旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    中国地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/07/31(水) 14:27:03.80 ID:Pe3VfGZR9
    広島県府中市元町のみそ蔵「本家中村屋」が、みそを製氷器に入れて凍らせた「みそ氷」の販売を始めた。ひんやりとした舌触りで手軽に塩分と水分を補給できるとして、熱中症対策に薦めている。

    気温の上昇とともに高まる熱中症のリスク低減につながればと考案。約400年の歴史を持つ伝統産業「府中味噌(みそ)」のPRにもなると、中村公一郎社長(72)が約3カ月間味見を繰り返して開発した。

    商品は赤と白の合わせみそにリンゴ酢と蜂蜜、すり下ろしたタマネギを混ぜ込んだ。1個あたり150ミリリットルほどの水に溶かせば、さっぱりした味わいのスープのように飲むことができる。中村社長は「溶かすだけなので手軽に飲めて熱中症予防にもなる。朝の一品におすすめです」と話している。

    1セット21個入りで2100円。店頭販売のほか、郵送でも購入できる。

    毎日新聞2019年7月31日 13時00分(最終更新 7月31日 13時12分)
    https://mainichi.jp/articles/20190731/k00/00m/040/129000c
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564550823/

    【【広島】みそ蔵が熱中症対策に「みそ氷」 ひんやり、手軽に塩分  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/07/28(日) 21:00:00.02 ID:WIoaMCMF9
    広島銘菓の定番「もみじ饅頭」が、自販機になっていた――。

    2019年6月下旬、広島・宮島を仕事で訪れていた記者。取材中に喉が渇いたので、自動販売機で飲み物を買おうと思ったら、見慣れない物体が。それが、こちらの「もみじ饅頭自販機」だった。

    もみじ饅頭は小箱に入っていて、2個入りが200円、3個入りが300円。いずれも、1個あたり100円だ。抹茶やレアチーズ、瀬戸内レモンなど、さまざまなバリエーションが用意されている。

    ■地元の人に手に取ってもらいたい

    自販機のもみじ饅頭は、つめた~く冷やされているのが特徴だ。温かいできたてもオイシイが、これはこれで別のおいしさ。夏の食べる歩きにピッタリだろう。

    ところで、なぜもみじ饅頭を自販機で売ろうと考えたのか。その理由について、7月18日放送の「みみよりライブ」(広島ホームテレビ)が取り上げていた。

    番組では、販売元の紅葉堂を取材。これに店長は、

    「元々はもみじ饅頭というと、お土産の印象が強かったんですが、広島県内の方にも親しみやすく手に取ってもらえる方法を考えて、自販機を設置しました」

    と説明していた。

    おそらく世界初となるもみじ饅頭の自販機。この自販機は2月から島内の3か所に設置されているそうだ。

    2019年7月28日 12時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/16843040/

    画像
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564315200/

    【【広島】宮島に「もみじ饅頭」の自販機が爆誕していた!1個100円、食べ歩きにピッタリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/07/28(日) 13:58:11.62 ID:/qu4sA1c9
    国内外で人気の漫画「名探偵コナン」の世界を体験できる鳥取県北栄町(ほくえいちょう)の「青山剛昌ふるさと館」について、運営する町が新築移転を含めた今後の在り方の検討に入った。

    平成19年の開館以来、ファンの聖地として人気はうなぎ上りで、昨年度の来館者は過去最多の16万1300人に上ったが、想定を上回る来館者で手狭となった上、原画などの所蔵品の展示・保管場所も不足しているためだ。

    ■「コナンに会える町」

    「漫画のキャラクターが好きで、ここに来るのを楽しみにしていた」。7月20日、台湾から家族4人で同館を訪れたリャオ・チェン・ユーさん(14)はうれしそうに話した。

    主人公の江戸川コナンが難事件を次々に解決する漫画はアニメ化され、世界40の国や地域で放映されている。近年は台湾や韓国、中国を中心に外国人の来館者が急増しており、昨年度は全入館者の約11%が外国人だ。石田敏光館長(67)は「国籍に関係なく、みんなが笑顔になって帰っていく。ここは世界平和の拠点」と胸を張る。

    同館は平成19年3月、旧・大栄歴史文化学習館を改装し、同町出身の作者・青山剛昌氏の資料館としてオープンした2階建ての施設だ。青山氏の幼少時代の資料や、仕事場を再現したコーナーのほか、作品の世界を体験できるアトラクションも設置。生原稿や貴重なグッズなどが展示されており、国内外のファンから聖地として人気だ。

    町は、資料館を拠点に橋や通りにキャラクターの銅像やオブジェを置いて「コナンに会える町」としてPRしてきた。青山氏が生まれた北栄町の玄関口、JR由良駅は「コナン駅」の看板も掲げており、コナン像の前は人気の撮影スポット。駅から同館を結ぶ約1・5キロの「コナン通り」にも登場人物の像が並ぶ。県は人気漫画家の故郷をアピールしようと、24年に「まんが王国」を標榜、鳥取空港の愛称を「鳥取砂丘コナン空港」とし、空港内にはコナンのオブジェも充実している。

    ■GWは入館まで2時間待ち

    一方で、人口約1万5千人という小さな町の学習施設だった建物はもともと、多くの入館者を見込んだ構造ではなかった。エレベーターはなく、展示スペースは約680平方メートル。イベントを開けるような空間はない。所蔵品の保管場所も不足しており、作者から寄贈された貴重な原画は、やむなく役場の出納室で保管している状態だ。

    19年度の入館者は約7万8千人だったが、昨年度は倍以上に増加。10連休だった今年のゴールデンウイーク(GW)の入館者は5月3日に1日あたり4619人と過去最高を記録し、施設前には長蛇の列ができた。入館まで最大2時間を要したという。

    所蔵・展示スペースの飽和状態と、混雑状態を重く見た地元商工会や観光協会など8団体は昨年2月、移転新築を求める請願書を町議会に提出。町は今年6月、有識者らによる「あり方検討委員会」を発足させた。

    ■移転候補地は出会いの広場

    地元団体が移転新築先として提案したのが、現在地から約700メートル南の町有地「出会いの広場」(県運転免許試験場跡地)だ。敷地内には複合施設「コナンの家 米花商店街」がある。町観光交流課は「現在地の約4倍の広さがあり、駅から近くなるメリットがある」と説明する。

    検討委員会では、現在の課題を抽出し、施設の場所や展示内容、必要な施設設備などを幅広く議論する。8月中に来館者や町民へのアンケートも実施し、今年度中に意見をまとめる計画だ。

    会長を務める兵庫県立美術館の蓑豊館長は「人口の少ない町にこれだけの外国人が集まるのはすごいこと。やり方によってはまだまだ伸びる可能性がある」と話している。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16842741/
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564289891/

    【【鳥取】「名探偵コナン」の聖地ピンチ!大混雑で移転検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-Tottori_Sand_Dunes_view_from_Sakyu_Center2

    1: 名無しの旅人 2018/10/29(月)17:17:46 ID:r4k
    だから何やねん

    引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540801066/

    【ワイ「鳥取とかいう県いる??」鳥取砂丘があるだろおじさん「鳥取砂丘があるだろ。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/07/26(金) 07:49:34.25 ID:Ye8ExFBw9
    サターンVロケットや隕石など 宇宙ファンのコレクションを集めた「アポロ展」 岡山市

    人類が初めて月に降り立ってから50年です。岡山市で宇宙ファンのコレクションを集めたアポロ展が開かれています。

    (記者)
    「展示室の中を歩いていくと、こちら宇宙服のフィギュアにその下は当時の新聞。実はこれら、各家庭で眠っていたものなんです」

    人と科学の未来館サイピアで、アポロ11号の月面着陸50周年を記念した企画展が開かれています。施設の職員や研究者らの個人コレクションが約100点集まっています。

    (人と科学の未来館サイピア/武市昌之 統括責任者)
    「見ていただければ分かるんですけれども手作り感ばっちりですので、手作り感の中で50年前にアポロが月に行ったということをですね実感していただければありがたいなと思います」

    アポロ計画などで使われたサターンVロケットは、昨年の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町のプラモデル店にあったもので泥を落として組み立てました。

    月の隕石なども展示されているこの企画展は、9月29日まで開かれています。

    no title

    https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/14261
    07月25日 18:15 KSB

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564094974/

    【【岡山】サターンVロケットや隕石など 宇宙ファンのコレクションが約100点を集めた「アポロ展」 ※9月29日まで】の続きを読む

    このページのトップヘ