旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    未分類

    1: 名無しの旅人 2019/02/18(月) 10:51:38.95 ID:YRh9Yb+g0 BE:837857943-PLT(16930)
    no title


    2020年、2025年と国際的イベントを控えて、増え続けている外国人旅行客。

    彼らに人気の都市といえば、日本の首都・東京や、和の伝統溢れる京都などが代表格だが、では、近年インバウンド需要を高めている人気上昇中の都道府県というと、いったい、どこになるのだろうか?

    そこで今回、旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( https://travel.rakuten.co.jp/ )が、2018年1月1日(祝)~2018年12月31日(月)の楽天トラベル外国語サイト経由の人泊数をもとに作成した「2018年 訪日旅行(インバウンド)人気上昇都道府県ランキング」を紹介していきたい。

    2018年 訪日旅行(インバウンド)人気上昇都道府県ランキング
    順位:都道府県名(前年同期比)

    1位:鳥取県(+189.6%)
    2位:福島県(+184.6%)
    3位:岩手県(+139.4%)
    4位:新潟県(+138.1%)
    5位:山形県(+130.9%)

    1位の鳥取県。人気の理由は「鳥取砂丘コナン空港」にあった!?
    1位の鳥取県は、前年も3位にランクインしており、近年外国人旅行者からの注目を集めている。鳥取県はアニメに由来する愛称を持つ「米子鬼太郎空港」「鳥取砂丘コナン空港」の2つの空港を擁し、元となったアニメは多くの外国人にも親しまれている。

    特に後者の作者出身地に建つ記念館は人気観光スポットの一つ。エリア別に見ると、「鳥取・岩美・浜村」エリアの伸び率が+280.8%(約3.8倍)と最も好調で、同エリアにある鳥取砂丘は、パラグライダーや砂の上でも走れるファットバイクなどのアクティビティも充実し、近年集客を伸ばしている。

    https://dime.jp/genre/667077/

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550454698/

    【外国人旅行客に人気急上昇の都道府県ランキング】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/06(水) 11:07:59.40 ID:Vyd8feYM0 BE:837857943-PLT(16930)
    都会から地方へ移住するとしたら、どこに住みたいか――そんな調査で驚異的な記録を保つ県がある。長野県だ。

    no title


    宝島社の月刊誌「田舎暮らしの本」2月号掲載の「2019年版 移住したい都道府県」ランキングで、長野県が移住したい都道府県1位を獲得した。

    「田舎暮らしの本」編集長の柳順一さんによれば、長野の魅力はまず「東京・名古屋からのアクセスのよさ、北・南・中央アルプスのダイナミックな景観」とのこと。そして人気の移住地や、77の市町村が続けてきた様々な取り組みだそうだ。

    長野県で人気の移住地には、安曇野、佐久、伊那、飯山などがある。なるほど自然が美しい安曇野、新幹線も通る佐久や飯山、長野では温暖な気候の伊那とそれぞれ特徴を持った土地だ。

    長野県の他、ランキングの上位県にも常連のような顔ぶれが見られる。具体的には静岡県・千葉県・北海道である。

    これらの上位選出の理由について柳さんは、首都圏の移住希望者からの人気の高さを指摘した。

    「全体的な傾向として、移住先には現住所の近くが好まれます。 たびたび遊びに行って好きになった、移住後も現在の人間関係を保ちやすい、といったことがあるからでしょう。」

    ということから首都圏に近い静岡と千葉が上位に入り続けている。千葉も田舎なのか、と思ってしまうが、房総半島南部や水郷地域はローカルな土地であるし、東京湾アクアラインで東京都心まで意外と早く行けてしまう。

    他方で北海道は長年全国的に支持されていて強いブランド力を持つそうだ。

    「その桁外れのスケール感に憧れる人は、昔も今も、少なくありません。」
    と柳さん。やはり都会で疲弊してしまうと北海道の広い自然に憧れるものの様子。とはいえ、長野県も北海道に及ばないまでもこうした長年の実績、数多の観光地のおかげでなかなかのブランド力を有しているのではなかろうか。

    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/271169.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549418879/

    【移住したい都道府県、13年連続トップ! それはあの県】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/05(火) 14:24:47.29 ID:7VrpoRMW0 BE:837857943-PLT(16930)
    「食べ物が一番おいしいのはうちの県!」

    「自然の美しさなら、うちの県の右に出るものはいないよ」

    「観光するなら、うちの県が一番。おすすめは〇〇と××と……」

    地元の魅力を語り始めたら、こんな風に止まらない人もいれば、「うちの県なんて、どこも自慢するところがない……」と密かに思っている人もいるだろう。
    そんな各都道府県出身者の地元の自慢度を明らかにしたのが、ブランド総合研究所が行った「都道府県の愛着度ランキング」だ。

    では、地元を最も誇りに思っている都道府県と、反対に誇れないと思っている都道府県はどこなのか。最新版「都道府県の自慢度ランキング2018」を見ていこう。

    no title

    no title

    https://dot.asahi.com/dol/2019020500007.html?page=1

    埼玉最強

    ライオンズ
    レッズ
    さいたま
    埼玉アリーナ
    狭山茶
    深谷ねぎ
    鉄道博物館
    秩父
    草加せんべい
    吉見百穴
    十万石饅頭
    山田うどん
    サイボクハム
    ファッションセンターしまむら
    ヤオコー
    餃子の満州

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549344287/

    【「地元を自慢できる」都道府県ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ