旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    沖縄県

    1024px-Minnajima_beach,_Okinawa

    1: 名無しの旅人 2019/01/11(金) 19:30:54.04 ID:/8GZ6H3aM
    初日は那覇泊
    2日目は大宜味村や

    ちなレンタカー借りてる

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547202654/

    【3連休で沖縄行くからオススメを教えて欲しい】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/30(日) 19:41:40.36 ID:PXTUWWJk0 BE:844481327-PLT(12345)
    大みそかを前に沖縄そばの製造工場では年越しそばの生産がピークを迎えています。

    糸満市西崎にある沖縄そばの製造工場では今月25日から24時間体制で年越しそば用の沖縄そばを生産していて29日も職員は作業に追われていました。

    サン食品の赤嶺孝参与は「25日から31日の朝まで、フル稼働で24時間態勢で生産しております」と話していました。

    2018年は、2017年より1割ほど生産量が増え、この期間中およそ75万7000食分の沖縄そばが作られます。かつて沖縄には年越しそばの習慣はありませんでしたが、日本そばの代わりに沖縄そばを食べて年越し、という光景も今ではよく見られるようになりました。

    また最近は、県外へのギフト発送の需要が増えていて2割から3割は県外へ発送されるということです。

    http://www.qab.co.jp/news/20181230109835.html
    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1546166500/

    【「年越し沖縄そば」の生産がピーク 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/25(火) 22:09:26.56 ID:CAP_USER9
    平成最後の年末年始は最大9連休で、沖縄観光もかき入れ時だ。
    ただ、日並びの良さが裏目に出そうだ。

    航空各社が21日発表した、年末年始(28日~来年1月6日)の沖縄関係路線の予約状況は前年比1・6%減の46万3317人となり、3年ぶりに前年を下回った。
    各社とも日並びの良さが海外旅行需要を押し上げ、沖縄への送客が減少したと分析。
    ただ、来年春の大型連休も日並びが良く、同様の傾向となる可能性があり、早期の対策が必要だと懸念の声もある。

    日本航空(JAL)グループ全体の沖縄関係路線の予約数は前年同期比1・2%減の20万6136人だった。
    機材更新や臨時便の運航で提供座席数を増やし、前年並みの予約数を維持したものの、需要が伸び悩み予約率は79・8%だった。

    一方、海外路線は好調で8・6%増の29万4023人で、予約率は90%となっている。
    中でも、ハワイ方面は成田―コナ線の就航もあり予約数は15・7%増の3万4620人(予約率91・7%)、グアム線は88・5%増の8368人(同93・4%)と大幅に伸びた。

    全日本空輸(ANA)は、予約数が2%減の25万7181人。
    予約率は0・4ポイント低い84・9%。
    石垣路線の予約数は1・9%減、宮古路線は0・7%減となっている。

    ANAは日並びの良さを考慮し、今月22~24日と来年1月12~14日の3連休の運賃設定を調整し予約数を分散。
    トータルでは前年を越える予約数となっている。
    一方でハワイ路線の予約数は11・9%増の1万3980人で予約率は95・1%に達している。

    航空各社は、1月4日に休みを取れば最大9連休となる日並びの良さから、国内の旅行需要は旺盛なものの、旅行者は近場の沖縄旅行より海外旅行を好む傾向にあり、ハワイやグアムなど海外リゾート地を旅先として選んでいるのではないかと見ている。
    JTAの担当者は「来年春の大型連休は最大10連休となるため、年明けから早めの誘客プロモーションを展開し、沖縄への送客を強化する必要がある」と懸念した。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/363191

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1545743366/

    【【観光】連休長いと沖縄よりも海外?年末年始の沖縄路線、3年ぶり減 グアムは急増】の続きを読む

    このページのトップヘ