旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    近畿地方

    1: 名無しの旅人 2019/04/14(日) 15:38:22.82 ID:khB98OZ29
    三ツ矢サイダー「発祥の地」川西市の登録文化遺産に
    アサヒ飲料が活用検討

    兵庫県川西市教育委員会は、「三ツ矢サイダー」の起源である炭酸水が製造されていた市平野の施設2棟を「市登録文化遺産」の第1号に登録した。
    2棟を所有するアサヒ飲料(本社・東京都)は「当社のシンボル的な存在であり、今後の活用方法を検討していきたい」としている。

    「平野鉱泉工場跡」にある「旧御料品製造所」と「旧源泉地施設」で先月28日付で登録された。

    この地域の天然鉱泉「平野の鉱泉」から湧き出ていた炭酸水は「平野水」と名付けられ、1884(明治17)年から平野鉱泉工場で製造された。
    大正時代には東洋一の規模の清涼飲料水工場だったという。工場敷地内の御料品製造所では、皇室向けの平野水を製造。建築は1915(大正4)年ごろとされるという。源泉地施設では炭酸水をいったん貯蔵してから各製造施設に配水したとみられ、御料品製造所より前に建設された可能性が高いという。

    商品名が三ツ矢サイダーに改名されたのは68年。2棟とも見学できないが、アサヒ飲料近畿圏統括本部の担当者は「年に何度か、期間を設けて開放することも検討したい」と話している。

    同市は昨年3月に登録文化遺産制度を創設。国や県、市の指定文化財以外で地域の文化遺産として親しまれており、歴史的・文化的に価値があるものを顕彰する。伝承や祭り、景観などの無形の遺産も対象にしている。


    毎日新聞【土居和弘】(2019年4月14日 12時36分、最終更新 4月14日 12時36分)
    https://mainichi.jp/articles/20190414/k00/00m/040/033000c

    兵庫県川西市の登録文化遺産第1号となった「旧源泉地施設」
    =兵庫県川西市提供
    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555223902/

    【【遺産】三ツ矢サイダー「発祥の地」、兵庫県川西市の登録文化遺産に アサヒ飲料が活用検討】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/13(土) 20:40:39.93 ID:T8/5AM8w9
    4/13(土) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00036283-biz_plus-bus_all

    2018年に京都市内の主要ホテルに泊まった日本人客が前年比9.4%減で、4年連続のマイナスとなったことが市観光協会などのサンプル調査で明らかになった。
    1カ月間の宿泊者数は2018年12月まで21カ月連続の前年実績割れ。
    外国人の宿泊者数が依然として増えているだけに、市は日本人観光客が混雑を嫌がって敬遠したとみているが、京都外国語大国際貢献学部の廣岡裕一教授(観光学)は「京都のキャパシティが限界に来ている。
    その結果、日本人観光客がイメージする静の京都らしさを感じられないことが影響しているのではないか」と懸念を示している。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555155639/

    【日本人の「京都離れ」が始まった、4年連続で減少・・・】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/11(木) 20:06:09.93 ID:Qwoc8mfi0 BE:123322212-PLT(13121)
    大阪府・市と経済界が出資する公益財団法人の大阪観光局は今月、大阪市内などで菓子店を展開する「ドロキア・オラシイタ」と、土産用の菓子を開発する協定を結ぶと発表した。ドロキアが「大阪名物」としての新商品を開発して、観光局が海外にアピールしていく。

    くいだおれの街として知られる大阪だが、土産用の菓子はこれといったものが無いのが悩みだった。
    関西空港の売れ筋は、北海道名物の「白い恋人」や、「東京ばな奈」。観光局の担当者は、「食の都としてはじくじたる思い」という。

    ドロキアは、大阪の伝統銘菓「おこし」に、洋菓子づくりのノウハウを採り入れた新商品を、この夏の発売を目指して開発する。
    グラノーラや雑穀のキヌアなどのスーパーフードを混ぜ込み、健康面でもアピールする予定だという。

    ドロキアは、チーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」や高級食パン専門店「嵜本(さきもと)」などを運営。すでにアジアを中心に海外展開している。
    観光局は、欧州などの他の地域へのPRで協力する。今後、今回の協定をモデルとして、名物土産を増やしていく考えだ。(金本有加)
    https://www.asahi.com/articles/ASM435J9XM43PLFA004.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554980769/

    【大阪、「食の都なのに名物のお菓子がない」と悩む 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/10(水) 13:36:46.51 ID:MjHyIxtj0 BE:228348493-PLT(16000)
    2社が協力、京都ブラックサンダー専門店
    https://www.lmaga.jp/news/2019/04/64389/
    商業エリア「コトチカ京都」(京都市下京区)内にオープンした「京都ブラックサンダー コトチカ京都店」、初日の開店直後の様子
    no title

    お土産用の「京都ブラックサンダー 8袋入り」(600円・税別)、「14袋入り」(1000円・税別)
    no title


    菓子メーカー「有楽製菓」(本社:東京都小平市)と京都の銘菓製造「美十」(京都市南区)のコラボから生まれた「京都ブラックサンダー」。
    あまりの売れ行きに一時販売中止になったほどのヒット商品を買える専門店が、京都市内で4月7日にオープンした。

    新しい京都土産の定番化を目指し、共同開発された同商品。
    販売元である「有楽製菓」マーケティング部の内藤さんが「お菓子メーカー同士が
    ここまで協力するのは珍しい。こだわりぬいた商品開発も京都でのフラッグシップショップも、新しい試みです」とコメントする通り、「有楽製菓」は北海道工場での工程を公開し、「美十」も抹茶と菓子にまつわるノウハウを明かすなど、互いに全面協力して新作を開発。
    発売された商品は、SNSで好評を得て、関西の一部お土産販売店舗でしか買えないレア感から注目を集めた。

    今回オープンした店舗で販売するのは「京都ブラックサンダー」のみ。
    オープン初日10時の開店後はすぐに客が集まり、大阪市内から京都へお花見に来たという大西さん一家は「駅前の広告でオープンを知りました。
    娘がチョコと抹茶が好きなので、お花見をしながら食べようかと」と話す。
    8袋入り600円という価格の菓子はお土産だけでなく、地元の人々のおやつとしても受け入れられそうだ。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554871006/

    【【チョコ】抹茶味の「京都ブラックサンダー」がヒット!】の続きを読む

    このページのトップヘ