旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    関東地方

    1: 名無しの旅人 2019/05/19(日) 08:36:23.18 ID:RQy5kmeb0 BE:837857943-PLT(16930)
    さいたま新都心(shutterstock.com)
    no title


    今年2月公開の映画「翔んで埼玉」がロングランヒットを続けている。配給会社の東映によると、5月17日時点で動員人数は286万人、興収は37億円を突破したという。

    京都、名古屋、神戸も抜いた…驚異の大躍進の秘訣とは?

    2019年4月、「生活ガイド.com」は「全国住みたい街ランキング2019トップ100」を発表した。不動の1位は横浜市で、続いて世田谷区、港区が、それぞれ前回(2016年版)より順位を上げて2位、3位にランクインしている。

    だが、このランキングで最も注目に値するのは、41位から6位へと大躍進を遂げたさいたま市だろう。これは大阪市と同位で、今回8位の神戸市や9位の名古屋市、また前回の2位から大きく順位を落として今回11位となった京都市よりも上位。違う調査に目を向けても、「SUUMO住みたい街ランキング2018」で、大宮(9位)と浦和(10位)がトップ10入りしている。

    埼玉県の人気がここ数年で急上昇した背景として、2015年のJR上野東京ライン開通が考えられる。これにより、大宮駅・浦和駅から、もともと湘南新宿ラインが通っている渋谷・新宿方面に加え、東京・品川方面にも一本で行けるようになった。通勤・通学しやすい環境がさらに整い、ベッドタウンとしての需要が高まったのだ。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/27185

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558222583/

    【映画「翔んで埼玉」の影響で埼玉に住みたい人が急増 京都、名古屋、神戸も抜いた「さいたま市」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/15(水) 08:06:02.62 ID:5ursPmFs9
    5/15(水) 7:00配信
    産経新聞

    低料金や綿密な路線網を背景に需要が高まる高速バス。深夜に出発し早朝に目的地へ到着する便も多く、「眠っている間に着いて時間的ロスも少ない」として訪日外国人客らにも人気だが、首都の玄関口・東京駅や新宿の主要乗り場ではバス待ちの環境整備が追いつかず、週末の夜ともなると待合室に入りきらない大勢の人が路上にあふれる異様な光景が広がる。来年には東京五輪も控え、今後も利用者の増加が見込まれる中、改善を望む声が相次いでいる。(大渡美咲)

    ■「時間の無駄」

    JR東京駅八重洲南口の「JR高速バスのりば」。4月半ばの平日の夜にもかかわらず、スーツケースを抱えた利用客らが行き場をなくし、路上に群れをなしていた。花壇の縁や、駅構内の床にそのまま座り込んでいる若者の姿も目につく。

    大阪府寝屋川市の50代の姉妹は、コンサートで東京を訪れた。午後9時半前の新幹線最終に間に合わず、高速バスを選択。翌日は仕事で、着替えなども済ませたかったが、着替える場所を探すのに手間取ったという。「食事をゆっくり取る時間も場所もないので歩きながら食べることもよくある。ゆっくり待てる場所があるといいんですけど」と、口をそろえる。

    買い物で東京に来て青森まで帰る予定という女性(23)も、途方に暮れていた1人だ。近くのファストフード店で時間を潰そうとも思ったが、そこもバス待ち客で満席。「もう少し待てる場所はないんですかね」と、ため息をついた。

    ■1万人が50席奪い合う

    国土交通省によると、高速バスの運行系統は平成3年度は1093しかなかったが、26年度は4996まで増加した。バス網の拡大とともに、利用者も3年度の5万7213人から、26年度は11万5703人にまで増えている。

    ただ、バス待ちの環境整備は追いついていない。東京駅八重洲南口に乗り場が整備されたのは25年12月だが、切符売り場内の待合所の収容人員は50人ほど。平日は550本超、土日は600本以上が発着し、利用者は各平均で約9000人と約1万6000人にも上るため、収容力が圧倒的に不足している。

    周辺にはベンチもなく、飲食店の多くも午後11時ごろには閉まる。必然、夜間の乗り場には恒常的に乗客があふれるが、乗り場を管轄するJRバス関東は、「(待合室の)増設などは今のところ予定していない」としている。

    ■千便超にトイレ7室

    28年に開業した新宿駅直結の交通ターミナル「バスタ新宿」も、同様の問題をはらむ。

    最大で117社のバスが乗り入れ、1日当たりの平均発着数は約1500便に達するが、待合室の席数は344席。さらにトイレの個室は女性21室、男性が7室。女子トイレはオープン直後の8室から増設されたが、トイレ待ちの列が途切れることはない。

    《東京駅の待合室狭すぎ 満員電車かよ!》《バスタ新宿こみすぎ 座って待てる場所もない》《東京駅には夜行バス難民であふれている》。インターネット上には、ツイッターなどで利用者の“苦情”が数多く書き込まれている。

    なぜ、環境が整わないのか。高速バス事業のコンサルティングを行っている「高速バスマーケティング研究所」の成定竜一代表は、「ターミナル(の待合室を拡充するなど)の環境を整備すると、不審者らが居座る危険もある。ターミナルは多数の事業者が共同利用しており、誰がお金を出して管理するのかも難しい問題だ」と指摘する。

    来年夏には東京五輪・パラリンピックが開催される日本。新幹線や飛行機よりも安い高速バスを利用する外国からの訪問客は多いとみられる。成定代表は「課題はあるが、東京五輪も控えている。改めて(高速バスの)環境を見直す時期にあるのかもしれない」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000501-san-soci

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557875162/

    【【深夜バス難民】東京駅、新宿駅であふれる高速バス待ち客 五輪控え対策急務】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/13(月) 11:45:05.72 ID:5NFtBMH09
    「オリエンタルホテル 東京ベイ」では、6月16日(日)の父の日にちなみ、ホテル内にあるレストラン3店舗にてお父さん1名のブッフェ料金が883円(パパサン)になる「父の日プラン~お父さんいつもありがとう~」を実施する。

    「レストラン グランサンク」ではアンガス牛のグランサンクハンバーガーや生春巻き、バターチキンカレーなどを楽しめる「ワールドフェア」を、

    「中国料理 チャイニーズ・テーブル」ではフカヒレあんかけおこげや四川風麻婆豆腐などが並ぶ「王道中華と中国茶フェア」を開催。

    また、「日本料理 美浜」では人気の握り寿司や鶏治部煮トルティーヤなど、和食メニュー満載の「夏の味覚フェア」が楽しめる。

    開催期間は6月1日(土)~30日(日)。お父さんと小学生以上を含む家族4名様以上の利用でお父さん1名のランチまたはディナーブッフェが883円になる。1日10組限定となっているので、事前の予約がおすすめだ。

    料金はランチブッフェが大人平日3100円/土日祝3500円、小学生平日1600円/土日祝1800円(税・サ料込)。

    ディナーブッフェが大人平日3700円/土日祝4300円、小学生平日2100円/土日祝2400円(税・サ料込)。

    同プランは母の日と共に今年で5回目。昨年は1528名の家族が利用した好評のプランだ。愛する家族のために日々奮闘しているお父さんとおいしい料理を囲んで感謝の気持ちを伝えてみては?

    ■「オリエンタルホテル 東京ベイ」
    住所:千葉県浦安市美浜

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16450456/
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557715505/

    【【千葉】「オリエンタルホテル 東京ベイ」お父さんのブッフェ料金が883円!3つのレストランで父の日プラン登場】の続きを読む

    このページのトップヘ