旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    東北地方

    1: 名無しの旅人 2019/08/20(火) 11:16:50.04 ID:AIAZcgVO9
    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/235632

    青い森鉄道野辺地駅(野辺地町)の名物駅弁で60年以上の歴史を持つ「とりめし」の販売が9月いっぱいで終了することが、19日分かった。
    製造するウェルネス伯養軒青森支店(青森市)が営業を休止するため。長く地元で親しまれてきた味だけに、関係者からは「寂しい」との声が出ている。


    9月で販売が終了することになった野辺地駅の名物駅弁「とりめし」
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566267410/

    【【駅弁】野辺地駅の名物駅弁「とりめし」が9月いっぱいで販売終了。60年以上の歴史に幕】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/08/10(土) 16:07:33.16 ID:awvxHAh69
    東日本大震災のあと販売が落ち込む、宮城県特産のホヤの販路拡大につなげようと、東京都内の人気ラーメン店がホヤを使った新しいラーメンを作り、石巻市で試食会が開かれました。

    東日本大震災の前、宮城県では養殖したホヤの7割から8割を韓国に輸出していましたが、東京電力・福島第一原発の事故のあと、韓国政府の禁輸措置により輸出できなくなっています。
    こうした中、販路拡大を目指す県の依頼に応じて、東京都内の人気ラーメン店の関係者などがホヤを使ったラーメンなど新しいメニューの開発を目指すことになり、石巻市の高校で試食会が開かれました。
    試食会では、細かく切ったホヤや唐辛子などで作った「ホヤ醤」を、ホヤの殻などからだしをとったスープを使ったラーメンにのせた「ホヤラーメン」がふるまわれました。
    ホヤづくしの「ホヤラーメン」を食べた県の職員は、「ホヤ醤にすることで、ホヤ独特の生臭さがなくなり、食べやすくなりました」と話していました。
    メニューを開発した麺屋武蔵の矢都木二郎社長は、「ホヤ醤のような加工品のほうが流通しやすく、食べやすいと考えて作りました。ホヤのうまみと香りや食感が生かせていて、いろんな料理に使えると思います」と話していました。
    矢都木社長は、地元の企業などに協力を呼びかけて、ホヤを使った新しいメニューの商品化を検討したいとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190808/6000006521.html
    08月08日 19時08分


    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565420853/

    【【地域】ホヤ使ったラーメン人気店が試作】の続きを読む

    このページのトップヘ