旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    大分県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/11/23(火) 08:24:42.73 ID:BXwAeyNZ9
    航空機を使って人工衛星を発射する「宇宙港」として、大分空港(大分県国東市)を活用する計画が実現に向けて進んでいる。米ヴァージン・オービットがANAホールディングス(HD)や大分県と提携し、2022年の打ち上げ開始を目指す。アジア初の取り組みだけに法令の整備などの課題もあるが、宇宙関連産業や観光への期待が膨らんでいる。 (御厨尚陽)

    オービット社は航空事業などを世界展開する英ヴァージン・グループ傘下で、小型人工衛星の打ち上げを手掛ける。今年1月に米国で衛星10基を軌道に投入する発射実験に成功し、6月には商業打ち上げを実現した。22年には英国でも打ち上げを計画している。

    オービット社はアジアの拠点として大分空港に着目し、昨年4月に大分県との提携を公表。今年10月にANAHDと事業展開で基本合意した。ANAHDは、人工衛星の打ち上げを希望する企業に搭載スペースを販売し、空港の地上支援も担う。22年以降の10年間で20回、打ち上げる計画という。

    今回採用する打ち上げ方式は「水平型」と呼ばれる。米ボーイングのジャンボ機「747―400」を改造し、主翼の下に人工衛星を格納したロケットをつり下げる。ジャンボ機は空港から高度約10キロまで飛び、ロケットを切り離す。直後にロケットが点火され、宇宙に上昇する仕組みだ。

    このため、ロケットを地上から発射する従来の「垂直型」と異なり、種子島宇宙センター(鹿児島県)のような発射場は必要ない。天候に左右されず、燃料も少ないため、コストを抑えられる利点があるという。

    なぜ大分空港が選ばれたのか。宇宙港開設を支援する一般社団法人「スペースポートジャパン」(東京)がオービット社に仲介した。①離陸に必要な3千メートル級の滑走路がある②航空便が混雑していない③国東半島沿岸に立地する海上空港のため事故時のリスクが低い―といった理由を挙げる。

    19年夏に打診を受けた大分県でも誘致の機運が盛り上がる。ロケットや人工衛星の部品と燃料のサプライチェーン(供給網)の構築や、新ビジネスの創出で地場企業に恩恵があると想定。大分市中心部と大分空港をホーバークラフトで結ぶ海上交通の整備も進め、温泉地との相乗効果で年間8万人の観光客を見込む。県内の経済波及効果は5年間で102億円に上ると試算する。県先端技術挑戦課の堀政博主幹は「地方創生の起爆剤になる」と期待する。

    民間の動きも活発だ。もともと石油コンビナートや自動車、精密機械などの産業が集積しており、今年2月には民間主導で一般社団法人「おおいたスペースフューチャーセンター」(大分市)を立ち上げた。会員には地場企業を中心に約40社が名を連ねる。衛星データ活用や宇宙食開発などが始まり、同センターの高山久信専務理事は「県の本気度も伝わり、多くの企業が熱心だ」と手応えを語る。

    計画の実現に向け、政府は昨年6月に閣議決定した宇宙基本計画で、宇宙港の整備を政策目標に初めて明記した。ただ、打ち上げに関する国内の法令整備や事業展開の許認可の取得などが必要で、関係者は「海外の企業が国内でロケットを取り扱うなど、解決すべき課題は多い」と指摘する。

    スペースポートジャパンの青木英剛理事は「人工衛星の打ち上げは世界中でニーズがあるが発射場所は不足しており、大きな産業となる可能性がある」とした上で「各国との競争に勝つためにも、政府は法整備を急ぐべきだ」と訴える。

    宇宙港 人間や人工衛星を宇宙に送る拠点で、世界中で開発や検討が進む。大分空港のように航空機の空港を兼ねる施設もある。日本をアジアの宇宙ビジネスの中核にするため、政府は米国との連携も視野に整備する計画を掲げる。

    西日本新聞 2021/11/23 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/835941/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1637623482/

    【【大分】大分空港「宇宙港」へ着々 盛り上がる官民、残された簡単でない課題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    800px-180131_Umi-Tamago-3

    1: 名無しの旅人 2021/09/10(金) 16:10:27.74 ID:wI5p+Dec0
    うみたまごでしたね?

    これがメンタルヘルスです

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1631257827/

    【「大分県」の観光地を1つ想像してこのスレを開いてください】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/08/14(土) 20:36:20.04 ID:hpfETBW00
    食べ過ぎやろ…
    no title

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1628940980/

    【大分県民さん、から揚げを月に56個も食べていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/06/23(水) 23:50:17.71 ID:yw8l9n7i9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/56c86f231b9dfcd15f6c23db54407a35faae4b83
    ※リンク先に動画あり

    飲食店の休業などで大分県産の魚、特に高級魚の需要が激減して関係者から悲鳴があがる中、地域で培ってきたブランドを守ろうという取り組みが始まっています。
    外食産業に大きな影響をもたらした飲食店への時短要請が解除され初めての週末となりましたがにぎわいは戻ってきたのでしょうか。

    (居酒屋を営む男性)
    「(時短要請の解除で)一気にお客が戻ってきた感覚はないけどじわじわ増えてきたら」

    関係者によりますと時短要請前の水準まで活気は戻りつつあるということですがタイやヒラメなど飲食店向けの高級魚の需要がなかなか回復しない状態が続いています。

    (大分魚市・工藤保雄取締役)
    「高級魚の注文がほとんどありませんから一日も早く注文が来るように協力してもらいたい」
    「魚をすくった時に1キロとか800グラム900グラムとわかるのでそれでキロを掛け算する感じて買っていく」

    大分市佐賀関にある富士見水産では漁師から買い取った関あじ・関さばなどを東京の豊洲市場をはじめ県の内外の飲食店や旅館に卸しています。
    コロナ禍での販売不振は去年も経験しているといいますが今年はある理由から去年以上の打撃を受けていると話します。

    (富士見水産・姫野透社長)
    「大分県から協力金を補助しますよとお達しが出たから協力金が出るから(店が)休んで魚を買わなくていい状況が起こってしまった」

    時短要請の協力金が支払われることで、取引先の多くが休業を選んだため売り上げは去年と比べて8割以上も減少。
    さらに―。

    (富士見水産・姫野透社長)
    「去年は大漁だった。値段が安くなっても水揚げ量があった。今年は漁師が一生懸命頑張って漁に行ってもらってるけど去年並みの水揚げ量がなくて少なくて。
    釣れない、漁が入らない、売るものがないのが第一と第二がコロナ禍で売れない。ダブルパンチです」
    「関あじの開きとかお土産になるけど溜まっていっている状態」

    こうしたなか姫野社長が生き残りをかけて初めて挑戦しているのがインターネットで支援を募るクラウドファンディングです。
    新鮮な魚に加え、コロッケなどの加工品の返礼品が好評で開始から1か月で50万円余りの支援が集まっています。

    (富士見水産・姫野透社長)
    「関あじ・関さばは刺身が一番のウリだけど、それをいま加工品に関あじのコロッケやじゃこ天とかより簡単に食べられる形で提供できるようにがんばっています」

    一方、大分県は水産関係者を支援しようと大分県産のブランド魚を7月から学校給食で提供します。特に消費の落ち込んでいる関あじやブリ、ヒラメを使ったメニューが登場する予定で消費回復に繋げたい考えです。

    (県漁業管理課・高田淳史課長補佐)
    「こういう魚が大分県内にいることを知ってもらい少しでも流通の出口を作って(漁業者が)まだまだ漁業を続けていける一助になれば」

    需要の回復へまだ見通しが立たない大分県産の高級ブランド魚。地域で培ってきたブランドを守るためには今後も消費を促す様々な取り組みが必要です。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1624459817/

    【【魚】ブランド魚がピンチ!消費回復の一手は? 大分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/06/10(木) 22:12:43.55 ID:X8b/V9iK9
    大分県竹田市会々のJR豊後竹田駅のマスコット、ネコの「ニャー駅長」が8日夜、交通事故で急死した。十数年前から駅に住み着いたメスのキジネコで、駅長就任4年目の別れ。世話をしてきた関係者は「駅の利用者みんなに愛された。幸せな人生、というかネコ生だったのではないでしょうか」と話している。

    竹田市観光ツーリズム協会の藤野めぐみさん(48)によると、ニャー駅長は8日午後8時ごろ、駅近くの道路で車にひかれたとみられる。突然の悲報をうけ、9日午前には観光案内所や駅関係者のみで葬儀が営まれ、読経とともにキクの花が捧げられた。

    年齢13歳ほどのおばあちゃんネコ。気が向いた時だけ駅舎で乗降客をもてなし、あとは駅舎内外をパトロールして回ったり、ごろんと寝たりして過ごしていた。藤野さんは「穏やかで優しいネコ。たくさんの人にかわいがられ、差し入れのキャットフードもよく届けられていました」と振り返る。

    駅には9日、訪れた人が弔意を表せるようにと、記帳台が設置された。(寿柳聡)

    朝日新聞社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6af26040fd4142b3b00da7af60641c8042971e49
    画像
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1623330763/

    【【大分】ネコの「ニャー駅長」、交通事故で急死 JR豊後竹田駅】の続きを読む

    このページのトップヘ