立地が良いところも魅力となっており、旅行客からの人気も高い。いまや海外でも、現地の需要に合わせた施設が続々と建設されている。

    ◆「安かろう悪かろう」は過去 おしゃれで機能的な施設が続々登場

    フォーブス誌は、カプセルホテルは1970年代の日本で始まり、簡素で宿泊者同士がほとんど顔を合わせない場所だったと述べる。
    米CNBCも、仕事や飲み会で夜遅くなり、終電に間に合わなかったサラリーマンが仕方なく泊まる場所だったと解説する。
    無理してタクシーで帰宅するよりも、カプセルホテルに泊まってしまうほうが安くつくと説明している。

    ところが近年、このようなイメージを覆すカプセルホテルが登場している。
    狭いながらも、寝心地の良いマットレスを採用し、高速Wi-Fiが使えるのはもちろん、電源やライティングにも気を配り、テレビ付きの場合もあるという。
    ラウンジやバーなど、仕事や食事ができる共有スペースが設けられていることも多い。トイレや浴室は共同だが清潔に保たれており、女性も安心して泊まれる。
    すでに、カプセルホテルはサラリーマンだけでなく、一般の旅行者が泊まる場所として認識されつつある。

    ◆ミニマリスト的コンセプトに共感 海外でも人気

    フォーブス誌は、近年は旅行者の消費パターンは慎ましやかになっており、多くがベーシックで必要なものだけあればいいという、「手の届くぜいたく」を求めていると述べる。
    例えば、欲しいのはミニバーやスパなどではなく、高速Wi-Fiや、iPadの充電やちょっとした作業に仕える小さなデスクなどということだ。

    総合不動産サービス大手のJLLは、おしゃれで機能的なカプセルホテルを「デザイン主導の環境で、シェアされた小さな睡眠用空間に革新的な共有スペースが付いたもの」と定義している(フォーブス誌)。
    このコンセプトは世界でも受け入れられ、いまや海外でも続々とカプセルホテルが建設されている。

    https://newsphere.jp/national/20180509-2/

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525862149/

    【進化したカプセルホテル、外国人観光客にも人気】の続きを読む

    a0002_003234

    1: 名無しの旅人 2018/03/21(水) 23:33:11.44 ID:uST0ZbJu0
    超 質 素 な 和 食

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521642791/

    【彡(^)(^)「やった!ビジネスホテルの朝食や!さぞかし豪華なバイキングなんやろなぁ(ガチャ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ