旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    東北地方

    1: 名無しの旅人 2019/05/18(土) 02:56:27.14 ID:OuGK19I79
    「うまい酒」福島7連覇 金賞22銘柄「世界に売っていく」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000094-mai-soci
    2019/5/17(金) 21:31配信,YAHOO!JAPAN NEWS,毎日新聞

    全国新酒鑑評会で福島県の日本酒が金賞受賞数7年連続日本一となったことを記念し、記念撮影を行う内堀雅雄知事(中央)と、受賞した蔵の幹部ら
    =福島市杉妻町の同県庁で2019年5月17日午後3時50分、渡部直樹撮影
    no title


    新酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会(2018酒造年度)」の審査結果が17日発表され、福島県内の蔵元が出品した22銘柄が特に優秀と認められた金賞を獲得し、都道府県別の受賞数で7年連続の日本一に輝いた。
    同県が昨年達成した6年連続の記録を、自ら更新した。
    酒造関係者らは東京電力福島第1原発事故の風評を払拭(ふっしょく)する切り札として連続日本一を目指してきたことから、喜びもひとしおだった。
    【湯浅聖一、渡部直樹】

    酒類総合研究所(東広島市)と日本酒造組合中央会の共催。
    今年は全国から857銘柄が出品され416銘柄が入賞。うち237銘柄が金賞を受賞した。

    県内からは金賞の22銘柄を含めて計31銘柄が入賞した。
    金賞受賞銘柄は昨年より3銘柄増えた。
    国権酒造(南会津町)は12年連続、東日本酒造協業組合(二本松市)と名倉山酒造(会津若松市)は11年連続と記録を伸ばした。
    寿々乃井酒造店(天栄村)は1967年以来、51年ぶりの受賞で鈴木丈介会長(82)は「努力のたまもの。受賞した酒に負けないよう、今後もおいしい酒を造っていきたい」と喜んだ。

    関連スレ
    【全国新酒鑑評会】7年連続の日本一輝く!金賞酒最多は福島県 清酒の出来栄え審査で22点
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558062767/l50

    県や県内酒造業界は原発事故の風評払拭を掲げ、関係者が連携して醸造技術を磨いてきた。
    今年は2位の秋田県(18銘柄)に差をつける22銘柄が金賞を受賞した。
    名倉山酒造の松本善六社長は「福島の醸造スタイルが出来上がってきた。
    蔵元の自信につながっている」と話し、福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センターの指導や、蔵元同士の技術共有を評価する。

    一方、仙台国税局によると、全国の清酒課税移出量(出荷量)は98年の113万3000キロリットルから17年は52万8000キロリットルに半減。
    その代わり12年以降、吟醸酒や純米酒などの特定名称酒は増えるなど、より質の高い酒を求められるようになり、「金賞を受賞した酒以外は売れない」(蔵元関係者)現象が生じている。

    県の関係者は「県産酒というイメージをPRするだけでなく、蔵元や銘柄の特徴・独自性をどう浸透させるかを考える必要がある」と話した。

    福島県庁では、7年連続日本一を記念したパネルの除幕式が行われた。
    内堀雅雄知事は会場に入ると、集まった蔵元の担当者ら一人一人とハイタッチ。
    除幕後のあいさつでは「第1報を聞き感動、感激した。今日はゴールではなく新たなスタート。世界により多くおいしい日本酒を売っていく」と決意表明した。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558115787/

    【【福島】「うまい酒」福島7連覇 金賞22銘柄「世界に売っていく」←金賞22銘柄、計31銘柄入賞、世界により多くおいしい日本酒を】の続きを読む

    1024px-Harakomesi-01

    1: 名無しの旅人 2019/04/13(土) 03:57:44.37 ID:AhE4gter0● BE:466377238-2BP(10999)
    8萩の月
    6ずんだ餅
    4牛タン
    7はらこ飯
    5牡蠣
    3金華鯖
    Dホヤ
    2しそ巻
    9笹かまぼこ
    P温麺

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555095464/

    【宮城の名物で打線くんだ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/07(火) 18:09:36.17 ID:GySLKJFr9
    ヤギ乳の販売を手掛ける岩手県宮古市のしあわせ乳業は、日本初のヤギ乳専門洋菓子店「パティスリー レ・ド・シェーブル」をオープンした。ヤギ乳の栄養価の高さや、淡泊ですっきりとした味わいをアピールする。

    しあわせ乳業は2017年、東京から移住した前田英仁さん(57)が立ち上げた。現在、牧場の従業員は6人で、40ヘクタールの牧場に230頭のヤギを放牧する。ヤギ乳の契約数は、東京のスーパーやホテル、教育機関など100カ所に上る。

    店のメニューはショートケーキ486円、シュークリーム324円、プリン486円など。ゴールデンウイークに備えて、ヤギ乳を使った、タピオカドリンク、イタリアの伝統菓子、ソフトクリームの3種類を開発し、新たに販売した。

    前田さんは「ヤギ乳は脂肪球が小さいため消化が早い。タウリンという成分が豊富で、中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする効果もある。あっさりした後味と、まろやかさが好評だ」と説明する。

    ヤギ乳は季節によって味の差が大きく、扱いづらいとされてきた。においがきつくなる夏場はハーブや洋酒を入れて調整する。「ヤギ乳や洋菓子を味わってもらい、特徴を啓発していきたい」と笑顔を見せる。

     店舗はJR宮古駅から徒歩2分。問い合わせは同店、
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16409588/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557220176/

    【【岩手】ヤギ乳うめぇ~ぞ! 日本初の専門洋菓子店オープン 栄養満点消化良し】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/02(木) 19:42:53.11 ID:i/LpBcJV9
    ねぶたのにらみで眠れぬ客室 青森のホテル、祭りがテーマ

    眠りたいのに、眠れない部屋―。
    星野リゾート青森屋(青森県三沢市)は4月17日、ねぶたの鋭いにらみと迫力で“寝かせない客室”青森ねぶたの間をオープンした。1泊1人3万2千円から。

    部屋のテーマは青森ねぶた祭。リビングに幅約3.2m、高さ約1.4mの立体ねぶたを設置したほか、寝室の天井やトイレのふたにも絵を描き込み、祭りさながらの熱気を感じられる空間にした。作品はねぶた師の竹浪比呂央さんを中心に制作し、東北地方で語り継がれる英雄アテルイなどを題材とした。

    仕掛けも施され、廊下には祭りの踊り手「ハネト」の足跡が。足跡の上を進むと、ハネト気分が味わえる。


    一般社団法人共同通信社(2019/5/2 16:20)
    https://this.kiji.is/496580354720760929?c=39546741839462401

    星野リゾート青森屋の「青森ねぶたの間」=青森県三沢市
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556793773/

    【【青森】星野リゾート、1泊3万2千円で眠れない部屋があるホテルを作っちゃいました】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/01(水) 20:16:03.84 ID:j9o0MpXid0501
    宮城県気仙沼コース
    →石巻・気仙沼で震災の跡地を感じる

    栃木県足利コース
    →大谷資料館周辺、宇都宮、あしかがフラワーパーク、足利学校を観光

    茨城県水戸コース
    →偕楽園、ひたち海浜公園でネモフィラなどの花を堪能

    どれが一番面白い?
    行くのは3日

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1556709363/

    【「宮城県気仙沼」「栃木県足利」「茨城県水戸」 観光だったらどこが一番いい? 】の続きを読む

    このページのトップヘ