旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    東北地方

    1: 名無しの旅人 2019/02/28(木) 07:44:05.12 ID:loXOTo0v9
    2019年5月、宮城・仙台市青葉区のウイスキー工場が設立50周年を迎えるのを記念して、3月から、1本30万円のウイスキーが700本限定で販売される。

    「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」は1969年に、青葉区を流れる「新川川」近くに建設され、2019年5月で50周年を迎える。

    これを記念して、宮城峡蒸溜所で初めて蒸留された原酒を使った「宮城峡」と、北海道・余市のモルト原酒を使った「余市」が、3月12日から販売される。

    アルコール度数は48%で、価格は1本あたり税抜き30万円、全国でそれぞれ700本限定で販売される。

    一般向けの販売はされず、ホテルや飲食店を中心に販売されるという。

    アサヒビール(洋酒・焼酎マーケティング部)・奥田大作部長は、「ニッカウヰスキーのこれからの挑戦の証しとして発売させていただきたい」と話した。

    限定ウイスキーは、なくなり次第、販売終了だという。

    2/28(木) 6:22
    http://ox-tv.jp/nc/smp/article.aspx?d=20190227&no=23

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551307445/

    【【仙台】1本30万円のウイスキーが700本限定販売 ウイスキー工場設立50周年を記念して】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/23(土) 09:58:14.26 ID:1E+L8IbD0 BE:228348493-PLT(16000)
    青森は、ベネチアよりも魅力的だった 「世界の寄港地ランキング」で4位に、なぜ?
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/aomori_jp_5c6f8584e4b06cf6bb2424d9

    日本人向けのクルーズ旅行情報サイト「クルーズマンズ」(https://cruisemans.com)がまとめた世界の寄港地ランキングで、青森港(青森市)が日本でトップの4位に入った。
    ベネチア(イタリア)やサントリーニ島(ギリシャ)を抑えて上位に食い込んだ背景には、青森ねぶた祭や弘前城の桜の魅力があるようだ。

    クルーズマンズでは、実際に乗船した客が、寄港地の魅力や船のサービスなどを
    5段階の星の数で評価。これをもとにした寄港地のランキングでは2月20日現在、1位はリスボン(ポルトガル)の4・71点、2位がグレイシャーベイ
    (米アラスカ州)の4・68点、3位がキャスタウェイ・ケイ(バハマ諸島)の
    4・64点で、青森はこれに続く4・62点で4位。日本ではこのほか、函館(北海道)と小松島(徳島)が4・46点で23位だった。

    青森港については「ねぶた祭りを楽しんだ」「弘前城の桜ツアーは良かった」といった口コミのほか「港で和太鼓のお迎えが素晴らしかった」という声も。
    青森市の三内温泉を訪れた人や、青森県十和田市の奥入瀬渓流を巡ったという人もいた。

    青森市交流推進課の担当者は「驚いたが、うれしく思っている」。
    地方の港が上位に多く入ったことについて「クルーズ旅行は知られざる魅力を発見していく楽しみがあるのではないか。今後も満足いただけるよう、おもてなしの充実に努めたい」と話した。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550883494/

    【【朗報】青森、ベネチアよりも魅力的だった】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/15(金) 10:16:07.97 ID:4FRRvmQn9
    2次交通利用を便利にする県内周遊パスポート「Iwate Area Pass(イワテエリアパス)」の販売に向けた実証実験を行っている。4月下旬の発売を目指しており、実用化されれば東北初。

    同パスはJRを除く県内交通機関が一定額で乗り放題となるサービス。実証実験は東京都や仙台市の留学生ら約20人が参加し、14日は盛岡市の盛岡駅からバスで市中心部の観光地を巡った。17日まで沿岸被災地を含むモデルコースを回る。

    同パスは国外のパスポートを持つ外国人が対象で、1週間1万円、5日間9千円、3日間8千円の3種類を用意する。コンビニで代金を支払って引換券をもらい、盛岡駅や花巻空港、仙台空港で冊子を受け取る仕組み。県内のバス、鉄道の主要路線を利用でき、下車後も追加料金を払えばレンタカーを使える。

    2/15(金) 10:02
    岩手日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00467470-iwatenpv-l03

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550193367/

    【【岩手】訪日客周遊パス実験開始 17日まで県内「乗り放題」に 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/15(金) 09:59:20.31 ID:liosrWQu0 BE:155743237-PLT(12000)
    <奥会津>紅葉、只見線、雪景色…「ここにしかない景色」SNSで発信、外国人宿泊2000人突破
    2019年02月15日金曜日
    no title

    福島県奥会津の7町村でつくる只見川電源流域振興協議会は13日、地元に宿泊した2018年の外国人観光客が2153人泊に上ったと発表した。
    東京電力福島第1原発事故後、官民の誘客活動が奏功し、台湾を中心に観光客が急増。15年の調査開始以来初めて2000人泊を超えた。

    調査対象は柳津、三島、金山、只見、南会津(田島地域を除く)各町と昭和、檜枝岐両村で、外国人宿泊者数の推移はグラフの通り。
    no title

    国や県などの訪日外国人旅行者(インバウンド)対策が本格化した15年以降、増加が続き、18年は前年の1.7倍、15年の4.7倍に増えた。
     
    18年の国・地域別は台湾が最多で全体の57.1%を占めた。
    韓国(13.1%)ベトナム(11.6%)タイ(7.3%)などが続いた。
    宿泊地別でみると、南会津で台湾、韓国、ベトナムの団体客が増加。
    三島、柳津、金山は台湾、タイの個人客が増えているという。
     
    交通手段は団体客がバス、個人客はJR只見線などの電車、バス、レンタカーなどを利用。
    会津若松市など周辺に宿泊するケースも多く、足を運ぶ外国人客はさらに多いとみられる。
     
    協議会によると、奥会津では原発事故前、外国人宿泊客はほとんどいなかった。
    数年前から、地元の写真家星賢孝氏が奥会津の景観や只見線の絶景を発掘して会員制交流サイト(SNS)で発信。自治体もSNSで大きな影響力を持つ「インフルエンサー」を招いたり、海外の旅行会社への宣伝を強化したりしてきた。
     
    人気は秋の紅葉や冬の雪。自国にない景観が魅力になっている。
    協議会の諏訪義徳主任は「インバウンドを積極的に受け入れる地元の意識醸成や、雪国の暮らしなど奥会津らしい魅力に触れてもらう仕掛けづくりに努め、さらに誘客したい」と話す。

    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201902/20190215_63002.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550192360/

    【奥会津の魅力 外国人宿泊客2015年比4.7倍に増加 】の続きを読む

    このページのトップヘ