旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    未分類

    1: 名無しの旅人 2019/05/22(水) 20:58:05.45 ID:BEPxAi4T9
    私たちは普段何げなく「関東」「関西」という表現を使っています。一般に、東京や神奈川があるのが「関東」、京都や大阪があるのが「関西」という認識だと思います。

    ところで、この「関」とは何を意味しているのでしょうか。また、関東と関西とは具体的にどの地域のことを指すのでしょうか。

    実は、関東・関西という言葉が意味するところは、時代によって変わってきました。

    「関所の東」を「関東」と呼ぶ

    「関東」の起源は、7世紀後半までさかのぼります。当時の日本では、朝廷のある畿内以外の各国が7つの「道」に区分され、それぞれに関所が設けられていました。

    中でも、

    ・東海道の鈴鹿(すずか)関:現在の三重県
    ・東山道の不破(ふわ)関:現在の岐阜県
    ・北陸道の愛発(あらち)関:現在の福井県

    の3つは「三関」と呼ばれ、畿内の守りを固める上で特に重要な役割を果たしていました。

    以下ソースで
    5/22(水) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000041-it_nlab-life

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558526285/

    【【話題】どこまでが「関東」で、どこからが「関西」なのか? 】の続きを読む

    このページのトップヘ