旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    佐賀県

    1: 名無しの旅人 2019/01/21(月) 16:23:30.91 ID:SKSbY8fr9
    アニメのゆかりの地を訪れる「聖地巡礼」で、唐津市がにぎわいを見せている。佐賀県を舞台に、昨年10~12月に放送されたテレビアニメ「ゾンビランドサガ」で、主人公たちが暮らす街として描かれ、市内の随所が「聖地」となっているのだ。何が人々を駆り立てるのだろう。ともに巡礼しながら考えた。

    「ゾンサガ」は、ゾンビとしてよみがえった少女たちがご当地アイドルグループ「フランシュシュ」を結成し、佐賀を救うために奮闘する物語。私も全12話欠かさずチェックした。

    まず、フランシュシュが暮らす洋館のモデルとなった同市海岸通の「旧三菱合資会社唐津支店本館」(市歴史民俗資料館)へ。市街地から車で約15分。平日にもかかわらず巡礼者の姿がある。「うわ、そっくり!」。初めて見た建物の外観はもちろん、扉のデザインなども作中の描写通り。「本物」がアニメをまねたようだ。眺めている間にも、続々と車がやって来た。

    建物にカメラを向ける人は、撮影場所を変えたり、しゃがみこんだりしながら何かにこだわっている様子。「アニメと同じカットで撮っているんですよ」。男性キャラクター巽幸太郎のコスプレをした川崎市の会社員片倉卓哉さん(25)が教えてくれた。なるほど。気が付くと、こちらも夢中でレンズをのぞいていた。

    アニメに登場するのは名所だけに限らない。日常の何げない風景も描かれている。同市南城内のコンビニもその一つ。オーナーの山口淑子さん(82)は「20歳くらいの男の子に『外から写真を撮っていいですか』って聞かれた時はなぜだろうと思ったよ。巡礼なんて、不思議ねえ」。

         ◆

    人気アニメゆかりの地をPRして観光客誘致を図る「アニメツーリズム協会」(東京)によると、聖地巡礼が社会現象化してきたのは5年ほど前からという。

    国内では2000年以降、年齢層や性別などのターゲットを絞り込んだり、実際に存在する場所を描いたりするアニメ作品が活発的に作られ、作品に強く共感するファンが誕生。ファン同士のネットのやりとりで、舞台となった場所の特定が早くなったことも背景にあり、リピーターとなる人もいるそうだ。

    唐津市は、16年に放送されたアニメ「ユーリ!!! on ICE」で、主人公の故郷のモデルとなり注目を浴びた。市の調査では、放送終了後から約2年間で、聖地巡礼を目的に市を訪問したのは延べ6万人以上。うち約1300人が海外40カ国からだった。

    同協会によると、唐津市のように同じ地域が続けて異なるアニメのモデルになるのは稀なケースという。

         ◆

    ゾンサガの聖地の一つ、同市鏡の鏡山の展望台から市街地を眺めていた福岡市の女性(24)は、ユーリの巡礼を機に唐津に引かれ、年に数回は山のそばにある鏡山温泉茶屋に行く。

    同じく虹の松原の「からつバーガー虹の松原本店」で出会った大阪府池田市の神澤孝宣さん(39)は昨年12月以降、唐津巡礼は3回目。今回は聖地以外にも足を運び、呼子でイカを食べ、県重要文化財の「旧唐津銀行」も見学した。「佐賀のことなんて知らなかったけど、こうして地域の人やおいしい食べ物と巡り合えた。(訪れる人に対して)ウエルカムな場所はまた行きたくなる」と神澤さん。

    市は2月下旬、JR唐津駅の観光案内所にゾンサガの巡礼マップを置く予定。市観光課は「ファンのニーズを考え、唐津の良さを広めたい」としている。ちなみに駅前もフランシュシュが路上ライブをした聖地だ。

    虹の松原を後にして数時間後、神澤さんから「牧のうどんへ行きませんか」と電話があった。実はその店内と思われるシーンもアニメに出ていたとは、言われるまで気付かなかった。人とつながることで新たな発見があるのも聖地巡礼の魅力か。「行きます!」。思わず即答した。

    =2019/01/17付 西日本新聞朝刊=

    no title

    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/479812/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548055410/

    【【佐賀】アニメが生む新たな交流 「聖地巡礼」にぎわう唐津 ゾンビランドサガで話題 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/28(水) 15:53:24.67 ID:CAP_USER9
    特別公開された旧三菱合資会社唐津支店本館。「ゾンビランドサガ」のキャラクターを描いた「痛車」も登場=唐津市海岸通
    no title

    現在放送中のテレビアニメ「ソンビランドサガ」で主人公たちの住まいとなっている、唐津市海岸通にある明治の洋館「旧三菱合資会社唐津支店本館」(唐津市歴史民俗資料館)が25日に特別公開され、県内外から若者中心に1000人超が訪れた。近代化遺産全国一斉公開に合わせた催しで、想定以上の来場者に関係者は「こんなことは初めて」とうれしい悲鳴を上げている。

    建物は老朽化が進み、2003年から休館している。昨年は2日間の公開で約300人の来場者があり、今年は1日限りで300人を見込んでいた。だが開場から2時間後には用意していた資料がなくなり、急きょ追加。東京や大阪から訪ねた人もいた。

    17時の終了間際には、アイドルを目指すゾンビの少女ら主人公を車体に描いた「痛車」が登場。この日に間に合うように発注したという唐津市出身で福岡県糸島市の会社員吉永勇也さん(31)は「小学生のころに絵に描いたこの建物がアニメに出てきてびっくりした。佐賀県がたくさん出てくるこのアニメをもっと広めたい」と語った。

    管理人として世話している近所の西元一重さん(68)は「朝、玄関を開けるとすでに待っている人がいた。大盛況で、資料館も喜んでいるはず」と小躍り。放送開始後は毎日、訪ねる人を見かけるという。

    11月28日
    佐賀新聞
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/307665

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543388004/

    【【佐賀】「ゾンビランドサガ」 唐津市の洋館公開に1000人超来場 「こんなの初めて」と関係者悲鳴】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/11/27(火) 07:00:37.32 ID:CAP_USER
    ゾンビ化した少女たちがアイドルとなって佐賀を救う――。
    そんなアニメ「ゾンビランドサガ」が話題です。10月に始まった第1話。
    佐賀はいきなり「存在自体が風前のともしび」といじられましたが、エンディングにはなんと「企画協力 佐賀県」のクレジットが。えっ、県が協力して大丈夫なの? 県広報広聴課で作品を担当する近野顕次係長(37)に、協力の経緯や自虐ネタへの思いなどを聞いてみました。

    「自虐ネタは全く気にしなかった」
    ――佐賀が舞台と知りびっくり、県が協力と知って二度びっくりしました

    2016年春、県のフィルムコミッションに製作委員会側から「『ゾンビ』『アイドル』『佐賀』を題材としたアニメの脚本を作っている。自分たちのイメージしている場所を提案してほしい」と話がありました。フィルムコミッションの職員がロケハンに同行し、佐賀市内や唐津市内などを1泊2日くらいで回った。

    ――その後は

    シナリオは見せてもらった。ただ、脚本やシナリオに口を出すことは一切していません。僕たちの範疇(はん・ちゅう)ではないので。どういう市町や観光地、県産品が出ているかをチェックしました。

    ――劇中では「存在自体が風前のともしびである佐賀」といじられていますが……

    細かい自虐ネタは全く気にしなかったですね。

    ――えっ、気にしなかったんですか!?

    例えば映画やドラマで殺人事件のシーンがあるからといって支援しないということはない。それと一緒で、アニメに自虐ネタがあるから支援しないということではない。

    それよりも「ユーリ!!! on ICE」や「この世界の片隅に」で知られる(アニメ制作・企画会社の)「MAPPA」(マッパ)と、「Cygames」(サイゲームス)、「エイベックス・ピクチャーズ」という3社が製作委員会で「30分×12話、オール佐賀」。いいPRになると考えていました。

    「スタッフの力の入れ具合がすごい」
    ――劇中にはJR唐津駅や佐賀城本丸歴史館なども登場します

    スタッフの「佐賀県を盛り上げたい」という熱い思いも強く感じる。佐賀の風景を写真のようにしっかり描き起こしてくれるなど、力の入れ具合がすごい。

    ――アニメの原作者の名前が「広報広聴課ゾンビ係」というのは、まさに「佐賀県広報広聴課」からでしょうか

    そういうことだと思います。ただ、たまに「佐賀県が原作者なんですか」「お金払っているんですか」と聞かれるので、一般視聴者が間違わないかなと(笑)。

    ――放映のたびにネット上をにぎわせていますが、県内での反響は

    声優さんが見た「肥前さが幕末維新博覧会」のコメントの展示について問い合わせがあったり、(ゾンビアイドルたちが暮らす建物のモデルになった)唐津市歴史民俗資料館にも既にファンの方が見に来たりしている。反響の大きさを感じます。

    長いので続きはソースで
    yahooニュース(withnews) 11/22(木) 7:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000001-withnews-l41

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1543269637/

    【【佐賀】佐賀県の自虐が止まらない…ついにゾンビまで 「全く気にしない」県の担当者がケロッとしている理由 】の続きを読む

    このページのトップヘ