旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    東北地方

    1: 名無しの旅人 2019/02/15(金) 10:16:07.97 ID:4FRRvmQn9
    2次交通利用を便利にする県内周遊パスポート「Iwate Area Pass(イワテエリアパス)」の販売に向けた実証実験を行っている。4月下旬の発売を目指しており、実用化されれば東北初。

    同パスはJRを除く県内交通機関が一定額で乗り放題となるサービス。実証実験は東京都や仙台市の留学生ら約20人が参加し、14日は盛岡市の盛岡駅からバスで市中心部の観光地を巡った。17日まで沿岸被災地を含むモデルコースを回る。

    同パスは国外のパスポートを持つ外国人が対象で、1週間1万円、5日間9千円、3日間8千円の3種類を用意する。コンビニで代金を支払って引換券をもらい、盛岡駅や花巻空港、仙台空港で冊子を受け取る仕組み。県内のバス、鉄道の主要路線を利用でき、下車後も追加料金を払えばレンタカーを使える。

    2/15(金) 10:02
    岩手日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00467470-iwatenpv-l03

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550193367/

    【【岩手】訪日客周遊パス実験開始 17日まで県内「乗り放題」に 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/15(金) 09:59:20.31 ID:liosrWQu0 BE:155743237-PLT(12000)
    <奥会津>紅葉、只見線、雪景色…「ここにしかない景色」SNSで発信、外国人宿泊2000人突破
    2019年02月15日金曜日
    no title

    福島県奥会津の7町村でつくる只見川電源流域振興協議会は13日、地元に宿泊した2018年の外国人観光客が2153人泊に上ったと発表した。
    東京電力福島第1原発事故後、官民の誘客活動が奏功し、台湾を中心に観光客が急増。15年の調査開始以来初めて2000人泊を超えた。

    調査対象は柳津、三島、金山、只見、南会津(田島地域を除く)各町と昭和、檜枝岐両村で、外国人宿泊者数の推移はグラフの通り。
    no title

    国や県などの訪日外国人旅行者(インバウンド)対策が本格化した15年以降、増加が続き、18年は前年の1.7倍、15年の4.7倍に増えた。
     
    18年の国・地域別は台湾が最多で全体の57.1%を占めた。
    韓国(13.1%)ベトナム(11.6%)タイ(7.3%)などが続いた。
    宿泊地別でみると、南会津で台湾、韓国、ベトナムの団体客が増加。
    三島、柳津、金山は台湾、タイの個人客が増えているという。
     
    交通手段は団体客がバス、個人客はJR只見線などの電車、バス、レンタカーなどを利用。
    会津若松市など周辺に宿泊するケースも多く、足を運ぶ外国人客はさらに多いとみられる。
     
    協議会によると、奥会津では原発事故前、外国人宿泊客はほとんどいなかった。
    数年前から、地元の写真家星賢孝氏が奥会津の景観や只見線の絶景を発掘して会員制交流サイト(SNS)で発信。自治体もSNSで大きな影響力を持つ「インフルエンサー」を招いたり、海外の旅行会社への宣伝を強化したりしてきた。
     
    人気は秋の紅葉や冬の雪。自国にない景観が魅力になっている。
    協議会の諏訪義徳主任は「インバウンドを積極的に受け入れる地元の意識醸成や、雪国の暮らしなど奥会津らしい魅力に触れてもらう仕掛けづくりに努め、さらに誘客したい」と話す。

    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201902/20190215_63002.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550192360/

    【奥会津の魅力 外国人宿泊客2015年比4.7倍に増加 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/07(木) 01:27:14.67 ID:mgtejBzD0 BE:349486882-2BP(1919)
    https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/economy/news/190206/ecn19020619250023-s1.html

    JR東日本の深沢祐二社長は6日までに産経新聞のインタビューに応じ、同社が展開する交通系ICカード「Suica(スイカ)」で、現状よりも導入費用を大幅に軽減する簡易版の新システムを早ければ来年度中にも導入する方針を明らかにした。
    現在、東北地方などJR東管内でもスイカ未導入エリアがあるが、簡易版で管内全域での導入を想定する。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549470434/

    【【朗報】Suica、東北全域で使えるようになる模様 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/05(火) 20:34:08.04 ID:u8J4rX9f0 BE:228348493-PLT(16000)
    コメダ、全国展開が完成へ 空白地の青森に6月出店
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4092367005022019L91000/

    コメダホールディングス(HD)は6月、喫茶店「コメダ珈琲店」を青森県に出店する。
    2018年8月の沖縄への進出に続き、空白地だった青森への出店で47都道府県での展開が完了する。
    同社は20年度までに、他業態を含め現状より約15%多い1000店体制にする考え。
    人手を確保しやすく、出店費用が割安な地方でフランチャイズチェーン(FC)店の加盟を広げて達成を目指す。

    JR青森駅から車で約15分程度のイトーヨーカ堂に、テナントとしてFC店「コメダ珈琲店 イトーヨーカドー青森店(仮称)」(青森市)を出店する。
    周辺にはディスカウント店「ドン・キホーテ」などの商業施設が多い。

    コメダ珈琲店は1968年、名古屋市内に1号店を開店。ナゴヤ流のモーニングサービスや「シロノワール」などの特徴あるメニュー、山小屋のロッジをイメージさせる店づくりで中部で出店を増やしてきた。

    1990年代にFC展開を本格化。2000年代には関東や関西に進出した。
    08年には創業家から投資ファンドに経営権が移り、関東や関西での店舗網拡大を加速。
    13年には別のファンドが買収し、九州や東北にも出店した。
    その後、ファンドの経営への関与はなくなり、18年8月に沖縄県糸満市に出店、未進出は青森県だけとなっていた。

    18年12月末時点の国内店舗数は828店で、このうち直営店は20店程度にとどまる。
    今後もFC店を中心に店を増やし、「やわらかシロコッペ」などを含めた店舗数を現在の約850店から20年度までに1000店にすることが目標だ。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549366448/

    【コメダ青森開店おめでとう。名古屋で飲むいつもの味。僕にとって新鮮みがないことが成功の証だがや。 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/10/29(月) 16:52:57.19 ID:qImea4MmdNIKU
    no title

    no title

    no title


    彡(゚)(゚) 「ファッ!? 確かに仙台のビル郡と比較すると若干の見劣りはするものの、野菜や果物育てるだけの糞田舎を想像してたらなんやこれは!?普通に都会の町並みやんけ!!」

    ( ´・ω・` )「そう!山形県の街並みは仙台にも負けてないんだ!」

    彡(゚)(^)( ´^ω・` )「みんな!東北観光はぜひ山形県へ!」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540799577/

    【彡(゚)(゚)「山形県?どうせ田んぼだらけの田舎やん」( ´・ω・` )それではこちらをご覧下さい 】の続きを読む

    このページのトップヘ