旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    甲信地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/30(土) 00:33:16.41 ● BE:828293379-PLT(13345)
    イスラム教徒の観光客の誘致を目的に、富士山世界遺産センターが富士山に礼拝所を設け、イスラム教徒が飲食できるハラール食材を使ったメニューも提供しています。

    富士山世界遺産センターはこれについて、「礼拝所の開設によって、富士山がイスラム教徒の観光客の人気を集める上での助けとなると考えている。観光客らは、センターの開館時間内であれば、無料で自由にこの礼拝所を使用できる」と語りました。

    この礼拝所は当初、登山客の救急時の救護室として設けられましたが、その後礼拝時沐浴のための水道、礼拝用マット、礼拝の方向・キブラを示すコンパスなど、礼拝に必要な便宜がさらに追加されたということです。

    また、富士山の山梨県側に位置する鳴沢村の冬季宿泊施設も、昨年礼拝スペースを設けたということです。

    これらの取り組みは、イスラム教徒の観光客を迎える環境づくりの一環とされ、一部のレストランもハラール食品を使った料理をメニューに追加しています。

    http://parstoday.com/ja/news/japan-i52334

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553873596/

    【富士山にイスラム礼拝所を開設、ハラール食も提供】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/02/21(木) 00:33:42.00 ID:dGzpvfUn0
    どんなイメージンゴ?

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1550676822/

    【長野県駒ヶ根市出身なんやが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/25(月) 22:14:57.81 ID:j6twubwv9
    「アニメファン 茅野知って」 初の「フェスタ」

    茅野市や諏訪郡原村のアニメファンらでつくる「じげんの橋プロジェクト」は24日、同市北山のリゾートホテル蓼科で、茅野市周辺のアニメの舞台などを紹介する「じげんの橋フェスタ」を初めて開いた。同ホテルで都内の任意団体が開催するアニメ同人誌の即売会に合わせて企画。八ケ岳山麓はアニメファンが作品の舞台をたどる「聖地巡礼」が盛んで、県内外から訪れた人に、舞台を記載したチラシを配り、地元の食べ物を販売した。

    プロジェクト代表で茅野市の公務員竹上賢吾さんが即売会を誘致。会場隣のスペースで、競技マージャンに打ち込む女子高校生を描いた漫画「咲―Saki―」に登場する八ケ岳山麓のスポットや、霧ケ峰や車山、諏訪大社など他のアニメの舞台となった名所の写真入りのチラシを配り、アニメファンの目を引いた。地元の日本酒や和食店の弁当も販売。ケーキなどを販売したプロジェクト一員の焼き菓子店代表金子佳枝さん(42)は「来場者には若者が多く、若い世代に地域をアピールする良い機会だ」と話していた。

    プロジェクトは八ケ岳山麓で聖地巡礼ツアーを主催していた茅野市観光協会の解散を受け、昨年12月に発足。今後もフェスタを企画するという。

    (3月25日)
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190325/KT190324SFI090005000.php

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553519697/

    【【長野】「アニメファン 茅野知って」 初の「フェスタ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/22(金) 04:58:31.97 ID:3s/KQT/R9
    2019年3月21日 11時30分 ファッションプレス
    http://news.livedoor.com/article/detail/16194196/
    no title


    富士急ハイランドが、 暗闇の恐怖を体感するダークライドアトラクション「無限廃坑(むげんはいこう)」を2019年3月23日(土)にオープンする。

    「無限廃坑」の舞台となるのは、深い闇がどこまでも続く“いわくつきの廃坑”。遠い昔、この地一帯を武田信玄が治めていた時代に掘られたというこの廃坑は、信玄の埋蔵金を狙う盗掘者たちによって数々の凄惨な事件が勃発。その為、長い間封鎖されていたと伝えられている。

    体験者がこの不気味な廃坑を進んでいくためには、古びたトロッコに乗らなければならない。そしてヘッドホンを着け、両腕を拘束され身動きの取れない状態で、怨念渦巻く廃坑の奥深くへと送られていく。一寸先も見えない暗闇の奥に、体験者を待ち構えるものとは…。

    なおトロッコには、アトラクションとしては世界初となる“自走式ロボットライド”を活用。また暗闇による恐怖心を最大限引き出すため、坑道内には五感に訴えかける30種類以上のギミックを仕掛けている。ヘッドホンによる“3Dサウンド演出”は、体験者の意識を闇の廃坑内へと引きずり込んでいく。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553198311/

    【【富士急ハイランド】新アトラクション「無限廃坑」オープン “暗闇の廃坑”をトロッコで進む…両腕拘束 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/07(木) 13:30:22.15 ID:PkHdtfXY9
    山梨、静岡両県などでつくる「富士山世界文化遺産協議会」の作業部会は7日までに、富士山の入山料徴収対象を拡大することを決めた。これまでの「5合目から山頂を目指す登山者」から「5合目から先に立ち入る来訪者」に広げる。5合目以降に設ける「基準点」を通過するハイキング客や観光客も対象に加えることで、徴収額を向上させる狙い。

    19日に開かれる同協議会で正式に承認されれば今夏から実施する。

    1人当たり原則千円で支払いは任意という点は当面維持。世界遺産に登録された2014年以降の新規事業などに限定していた使途も拡充するという。

    https://www.daily.co.jp/society/national/2019/03/07/0012124677.shtml

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551933022/

    【富士山、入山料徴収対象を拡大 登山者だけでなく立ち寄った観光客からも徴収】の続きを読む

    このページのトップヘ