旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    九州地方

    1: 名無しの旅人 2019/02/21(木) 17:31:41.92 ID:ZyE7L1x29
    「熊本空港アクセス鉄道」実現に向け大きく前進 豊肥本線から分岐も直通予定なし
    2/21(木) 14:01配信

    ■「特段の事由」で乗り入れ検討も

    熊本県は2019年2月21日(木)、整備を検討している熊本空港アクセス鉄道に関して、JR九州から基本的な方向性について同意を得たと発表しました。
    熊本県は、空港アクセス鉄道の実現に向け、取り組みを加速させていく方針です。

    熊本空港は熊本市の中心部から直線でおよそ15km離れており、バスだと熊本駅前からおよそ1時間かかります。
    この状況を改善するため、これまで鉄道やモノレール、路面電車(熊本市電)などによる空港アクセスの整備が比較検討されてきました。

    熊本県が示した基本的な方向性によると、熊本県が中心となって設立する予定の第三セクターが、豊肥本線の三里木駅(熊本県菊陽町)から分岐する空港アクセス鉄道を整備。
    所有も第三セクターが担い、鉄道の運行はJR九州に委託されます。

    この空港アクセス鉄道の列車は豊肥本線には“乗り入れない”としており、熊本駅から空港に向かう場合は三里木駅で乗り換える必要があります。
    熊本県の担当者は乗り入れない理由について、「豊肥本線が単線のため、いまの列車に加えて空港発着の列車を増やすのは難しいという問題があります(編注:すれ違える場所が少ないため、列車本数を増やすのが容易ではない)。また、一部の列車が空港行きになると、現在の豊肥本線肥後大津行きなどの列車が減ってしまうのではないかという地元の声もあります」と話しました。

    その一方、今回の合意では「特段の事由により、豊肥本線への乗入れを検討する場合は、負担等の一切を熊本県が負う」としており、列車がすれ違える場所を増やすなどし、将来の乗り入れ運転実施の可能性に含みを持たせています。

    空港アクセス鉄道の総事業費は概算で約380億円。JR九州は第三セクターに出資しませんが、空港アクセス鉄道の開通後、既存路線の増益効果の一部を第三セクターに支払います。
    支出総額の上限は整備費の3分の1です。また、空港アクセス鉄道の実現に向け、熊本県が行う調査・検討に対し、JR九州は運行データの提供や技術的助言など協力を実施します。

    2/21(木) 14:01配信 乗りものニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-norimono-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550737901/

    【【鉄道】「熊本空港アクセス鉄道」実現に向け大きく前進 三セクが鉄道を所有、運行はJR九州に委託…豊肥本線から分岐も直通予定なし 】の続きを読む

    japan_character8_kyuusyuu4_kumamoto

    1: 名無しの旅人 2019/01/22(火) 14:26:21.94 ID:MMIruaj80
    観光地とか温泉とか

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1548134781/

    【熊本旅行に行こうと思うんだけどおススメある? 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/09(土) 18:25:52.24 ID:hhvNEB+O9
    九州観光推進機構は8日、運営するフェイスブックのページで閲覧者の評価が高かった観光地などをまとめた「旅好きが選ぶ! 九州観光ランキング2018」を発表した。
    1位は猫の形のシルエットで知られる熊本県南阿蘇村の「免(めん)の石」。
    印象的な写真が撮れるスポットが上位を占め、「インスタ映え」の流行を感じさせる結果となった。
    機構のページは2010年に開設され、毎日のように九州各地の最新の観光情報を発信している。登録者が10万人を超えたのを機に、閲覧者が「いいね!」と評価した数を集計し、初めてランキングを発表した。

    1位の「免の石」は崖の間に挟まれていた巨石で、受験生の間で「落ちない石」として人気を集めていた。16年の熊本地震で免の石は落下したが、残った崖のシルエットが猫の形になっていると話題を呼び、注目を集めるようになった。
    2位は紅葉のライトアップで人気の大分県中津市の耶馬渓(やばけい)。3位は福岡県福津市の宮地嶽(みやじだけ)神社。玄界灘に沈む夕日と神社の参道が一直線に結ばれる「光の道」で知られる。
    機構の担当者は「クチコミやSNS(会員制交流サイト)ならではのリアルな反応が得られた。ぜひ旅行で現地に足を運んでみてほしい」と話している。【石田宗久】

    ■九州観光ランキング「いいね!」上位10位
    順位 観光地・情報 所在地 いいね!数

    1 免(めん)の石 熊本県南阿蘇村 2319
    2 耶馬渓(やばけい) 大分県中津市 2008
    3 宮地嶽(みやじだけ)神社 福岡県福津市 1744
    4 肥薩おれんじ鉄道 熊本県~鹿児島県 1656
    5 杖立温泉鯉(こい)のぼり祭り 熊本県小国町 1655
    6 列車でいきなり熊本ばケーション 熊本県 1610
    7 柳川雛(ひな)祭りさげもんめぐり 福岡県柳川市 1562
    8 黒川温泉湯あかり 熊本県南小国町 1543
    9 黒木大藤まつり 福岡県八女市 1441
    10 梅ケ枝餅(太宰府天満宮) 福岡県太宰府市 1414

    九州観光「いいね」1位は南阿蘇村の…ランキング10位発表
    毎日新聞2019年2月8日 20時12分(最終更新 2月8日 23時22分)
    https://mainichi.jp/articles/20190208/k00/00m/040/256000c

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549704352/

    【【九州観光】「いいね」1位は南阿蘇村の…ランキング10位発表】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/10(日) 08:29:29.10 ID:adeqceSi9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010000-nishinpc-soci

    バレンタインにクリスマス、ハロウィーンと季節ごとのイベントに合わせて、路線バスの車内を「これでもか!」というほど飾り付けた、西日本鉄道の「デコレーションバス(デコバス)」が福岡市内を中心に快走している。
    派手な飾り付けは「インスタ映え」もばっちりで、デコバス目当ての乗客が増えている。日々の通勤通学を楽しい気分にさせてくれること請け合いのデコバス。
    乗ればハッピーな気分になれるかも?

    14日は新たな恋が“発車”する予感を秘めたバレンタインデー。デコバスの車内に足を踏み入れると、料金投入口や広告掲示スペース、座席、降車ボタンに至るまで、ピンク色のハートづくし。
    恋する気分を高めてくれる「ドリームバレンタイン号」は、西鉄バスの片江営業所(福岡市城南区)独自の取り組みだ。

    同営業所は2014年秋のハロウィーンからデコバスを続けている。助役兼運転手の岩崎利晴さん(48)が10年前、天神-博多間の循環バスをクリスマス仕様にした経験を生かし、桜の開花や七夕、博多祇園山笠など季節に応じて車内を飾り付ける。
    飾りは100円ショップなどで大量に購入。5~6人の同僚と1日がかりで仕上げる。

    隙間無く飾り付ける徹底ぶり

    岩崎さんのモットーは、「いかなるスペースも無駄にしない」「安全第一」「常に進化する」「ダラダラ続けない」。
    交通系ICカード読み取り機から車いすの固定ベルト入れの上まで、隙間無く飾り付ける徹底ぶりだ。
    安全のため頭上の飾りは紙やスポンジで、走行試験も欠かさない。同じイベントでも毎年飾り付けは変え、夜には車内のクリスマスツリーをライトアップするなどの工夫も。期間中も少しずつ飾りを加えて、毎日見ている利用者も日々の発見を楽しめるようにしている。クリスマスやバレンタインの翌日にはきれいに片付け、通常のバスに戻す。来年を楽しみにしてもらうためだという。

    同営業所はマリンメッセ福岡や福岡空港国際線ターミナル行きの路線も担当する。外国人観光客やコンサートのため福岡を訪れた人が、ツイッターや写真共有アプリ「インスタグラム」に「福岡のバスすごい!」などと書き込み、写真が拡散している。
    昨年夏はバス愛好家約40人が山笠のデコバスを貸し切り、福岡市内を周遊して長浜ラーメンを食べに行ったという。

    「デコバスを運転したい」進んで手を挙げる運転手も

    デコバスに見とれて? 降りるバス停をついつい過ぎてしまう人もいるという。「デコバスを運転したい」と進んで手を挙げ、喜んでサンタの衣装を着る運転手も。人手不足が続くバス業界で社内の意欲向上にも一役買っている。岩崎さんは
    「バスは毎日乗るもの。乗務員もお客様ももっと乗車時間を楽しめるよう、今後も皆で知恵を出していきたい」と張り切っている。

        ◇   ◇

    バレンタインバスの運行は14日まで。走行ルートは日々変わるが、スマートフォン用アプリ「にしてつバスナビ」に、デコバスの車号「7925」を入力すると現在地が確認できる。

    九州産交バスも追走

    デコバスは福岡市以外でも広がっている。九州産交バス(熊本市)は昨年夏、担当者が西鉄バスの片江営業所を訪れ、デコバスを見学した。「熊本でもお客様を喜ばせたい」とすぐに車内の飾り付けに取り組み、釣りざおや麦わら帽子などを飾った
    「サマーバケーション号」を走らせた。虫かごの中には折り紙で作った虫を入れるなど、細部までこだわった飾り付けが大好評。
    その後もハロウィーンやクリスマスにデコバスを登場させている。

    両社は、福岡-熊本を走る共同運行の高速バス「ひのくに号」でもそれぞれの車内を季節に応じて飾り付けている。デコバスを目にする機会は増えつつある。


    車内の至る所にハートがあしらわれ、様変わりしていくデコバス
    no title


    九州産交バスが昨年夏に初めて走らせた「サマーバケーション号」の車内
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549754969/

    【「福岡のバスがすごい」とSNSで人気。車内を派手に飾り付けた西鉄の「デコバス」が福岡市内を中心に快走中】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/09(土) 06:53:35.68 ID:nRctxhef9
    no title

    野生鳥獣肉「ジビエ」に親しんでもらおうと日田市の前津江小と前津江中の給食で6日、地元の高校生が考えたジビエ料理が提供された。
    子どもたちは、食べ慣れないシカ肉を使った料理に恐る恐る箸を伸ばしたが、柔らかい歯ごたえを知ると「おいしい」と笑顔。会話も弾んでいた。

    提供されたのは、市内高校生によるジビエレシピグランプリで最優秀賞を獲得した「仲良鹿(なかよしか)鍋」。レシピを考えた昭和学園高生が「仲良く食べて」と願いを込めて名付けた。
    食物アレルギー表示が必要な卵や乳などの「特定原材料」7品目を使わない工夫をしている。シカ肉を初めて食べた桜木琴心(ことみ)さん(12)は「牛肉や鶏肉とは違う味だけれど、おいしい」と話した。

    鍋は、8日にも旧日田市内の小中学校と日田支援学校の給食で登場した。市などでつくる市ジビエ推進協議会は「ジビエ料理で、山の恵みを感じてほしい」と呼び掛けている。

    =2019/02/09付 西日本新聞朝刊=

    http://news.livedoor.com/article/detail/15996444/
    2019年2月9日 6時0分 西日本新聞

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549662815/

    【【大分】給食に「シカ肉鍋」 地元の高校生が考案 日田市内で提供】の続きを読む

    このページのトップヘ