旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    中国地方

    1: 名無しの旅人 2019/07/04(木) 20:07:00.79 ID:eq4cVtLK9
    no title

    モスバーガーを展開するモスフードサービスは、7月4日~7月17日まで、広島県のモスバーガー全33店舗において、「海鮮お好み焼き風バーガー」と「海鮮お好み焼き風ライスバーガー」を地域・期間限定で販売する。

    「海鮮お好み焼き風バーガー」と「海鮮お好み焼き風ライスバーガー」は、モスバーガーとダスキンが運営するミスタードーナツとのコラボレーション店舗「MOSDO(MOSDO イオンモール広島府中店」(広島県安芸郡府中町)と
    「MOSDO 関西国際空港店」(大阪府泉南郡田尻町)の2店舗を展開)」で販売している商品とのこと。
    海鮮かきあげに千切りキャベツ、紅しょうが、かつおぶしなどを合わせて“お好み焼き”をイメージしたハンバーガーとなっている。
    今回、両社の共同イベント「子育てママのファンの集い(子育て世代の消費者の生の声を経営施策に活かすために開催している、消費者と両社長との意見交換会のこと。
    これまで両社の本社がある東京(2017年12月)と大阪(2018年2月)で開催し、今回は「MOSDO」の1号店がある広島県で初めて開催した)」を7月3日に広島で開催したことを記念して、限定バーガーを広島県のモスバーガー全店で販売する。

    ダスキンとモスフードサービスは、両社の企業価値向上を目指して2008年2月に資本業務提携を行った。
    コラボレーション店舗「MOSDO」の1号店を広島県にオープンした他、さまざまな側面において両社の強みを生かした施策を展開している。
    今回の限定商品の販売も、そうした取り組みの一環となっている。

    「海鮮お好み焼き風バーガー」は、“お好み焼き”のイメージと味をハンバーガーで再現した商品とのこと。
    サクサクの海鮮かきあげの上に、紅しょうが、千切りキャベツをのせ、「オタフクお好みソース」とモスオリジナルカツソースをブレンドしたソース、マヨネーズタイプ、かつおぶしをトッピングした。
    海鮮かきあげは、いかや海老の海の幸に、玉ねぎ、人参、枝豆を加え、薄衣でカラッと揚げて仕上げた。
    具だくさんの海鮮かきあげと、コクのある甘さが特徴のブレンドソースがマッチする、お好み焼き風の斬新なハンバーガーとなっている。

    「海鮮お好み焼き風ライスバーガー」は、「海鮮お好み焼き風バーガー」の具材を、バンズ(パン)の代わりにライスプレート(お米)ではさんだ、ボリュームのある商品となっている。
    サクサクの海鮮かきあげや、ブレンドソースなど、お好み焼きをイメージした食材はお米との相性も抜群だとか。

    [小売価格]
    海鮮お好み焼き風バーガー:380円
    海鮮お好み焼き風ライスバーガー:380円
    (すべて税込)
    [発売日]7月4日(木)

    モスバーガー=https://www.mos.jp/

    https://news.livedoor.com/article/detail/16720989/
    2019年7月4日 11時23分 マイライフニュース

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562238420/

    【モスバーガー「海鮮お好み焼き風バーガー/ライスバーガー」を広島県内で期間限定販売!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/06/26(水) 14:07:33.92 ID:GZMDLTWM0 BE:228348493-PLT(16000)
    【なぜ北海道?】鳥取県民がガチで通い続ける『北海道』の寿司はハイレベルすぎて回転してなきゃ回転寿司と絶対バレない
    https://rocketnews24.com/2019/06/21/1220108/

    no title

    no title

    no title


    皆様に情報をお伝えするうえで「絶対」や「誰もが」という表現は基本的にNGとされる。
    なぜならそう感じない人もいるからだ。しかし「鳥取でおすすめの寿司屋は?」という質問に関しては県民100人中全員……いや、99人がこう答えると言っていい気がする。「北海道だ」と。

    ……やっぱり怖いから98人にしておこう。生まれも育ちも鳥取の私と、少なくとも私の周りの鳥取県民の意見は「北海道だ」で一致しているので思い切って言ってみた。
    「飛行機で北海道行きゃ確実」というブラックジョークではなくズバリ『北海道』という店名なのだ。

    県内に4店舗をかまえる『北海道』は県民にとってあまりにもメジャーなため、「なぜ鳥取なのに北海道なのか」という根本的な疑問を私はそもそも抱かずに成長してしまった。
    今さらながら謎を解明するため、通い慣れた『北海道 河北店』へ行ってきた。

    いかにも「この道ひとすじ」といった風格の店長・田原さんに、さっそく「なぜ北海道なのか」と質問をぶつけてみた。

    ──なぜ北海道なんですか?

    「うちの社長は鳥取出身なんですが北海道で修行をした経緯がありまして、北海道に敬意を表する意味で店名を『北海道』にしたんです」

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1561525653/

    【鳥取県民がガチで通い続ける回転寿司『北海道』】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/06/20(木) 13:50:18.61 ID:dDCKt3Nk9
    Jタウンネットが実施した「ラーメン県といえば、どこ?」というアンケート調査(総得票数5047票、2019年4月8日~5月28日)の結果については、既に発表した(参照:発表!日本全国「ラーメン県」ランキング 3位北海道、2位福岡、1位はまさかの...)。まだ読んでない方は、後でゆっくりお読みいただきたい。

    この調査で最下位を競ったのが、福井県と島根県、共に得票数11票、得票率は0.2%だった。

    そこでJタウンネット編集部は、両県に問い合わせてみた。「本当にラーメン不毛の地なんですか?」

    すると、さっそく島根県から返事が返ってきた。
    「島根県にも美味しいラーメンはある」という熱い証言だ。じっくり聞いてみることにしよう。

    あごだしスープ、一口飲んだだけで......

    島根県のラーメンについて熱く語ってくれたのは、松江市内で飲食店を経営する福間進さんだ。

    「島根県は出雲そばで知られるとおり、そば食い県民なのです。ラーメンはどちらかというと二の次、三の次で、ラーメン県と思われていないことには、残念ながら同意します。しかしここ10年ほどでしょうか、他県で修業を積んだ人たちが続々と故郷に帰ってきて、島根ラーメンの停滞を打破する店が、次々に生まれています」

    その代表格が、松江市北堀町の「麪家 ひばり」だ。
    「和食・ラーメン屋修業を経た食堂の次男が、生家で開業したんですよ」と福間さん。
    「ここの特色はあごだし(トビウオのだし)で、スープを一口飲んだだけで魅了される独特の風味です」

    福間さんが勧めるもう1軒は、出雲市斐川町の「かみあり製麺」だ。

    「貝類を扱う問屋がその強みを生かした店です。しじみラーメンをはじめ、はまぐり、あさりなどの貝類がふんだんに使われたラーメンが評判です。自家製麺という特色もあります。ここも島根を代表するラーメン店と言えるでしょう」

    海の幸を見事に生かした海鮮系ラーメン、それが島根のラーメンの特色と言って良いのだろうか。

    いやいや、まだまだ他にもこんな店も、と福間さんの話は続く。

    「マグロの頭、猪肉など地元食材を生かしたラーメンが特徴の、大翔(松江市)」、「東京での修行後、独立した、スープ切れ覚悟で行列ができる店、天空(松江市)」、「大阪で人気店を展開した後、島根に凱旋帰県した、鶏×魚チャーシューめんの、麺や拓(松江市)」など......。イキのいい店がどんどん誕生しているようだ。ラーメン県ランキング最下位争いをした島根県だが、実はなかなか熱い。

    ところで、もう一つの最下位、福井県については、次の機会にご報告したい。

    Jタウンネット6月19日(水)11時0分
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0619/jtn_190619_0797334136.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1561006218/

    【【島根】島根は「ラーメン不毛の地」じゃない! 「ラーメン県」投票最下位に、現地民が猛反論】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/06/19(水) 08:29:04.12 ID:puvZvwxz0 BE:323057825-PLT(12000)
    広島県尾道市十四日(とよひ)元町にある創業72年の人気ラーメン店「朱華園(しゅうかえん)」が、経営する檀上俊博さん(68)の健康上の理由で19日から休業する。
    県外からもファンが訪れる有名店だが、再び店を開ける時期は未定で、18日に舌鼓を打った常連客らからは早期再開を願う声が上がった。


    地元では「朱さん」と呼ばれる名店を継いだ檀上さんだったが、昨年夏から体調を崩しがちに。
    営業を再開するかは体調次第といい「お客さんには申し訳ないが、やむを得ない。理解してもらいたい」と話す。
    店頭に翌日からの休業を知らせる紙が貼られた18日の昼食時には、長年のファンらが足を運んだ。
    東広島市八本松の会社員、佐々木勝年さん(55)は「魚介系のだしが絶品で、30年前から多い頃は毎月来ていた。早期再開をお願いしたい」。
    広島県福山市の男性会社員(40)は「尾道ラーメンといえばここ。チャンスがあればまた食べたい」と話した。
    支店の松永店は18日を最後に閉店するといい、老舗の味を求める人たちの列は絶えなかった。

    尾道ラーメン老舗「朱華園」休業 店主不調で再開未定、惜しむファン行列
    https://mainichi.jp/articles/20190618/k00/00m/040/150000c
    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560900544/

    【広島の老舗尾道ラーメン店「体の調子が良くないので休業させてくだい」→客が殺到!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/06/16(日) 22:22:22.19 ID:hEIBFQ5O9
    鳥取といえば砂丘、人口が最小、それ以外に何も思いつかない――。そんな誤解をしている人に見てほしいのが、以下の写真だ。

    見慣れた日本の田園風景とは雰囲気が違う。画面いっぱいに広がる空に大きな雲、田植え後の水田、地平線でポーズをとる人。投稿者は、

    「鳥取県民が本気出したら 田舎がウユニ塩湖になった」

    とツイートしており、水田に空が映る様は、確かに絶景スポットとして有名なウユニ塩湖のようだ。

    Jタウンネットは2019年6月14日、投稿者のぺろ(@PeROx3_k)さんに話を聞いた。

    ■直前までは雨が降っていた

    ぺろさんは米子市出身で現在も住んでいる。写真は6月11日の夕方18時前後、鳥取県米子市の大山の麓にある「植田正治写真美術館」近くの畑で撮影したという。

    ぺろさんはその日、県外から来た人を連れて米子市を案内していたが、天気はずっと雨だったとのこと。

    しかし写真を撮る30分前、青空が見え、雲間から太陽が出てきたという。

    無風だったこともあり「これはリフレクション(反射した写真)が撮れるのではないか」と思ったぺろさん。近くの畑を見に行くと、リフレクションとしてのコンディションは絶好調だったという。

    ぺろさんたちは「ウユニ塩湖のリフレクションみたいに撮ろう」と意識して撮影。このように偶然条件が揃い、ウユニ塩湖のような写真が撮れたという。

    2019年6月14日 20時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/16620378/

    写真
    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1560691342/

    【【画像】鳥取に「ウユニ塩湖」があった!? 雨あがりの水田が異次元クラスの美しさ】の続きを読む

    このページのトップヘ