旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    東北地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/07/07(火) 19:00:45.40 ID:+XC8v/Ae9
    https://akita.keizai.biz/headline/3324/
    no title

    夏の風物として市民に親しまれる「広栄堂」(秋田市南通みその町、TEL 01832-6)のかき氷が今夏、初めてテークアウトに対応している。

    生の果物を使うシロップや果肉、ソフトクリームをはじめ、元が和菓子店らしく自家製の餡(あん)などをトッピングに選べることなどが特長。
    果物の種類など32種類から選べるが、中でも人気は、常連客が「生グソ」の愛称で呼ぶ「生グレープフルーツ・ソフト」(520円)。

    これまでは店内のみの提供だったが、新型コロナウイルス感染拡大の防止を目的に店内の「密」を避けるため、初めてテークアウト販売にも対応した。
    テークアウト向けには、高さ12センチのプラスチック製容器(30円)とプラスチック製スプーンで提供する。

    店主の菊地政実さんは「竿燈(かんとう)など夏祭りが中止になり、さみしい夏になりそうだが、せめて当店のかき氷で地元の皆さんの元気に貢献できれば」と話す。

    営業時間は10時~17時30分。
    月曜定休。かき氷の販売は9月下旬まで。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1594116045/

    【【みその町】秋田県の夏の風物詩「生グソ」がテイクアウト可能に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Sendai_Hapina_Entrance_2007A

    1: 名無しの旅人 2020/05/29(金) 01:28:11.99 ID:W3OWLPTm0
    なんでや?

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590683291/

    【仙台(都会度B、民度A、自然S、気候A、飯S)←ココが天下を取れなかった理由www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-171103_Morioka_Castle_Morioka_Iwate_pref_Japan01s3

    1: 名無しの旅人 20/04/10(金)21:58:00 ID:i2r
    誰かワイに岩手の魅力教えてクレメンス

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1586523480/

    【岩手の見どころ中尊寺金色堂しか思いつかない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/06/20(土) 08:28:16.98 ID:PJmlhwbR9
    毎日新聞2020年6月20日 07時58分(最終更新 6月20日 07時58分)

    都道府県をまたぐ移動の自粛や観光振興が19日、全国で解除された。新型コロナウイルスの影響で窮地にある観光業を盛り上げようと、岩手県は「いわての観光リスタートセレモニー」を開催。岩手名物のわんこそばを休業していた一部の事業者も再開を決め、同業7社で独自に作成した感染を防ぐガイドラインを達増拓也知事に報告した。【日向米華、山田豊】

    県はこれまで、東京都など一部首都圏と北海道との間の不要不急の移動は「慎重に」と要請し、観光振興については「県内で徐々に」としてきた。19日からは移動に制限がなくなり、県をまたぐ観光振興も緩和された。

    盛岡市で同日開かれたセレモニーで、達増知事は「感染対策と社会経済活動の両立を図りながら、オール岩手で観光を進めていこう」と呼び掛けた。各施設での感染対策も紹介されたほか、県商工労働観光部長が作詞した、観光を盛り上げる応援歌も披露された。
    提供を自粛していた一部のわんこそば店も同日、再開した。

    わんこそばは「給仕さん」が客のそばで「どんどん」などと声を掛け、そばをおわんに投入する。客との距離が近く、掛け声で飛沫(ひまつ)も飛ぶため、多くの店で4月ごろから提供を自粛してきた。

    再開にあたってわんこそば事業者7社はガイドラインを作成。給仕が頻繁に手洗いすることや、客との対面を避けて間隔を保つことなどを盛り込んだ。県庁を訪れた花巻市の老舗「やぶ屋」の堀合浩之専務は「今回初めて7社で協力した。困難に立ち向かい、わんこそばを全国に発信したい」と報告すると、達増知事は「わんこそばは観光の目玉。独自のガイドラインはすばらしい」と評価した。

    ◆給仕は後ろに
    盛岡市八幡町の老舗そば店「初駒」も、約2カ月ぶりにわんこそばを再開した。多くの観光客が見込めるはずだったゴールデンウイークを含めて約3週間、閉店を余儀なくされ、売り上げは激減していた。

    再開後は、マスクを着けた給仕が従来の横や斜めではなく客の後ろに立つ。最大80人収容可能だったわんこそばのための座席数を半分にすることも検討している。岩渕秀光店長は「子どもが『こんなに食べたよ』と笑顔で教えてくれる光景が戻ってくると思うとうれしい」と期待した。

    ソース https://mainichi.jp/articles/20200620/k00/00m/040/014000c

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592609296/

    【【岩手】観光の目玉「わんこそば」再開 ガイドライン作成、客の後ろから投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/06/14(日) 13:21:24.50 ID:ya9XTCSo9
    6/14(日) 12:59配信
    読売新聞オンライン

    今月、市外デビューを果たした岩手県宮古市のご当地グルメ「瓶ドン」。イカ、タコなどの海の幸を楽しめる(12日、盛岡市のフェザンで)

    牛乳瓶に新鮮な魚介類などを詰め込んだ岩手県宮古市のご当地グルメ「瓶ドン」が今月、「市外デビュー」した。元々は市への誘客のため、市内の飲食店限定だった。新型コロナウイルスの影響で観光業が打撃を受けたため、開発した宮古観光文化交流協会が通信販売や県内での出張販売に乗り出した。通販には全国から注文が集まっている。

    12日、JR盛岡駅の駅ビル「フェザン」で開かれた出張販売会には、多くの客が訪れていた。同協会の金沢薫主任は「これをきっかけに知名度を上げ、影響が落ち着いた頃に食べに来てほしい」と期待する。

    瓶ドンは同協会が「瓶入りウニ」をヒントに2018年に開発した。イクラ、タコ、イカ、メカブといった三陸の海の幸が詰められ、ご飯にかけて丼にして食べる体験型の商品で、見た目の鮮やかさも魅力の一つだ。飲食店ごとにオリジナル商品が楽しめ、市内で2万食以上が提供されてきた。

    「宮古に来なければ食べられない」という希少性や鮮度を維持するため、これまで現地のみでの提供だった。だが、感染拡大で観光客が激減したことを受け、同協会では三陸産のイカやタコ、4月に水揚げが始まったご当地サーモン「宮古トラウトサーモン」を使った瓶ドンを通販と出張販売向けに開発した。

    鮮度を維持するため冷凍で発送する通販は宮古市で復興支援を行う会社「かけあしの会」の協力を受け、1日から始めた。同会のオンラインショップ(https://store.shopping.yahoo.co.jp/kakeashinokai/)で販売を始めると、東京や大阪などから注文が殺到し、6日時点で1600セット以上の注文が入っている。

    出張販売はフェザンで14日まで。北上市のベルフ北上と奥州市のコープアテルイはいずれも15日までと20~21日、一関市のコープ一関コルザは27~28日に開かれる。

    価格はいずれも税込みで通販は3本4800円(送料込み)、出張販売は1本900~950円。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5ca85e4b2c8985f1ae60ed647503b8f549779da

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592108484/

    【【岩手】海の幸詰め込んだ「瓶ドン」全国区に…牛乳瓶にタコやイカ】の続きを読む

    このページのトップヘ