旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    愛媛県

    1: 名無しの旅人 2019/05/16(木) 06:52:11.72 ID:p5uaIpS/9
    英国発の世界最大のマーマレードのコンテスト「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会」が、全国有数のミカン産地、愛媛県八幡浜市で始まった。国内外から1614点のマーマレードが出品され、品質や技術を競う。英国から訪れた審査員からは、日本のかんきつの多様性に驚きの声が上がっている。19日までの期間中、ブース展示の他、マーマレード教室など多彩なイベントがあり、かんきつの6次産業化の振興やマーマレードの魅力を発信する。

    主催は市や県などでつくる同実行委員会。道の駅「みなとオアシス 八幡浜みなっと」や、同市保内町などを会場に展開する。大会は小規模生産者の育成や、歴史と技術の学習機会などをつくり、マーマレードの定着を目指す他、参加各国との親善を図る。英国大会の主催者のジェーン・ヘーゼル・マコッシュさんは「マーマレードを通じた、農家も含めた人とのつながりが重要だ」と訴えた。

    メインイベントのコンテストには、首都圏やかんきつの主要産地など42都道府県から、プロの部で341点、アマチュアの部で1273点の出品があった。海外からは、英国、フランスなど5カ国から集まった。

    出品物の展示会場には、温州ミカンやハッサク、「せとか」、ユズの他、ブラッドオレンジ、キンカンなど、さまざまなかんきつを使ったマーマレードが並んだ。英国から来た審査員の一人は「英国の大会ではあり得ない種類の多さ。香りや味の特徴がそれぞれ違っており、多様性を感じる」と評した。プロの部は18日、アマチュアの部は19日にそれぞれの受賞者が決まる。

    世界的な大会を地元から盛り上げるため、女性農業者も力が入る。地元の女性農業者らで組織するNPO法人みかんの花工房は、大会期間中に市内の小学校の給食に手作りのマーマレードを提供する。同法人の代表を務める矢野洋子さん(72)の園地で収穫した甘夏40キロを加工した。

    9日午前9時から10人が集まり、マーマレード作りを始めた。13~17日に市内の幼稚園と小・中学校の約3400人に給食として鶏肉のマーマレード煮とマフィンの2種類を提供する。甘夏を皮と果汁とじょうのうに分け、砂糖を入れながら煮詰めて糖度45に仕上げた。

    矢野さんは「これを機に、地元で取れたかんきつを使ったマーマレードを、子どもたちに味わってもらう機会が増えてほしい」と話した。
    <メモ> ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル

    英国のダルメインで2006年から始まったマーマレードの品評会。今年3月の第13回大会には、40カ国から3000点が集まった。オーストラリアでも過去に3度開かれているが、日本では初めて。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16460443/
    no title


    https://marmalade-festival.jp/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557957131/

    【【愛媛】マーマレード国際コンテスト、日本で初開催!ミカン、ハッサク、「せとか」、ユズ 豊富な種類 審査員驚き 国内外から1600点】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/14(日) 09:49:05.40 ID:3wlpW1rj9
    愛媛県は12日、「紅まどんな」(愛媛果試第28号)と「甘平」を掛け合わせて育成した新品種「かんきつ愛媛48号」の名称を「紅プリンセス」にすると発表した。2022年から苗木を配布する。当初は30ヘクタール分の面積に相当する3万本程度の苗木を確保し、市場への初出荷は25年を目指す。収穫量は200~250トンを見込む。県は「紅まどんな、甘平に並ぶ次世代のエースだ」と期待する。

    県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所が14年間かけて育成した。4月上旬に「かんきつ愛媛48号」の品種登録、「紅プリンセス」の商標登録を出願した。ゼリーのような食感と糖度14以上と濃厚な甘味が特徴。皮はむきやすく、じょうのう膜は薄くて柔らかく種子はほぼない。

    出荷時期は3、4月で、「紅まどんな」「甘平」から続く出荷リレーが整い、年末から春まで店頭に並ぶ。価格は「紅まどんな」「甘平」よりも高い水準を目指し、生産者の所得安定につなげる。苗木は県内だけの配布となる。

    同研究所は昨年7月の西日本豪雨で土砂災害などの被害を受けた。奇跡的に原母樹が残ったことで生産への道筋がついた。中村時広知事は同日の会見で「かんきつ王国の次の一手として、ブランド化を果たしたい」と決意を述べた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16309860/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555202945/

    【愛媛発 新かんきつ 甘味濃厚「紅プリンセス」 人気品種を交配 次世代エースに 紅まどんな×甘平】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/08/27(月) 22:18:39.15 ID:YMujwn3j0
    ・鯛飯がうまい
    ・家賃相場めっちゃ安い
    ・街がコンパクトにまとまっていて自転車あれば生活できる
    ・風俗も地方都市としては屈指の充実度
    ・坊っちゃん球場がある
    ・雨が少なく温暖な気候
    ・四国山地のおかげで台風でも被害が少ない

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1535375919/

    【【悲報】ワイ松山市民、全国のみんなに松山の良さを知ってもらいたくて咽び泣く 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/02/21(水) 13:27:50.09 ID:OmBE3CES0● BE:201615239-2BP(2000)
    ネコが多い島として有名な愛媛県大洲市の青島の住民は20日までに、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)や市の支援を受け、島の全てのネコの不妊・去勢を目指す方針を固めた。
    青島にはネコが約130匹すんでいるが、仮に全てのネコへの不妊・去勢手術が成功すれば、外部から新たに連れてこない限りは増えることはなく、将来的に減っていく。
    島のネコは島民でつくる「青島猫を見守る会」が世話しているが、青島の人口は13人(1月末現在)と少なく平均年齢も75歳以上と高いため、会は昨年7月、将来的な世話が難しいことを理由に、全てのネコの不妊・去勢に向けた支援を市に求めていた。
    会や市によると、手術は「どうぶつ基金」を介する獣医師らが渡航して行い、時期は未定という。
    市は獣医師の渡航・宿泊費用など約40万円を負担する方針で、経費を2018年度当初予算案に盛り込んだ。
    青島のネコは住民が発信した観光資源ではなく、テレビやインターネットの情報拡散で13年から人気が高まった。現在は世界中の人々が島へ見物に訪れる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-21001601-ehime-l38

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519187270/

    【ネコの島「青島」全匹に不妊・去勢手術 】の続きを読む

    このページのトップヘ