旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    近畿地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Osaka_Ekimae_Building_No.1_Osaka_Japan01-r

    1: 名無しの旅人 2020/01/22(水) 18:19:00.979 ID:I/pGw2osa
    ビジネス街だいたいこの値段

    ということは田舎はもっと安くないときつい

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1579684740/

    【大阪ってランチ800-850円なんだな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/23(木) 11:10:21.29 ID:FlVvI1TJ9
    熊野古道 荷物運びはタクシーで

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200122/2050003677.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    世界遺産・熊野古道を訪れる人たちに身軽に旅行を楽しんでもらおうと、十津川村のタクシー会社が荷物の搬送サービスを始めました。

    奈良県や和歌山県などにまたがる熊野古道は、平成16年に世界遺産に登録されて以降、海外からも多くの旅行者が訪れていますが、険しい道も多く、大きな荷物を持って歩くのは難しいルートです。
    そこで、熊野古道の一部で「小辺路」というルートが通る十津川村のタクシー会社が、荷物を次の宿泊地まで運ぶサービスを始めました。

    対象となるのは、十津川村と野迫川村、それに和歌山県の新宮市などの宿泊施設から出発した旅行者で次の宿泊場所が決まっていることが条件です。
    料金は荷物の量や目的地までの距離に応じますが、例えば、十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円からとなっています。

    タクシーは原則、荷物だけを運ぶことは認められていませんが、3年前に国の規制が緩和され、過疎化の進む地域では認可を受ければ運べるようになりました。

    事業を始めた三光タクシーは「このサービスで身軽に熊野古道を楽しんでほしい」と話しています。

    01/22 19:49

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579745421/

    【熊野古道でタクシーが荷物だけを運ぶサーヴィス開始!十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Namba_20150531

    1: 名無しの旅人 2020/01/18(土) 15:17:05.75 ID:l8GZQCQid
    梅田の再開発とかまだ必要?

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1579328225/

    【【大阪】難波、ガチで梅田と差がついていく一方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/19(日) 04:57:29.47 ID:CTK9wmQz0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1579377449/

    【大阪黒門市場「最近外国人多いやんけ…せや!通常の3倍のぼったくりで売ったろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    800px-通天閣03

    1: 名無しの旅人 2020/01/17(金) 13:23:08.38 ID:64lSVLtva
    今夜22時頃到着や……
    世界のスパワールドってとこは絶対いきたんやが

    他に心斎橋、大阪城、通天閣あたりもやがいけるやろか🤔 
    ちな日曜は朝からイベントで速攻で目当て終わらせて18時の新幹線や

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1579234988/


    【【急募】大阪旅行に自信ニキ】の続きを読む

    このページのトップヘ