旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    関東地方

    1: 名無しの旅人 2019/08/01(木) 16:06:12.38 ID:XXCGxSJm0
    人との対比
    no title



    7月19日に池袋で開業するシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」

    IMAXレーザー/GTテクノロジーを採用するシアター12の縦横最大値18,910×25,849mmは、常設の商業用映画館で日本最大としている。

    外観(イメージ)
    no title



    行きてえ…

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564643172/

    【【悲報】ワイ、池袋のクソデカ映画館に行きた過ぎて咽び泣く 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/30(火) 12:25:19.54 ID:OEa/FBUa9
    毎日新聞 2019年7月30日 08時39分(最終更新 7月30日 08時39分)

    成田空港近くの航空科学博物館(千葉県芝山町岩山)のリニューアル工事が終わり、29日、内覧会が開かれた。コンセプトは「見て、触れて、感じて、もっと空が好きになる空間を演出」で、航空機の最新型シミュレーターや270度の壁面パノラマビジョンを導入した。8月1日に開館する。

    同館は1989年開館で12億円かけてリニューアルした。新たに整備した付属棟にボーイング2機の操縦席を再現したシミュレーターを導入。離着陸や旋回の場面に合わせて操縦かんやレバー、ペダルなどの操作を体験できる。他に航空機の実物大の模型などを整備し、バリアフリー対応の展望台から空港の航空機の離着陸を眺められる。成田市の航空写真家、チャーリィ古庄さんが撮影した航空機の写真60枚も展示し、倒産したパンアメリカン航空(パンナム)やサベナ・ベルギー航空などの機体が並ぶ。

    入館料は、大学生以上を200円値上げして700円とし、中高生(300円)と4歳以上(200円)は据え置いた。各種体験には別料金が必要。【中村宰和】

    https://mainichi.jp/articles/20190730/k00/00m/040/025000c
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564457119/

    【【千葉】「見て、触れて、感じて、もっと空が好きになる空間を」航空科学博物館リニューアルし8月1日開館】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/25(木) 14:42:27.31 ID:8oYEgoUF9
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47763850V20C19A7000000/

    アサヒ飲料は「カルピス」ブランドの100周年を記念して、群馬県館林市の工場敷地内にカルピスの見学施設を開設する。
    名称は「『カルピス』みらいのミュージアム」で、10月1日に一般公開を始める。カルピスの歴史をたどる映像を見たり、試飲をしたりできる。

    ミュージアムは東武伊勢崎線の館林駅から車で10分ほどの場所にある。見学施設は2階建てで、延べ床面積は約1260平方メートル。
    予約が必要で、ガイドの案内がつく。工場見学とセットで所要時間は約90分。入場料は無料。

    入り口のホールにはカルピスのボトルを題材にした巨大オブジェを設置し、ボールペンやハンカチなど同施設でしか手に入らないグッズも販売する。
    アニメーションでカルピスの成り立ちを知ることができるコーナーや、タンクを模した部屋でカルピスの香りを体験できる展示なども用意した。

    歴代のカルピスのパッケージ10点以上を展示するコーナーもあり、大人も懐かしい気持ちで楽しめるという。

    カルピスの工場は現在群馬県と岡山県にあり、群馬工場は1972年から操業している。

    アサヒ飲料は七夕期間にカルピス仕様に装飾をした屋形船を浅草で特別運航するなど、100周年記念のイベントを相次ぎ企画している。
    大人から子供まで楽しめるミュージアムの開設でファン層をさらに広げる。


    アサヒ飲料が10月1日に一般公開する「『カルピス』みらいのミュージアム」(群馬県館林市)のイメージ
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564033347/

    【【群馬】「カルピス」博物館、館林市に開館。100周年記念事業 】の続きを読む

    このページのトップヘ