旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    高知県

    1: 名無しの旅人 2019/05/23(木) 23:00:00.16 ID:oK2JiXDL9
    こんなに綺麗な場所なのに、名前がないなんて――。高知県の地元ウェブメディア「ありんど高知」が2019年5月19日に紹介した「名無しの絶景スポット」が、いまネット上で注目を集めている。

    まずは下の動画をご覧いただこう。

    「信じられない。こんなに綺麗な場所なのに、名前がないなんて……。」
    「高知県仁淀川の日本一綺麗な『無名の砂防ダム』」

    この砂防ダムは、「仁淀ブルー」で知られる高知県仁淀川の上流にある。ありんど高知は、ここを「日本一綺麗な『無名の砂防ダム』」だとして、透き通ったブルーの清流が印象的な砂防ダムの動画を投稿している。

    ■見学はもちろん無料

    ありんど高知によれば、驚きの透明度を誇る仁淀川の「水晶淵」から、徒歩2分ほど上流にあるという。

    「入場料などもなく誰でも行くことができるので、ぜひ訪れてみてください!」

    と高知県の新たな観光スポットをオススメしていた。

    このツイートにはこんな反響も。

    「ヤバイくらい綺麗ですね。仁淀ブルーはお天気によって映え度が違ってきますよね!上と下の場所は同じなんですよね?絶対行ってみよう」
    「高知 よく行くんですが、まだまだ奥が深ーい。四季を通して楽しめますね。参考にさせて頂きますね」

    「絶対行ってみよう」との声も上がり、評判は上々のようだ。

    仁淀川の観光情報に詳しい仁淀ブルー観光協議会の担当者は21日、Jタウンネットの取材に、

    「ダムの名前については詳しくは分かりませんが、地元では一般的に『水晶淵の奥にある(上流にある)砂防ダム』と呼んでいます。水質のよさや水深があるので、どんどん色を反射していくのも魅力です。フレッシュな水がいつも流れています」

    と話した。

    「仁淀ブルーを見たいがどこに行けば?」といった問い合わせがあった際に、行く場所などをヒアリングした上でこちらの砂防ダムを紹介することもあるという。

    現状では新しく名前をつける予定もないとのことで、しばらくは水晶淵との関係でこの場所を指すことになりそうだ。

    「現地ガイドさんもいらっしゃいますので、ガイドさんから周辺の歴史を学びながら、付近も散策していただければ」(担当者)

    一度は目に焼き付けておきたい仁淀ブルー。ぜひ高知に訪れた際には圧倒的な美しさを誇る「名無しの絶景スポット」を訪れていただきたい。

    2019年5月22日 11時0分 Jタウンネット
    http://news.livedoor.com/article/detail/16497138/

    画像
    no title


    ※動画はソースにて閲覧できます

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1558620000/

    【【高知】美しすぎる「仁淀ブルー」 高知人が全力プッシュする「名無しの絶景スポット」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/13(土) 20:58:46.64 ID:jQncEcdL9
    「ブリ、あるで」格安のブリ満喫

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20190413/8010004817.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    新鮮なブリを盛り放題で食べられたり格安で買ったりすることができるイベントが、高知県室戸市で開かれました。

    「ブリ、あるで」と銘打たれたこのイベントは、高知県室戸市沖合の定置網でブリの水揚げが多いこの時期に、たくさんの人にブリを食べてもらおうと初めて開かれました。
    会場の廃校小学校を活用した「むろと廃校水族館」には、イベント開始の1時間程前から100人以上の人が並ぶ盛況ぶりとなりました。

    人気の理由の1つが、ワンコイン500円で、おろしたての刺身をてんこもりに盛り放題の刺身定食。
    わずか30分で、用意された250人分の刺身が完売しました。
    そこで、急きょ750人分の刺身とごはん、アラ汁を用意し、こちらもほどなく完売となりました。

    また、体長1メートル、重さ8キロの新鮮なブリを3000円で買えるコーナーも
    大人気で、勢いよく次々に売れていました。

    さらに、ブリが当たる「リアルブリくじ」で見事ブリ1本を引き当てた25歳の看護師の女性は「一人暮らしなんです、どうしよう、でも一人で食べます。幸せです。刺身にして食べます。」とうれしそうに話していました。

    主催した、椎名大敷組合の橋本健組合長は「天気もよく、ブリもたくさん取れて本当によかった。これからもこうしたイベントで地域を盛り上げていきたいです」と話していました。

    04/13 18:07

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555156726/

    【格安の鰤満喫 500円で刺身をてんこもりに盛り放題の刺身定食や、8㌔の鰤を3000円で買えるコーナーも大人気・室戸】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/05(金) 02:49:47.94 ID:fHFZfe3w9
    高知県四万十町の酒造会社「無手無冠」が、町特産の栗と香り米を使った焼酎「しまんと地栗とかおり米」を商品化。四万十川流域素材のみで仕上げた。5日から同町や高知市で販売。

    https://www.kochinews.co.jp/article/266972/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554400187/

    【【高知】四万十町の栗とコメで焼酎を商品化「しまんと地栗とかおり米」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/10(日) 17:01:29.74 ID:fSHHLIXH9
    水揚げ後、競りのためサイズごとに分けられる初ガツオ(9日午前、中土佐町久礼)
    no title


    高岡郡中土佐町久礼の久礼漁協魚市場に9日、今季初のカツオ約700キロが並んだ。春の味覚を待っていた鮮魚商ら30人余りが集まり、威勢良く競りが行われた。
     
    久礼漁協所属の一本釣り漁船「中城丸」が約160キロ沖合で釣り上げた。魚体は4キロ前後が中心で、漁協担当者は「初ガツオは2キロあるかないかの型が多いので良いサイズ」と水揚げ増に期待していた。
     
    競りは午前6時半に始まり、町内外の鮮魚商らが真剣な表情で“吟味”し、次々と落札していた。市場近くの鮮魚店に持ち帰った店主は早速刺し身にし、「今年も味は上等」と喜んでいた。
     
     さっぱりした味わいが楽しめるこの時季のカツオ漁は例年、5月ごろにかけて最盛期を迎える。(早川健)
    https://www.kochinews.co.jp/article/259964/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552204889/

    【【高知県】初ガツオの季節到来 中土佐町市場に700キロ 「今年も味は上等」「良いサイズ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ