旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    熊本県

    1: 名無しの旅人 2019/05/21(火) 01:09:50.71 ID:W5E0dRnM
    2019/5/19 16:00
    https://this.kiji.is/502737693177349217?c=92619697908483575

    パンダをかたどった焼き菓子「パンダ焼き」で有名な健軍商店街(熊本市東区)の和菓子店「ニュー若草」が、5月末で閉店する。
    長年愛されてきた菓子を買い求める人が連日店を訪れており、社長の米岡穂積さん(79)は「遠方から来てくれる人もいて、本当にありがたい」と感謝している。
    製粉業を営んでいた米岡さんが、この商店街に菓子店を構えたのは50年前。
    丁寧に引いた粉を顧客に卸すうち、「自分でも作ってみよう」と思い立ったという。

    近くの熊本市動植物園にパンダの誘致話が盛り上がっていた1990年、米岡さんはいち早く、パンダ焼きを考案。
    特注の機械を使い、小麦粉の生地にあんを挟み、ふんわりと焼き上げた。
    当初は、白あんと黒あんの菓子を別々で売っていたが、「せっかくだからパンダらしく…」と一緒に入れてみたところ、人気が急上昇した。
    残念ながら、本物のパンダが動物園にやってくることはなかったが、店だけではなく商店街の名物として定着。
    最盛期には1日400~500個が飛ぶように売れたという。
    パンダ焼きを売り始めた当時から勤め続けている郷陽子さん(67)は「社長は新商品開発が得意で、次々と新しいアイデアお菓子を生み出してきたけど、これはずっと変わらない看板商品」と笑顔を見せた。

    米岡さんは数年前に車の運転免許を返納した。
    そのため益城町の自宅から店までの行き来が難しくなったこともあり閉店を決断したが、「店を閉めるのは今でも少し寂しい」とも。
    閉店を惜しむファンの声があまりにも多いため、自宅横の製菓工場での不定期営業も検討しているという。

    名物「パンダ焼き」を手にする社長の米岡さん(右)と店員の郷さん
    no title

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1558368590/

    【【熊本】パンダ焼き、愛された30年 熊本市・健軍商店街「ニュー若草」 惜しまれつつ閉店へ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/03(金) 13:10:10.38 ID:8iRGntqP9
    no title


    夕焼けに染まる海中を、電柱が沖に向かって延々と――。そんな光景がいま注目を集めている。
    熊本県宇土(うと)市の「長部田海床路(ながべた・かいしょうろ)」だ。熊本市から天草に向かう途中、有明海を望む海岸沿いに位置する。

    このドラマチックな景観を見るために、日本全国はもちろん世界中から観光客がやって来るという。いったいどんなところなのだろう。

    CMで一躍注目されるようになった?
    no title


    Jタウンネット編集部は、宇土市の商工観光課に電話で話を聞いてみた。

    「長部田海床路は、干満の差が激しい海で海苔養殖・採貝を営む漁業者のために造られました。1979年(昭和54年)のことです。干潮時は、沖合でとれた海苔や漁獲物を運ぶ軽トラックがずらりと並びます。それ以外の時間帯は小船で作業を行うようです」と担当者。

    「テレビCMで一躍観光スポットとして注目されるようになり、観光客がどっと押し寄せるようになりました。インスタ映えする写真を目的に、日没前後に来られる方が多いようですね」

    CMとは、10年ほど前から放映されている某大手焼酎メーカーのCMのことらしい。また「千と千尋の神隠し」に出てくるシーンのよう......、という感想をつぶやく人もいるようだ。

    no title

    夕暮れの長部田海床路

    熊本地震と台風によって約20本の電柱が損壊していたが、18年6月、修復も終わり、再び電灯に光りが灯るようになった。

    「最近、目立つのは外国人観光客の姿です。それも団体客ではなく、個人客です。少人数のグループが多いのです。皆さん、事前によく調べて来られるようで......」と担当者。インバウンドのパワーはここまで波及しているようだ。

    外国人観光客も参考にするのは、宇土市の観光サイト「ゆる~っと ぶら~っと うと物語」。この中に、御輿来海岸の干潮・日の入り情報を知らせるコーナーもある。これを参考にされると良いだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16403815/
    2019年5月2日 18時0分 Jタウンネット

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556856610/


    【【地域】夕焼けの有明海、点々と並ぶ電柱... まるで「千と千尋」の世界、熊本のフシギ絶景 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/29(月) 22:25:08.30 ID:8tmhDQq+9
    熊本県天草市の下田温泉で温泉の恵みに感謝する祭りが行われ、女性たちが担ぐみこしに温泉を浴びせかける「お湯かけ女みこし」が温泉街を練り歩きました。

    温泉の恵みに感謝する「下田温泉祭」は、およそ700年の歴史がある天草市天草町の下田温泉で28日開かれました。

    祭りの呼び物はおよそ40人の女性が2基のみこしを担いで温泉街を練り歩く「お湯かけ女みこし」です。

    沿道には、お湯がなみなみと入った「たる」が用意され、女みこしが通りかかると手おけやひしゃくなどで次々とお湯を浴びせかけました。

    担ぎ手の女性たちは「ヨーイヨーイ、ヨイヤサ」と大きなかけ声をあげ、全身ずぶぬれになりながら笑顔でみこしを担いでいました。

    初めて参加したという熊本市の中学生は「お湯がすごく温かかくて楽しかったです」と話していました。

    また、上天草市で外国語指導助手を務めるアメリカ出身の20代の女性は「みこしは重かったですが頑張りました」と話していました。

    04月29日 12時20分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20190429/5000005083.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556544308/

    【【熊本】下田温泉でお湯かけ女みこし 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/10(水) 22:40:22.02 ID:dxyLaCAu9
    熊本パルコ(熊本市中央区)は11日、屋上ビアガーデンの営業を始める。同店は来年2月末で現店舗での営業を終了すると発表しており、今季が最後のビアガーデンとなる。9月15日まで。

    今回は「コリアン」がテーマ。近年、韓国ファッションなどが10代~20代を中心に人気を集めており、幅広い年齢層に韓国料理を楽しんでもらおうと企画した。

    220席を用意。開放的な雰囲気の中、三元豚のサムギョプサルやチヂミ、マッコリなどの飲食が楽しめる。

    10日は営業開始を前に関係者向けのプレ営業があり、同市中央区の会社員池田恭平さん(26)は「熊本パルコとして最後の夏のビアガーデン。ビールも肉もおいしく、例年以上に楽しい」と話し、笑顔で杯を重ねていた。(山本文子)

    熊本日日新聞 4/10(水) 22:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000013-kumanichi-l43

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554903622/

    【【熊本パルコ】最後のビアガーデンに乾杯 今回は「コリアン」がテーマ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/21(木) 17:31:41.92 ID:ZyE7L1x29
    「熊本空港アクセス鉄道」実現に向け大きく前進 豊肥本線から分岐も直通予定なし
    2/21(木) 14:01配信

    ■「特段の事由」で乗り入れ検討も

    熊本県は2019年2月21日(木)、整備を検討している熊本空港アクセス鉄道に関して、JR九州から基本的な方向性について同意を得たと発表しました。
    熊本県は、空港アクセス鉄道の実現に向け、取り組みを加速させていく方針です。

    熊本空港は熊本市の中心部から直線でおよそ15km離れており、バスだと熊本駅前からおよそ1時間かかります。
    この状況を改善するため、これまで鉄道やモノレール、路面電車(熊本市電)などによる空港アクセスの整備が比較検討されてきました。

    熊本県が示した基本的な方向性によると、熊本県が中心となって設立する予定の第三セクターが、豊肥本線の三里木駅(熊本県菊陽町)から分岐する空港アクセス鉄道を整備。
    所有も第三セクターが担い、鉄道の運行はJR九州に委託されます。

    この空港アクセス鉄道の列車は豊肥本線には“乗り入れない”としており、熊本駅から空港に向かう場合は三里木駅で乗り換える必要があります。
    熊本県の担当者は乗り入れない理由について、「豊肥本線が単線のため、いまの列車に加えて空港発着の列車を増やすのは難しいという問題があります(編注:すれ違える場所が少ないため、列車本数を増やすのが容易ではない)。また、一部の列車が空港行きになると、現在の豊肥本線肥後大津行きなどの列車が減ってしまうのではないかという地元の声もあります」と話しました。

    その一方、今回の合意では「特段の事由により、豊肥本線への乗入れを検討する場合は、負担等の一切を熊本県が負う」としており、列車がすれ違える場所を増やすなどし、将来の乗り入れ運転実施の可能性に含みを持たせています。

    空港アクセス鉄道の総事業費は概算で約380億円。JR九州は第三セクターに出資しませんが、空港アクセス鉄道の開通後、既存路線の増益効果の一部を第三セクターに支払います。
    支出総額の上限は整備費の3分の1です。また、空港アクセス鉄道の実現に向け、熊本県が行う調査・検討に対し、JR九州は運行データの提供や技術的助言など協力を実施します。

    2/21(木) 14:01配信 乗りものニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-norimono-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550737901/

    【【鉄道】「熊本空港アクセス鉄道」実現に向け大きく前進 三セクが鉄道を所有、運行はJR九州に委託…豊肥本線から分岐も直通予定なし 】の続きを読む

    このページのトップヘ