旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    愛媛県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/21(土) 01:51:26.64 ID:1WjRWXUz9
    20日は春分の日、3連休が始まりました。新型コロナウイルスへの不安が広がる中、3連休初日の県内の観光地は、どんな様子だったんでしょうか。

    青空が広がり、ぽかぽか陽気となった3連休初日。新型コロナウイルスの影響も心配される連休ですが、道後温泉はいつもと同じく観光客でにぎわっていました。

    富山からの観光客:「心配だからずっとマスクはしてますけど、ここに着いた途端とっちゃったね」
    埼玉からの観光客:「人が少ないのと、空気がこれだけきれいならいいんじゃないの、なんて」
    香川からの観光客:「道後温泉、ものすごく大きくて、中の温泉にも入れて、とても気持ち良かったです!!」「そんなに人ごみに行かずに温泉を楽しもうかなと思って来ました」

    名護谷希慧アナ:「いま、道後商店街を歩いています。マスクはつけていたり、いなかったり。外国人の姿はほとんどありませんが、一方で若い、学生さんが多いですね」
    商店街の人は:「若い大学生の方がいらっしゃるの、卒業旅行で」「だからね、全然お客さんいらっしゃらないわけじゃないのよ、若い方の町になってる今は」

    大阪からの観光客:「部活の卒業旅行で、みんなで楽しもうぜ、みたいな感じで」
    「韓国旅行とかも予定立ててたんですけどなくなったんで、せっかくやったら(旅行)行こうかなみたいな感じで」

    千葉からの観光客:「温泉最高でした、入りましたきのう」「ちょっと熱いですよね」「熱かったです」「手洗いうがいをしっかりして、普段より逆に健康になってます」

    地元の人は:「あったかい」「元気に遊ばせるのが一番いいかなと、子供らは」「どうしようかなと、県内をどこか行けたらいいかなと」

    また、しまなみ海道では、サイクリングで楽しむ大勢の人たちでにぎわいました。
    来島海峡大橋近くにあるサイクリングターミナル・サンライズ糸山では、レンタルが始まる午前8時には家族連れなどおよそ80人が列を作る盛況ぶりでした。

    利用者は:「神戸から来ました」(今日はどこまで走る予定?)「大三島まで」「外で遊べるっていうのもありますし、家族で行動する分には、周りの人に迷惑をかけないですむかなという部分がありますので」

    新型コロナウイルスの影響で、全国で外国人観光客が姿を消すなか、サンライズ糸山でも急激に減少。
    外国利用者の中でも最も多かった台湾からの人たちは、先月16日以降まったくいないということです。

    一方、この逆風を打ち消すかのような国内からの利用客は順調に伸びています。

    サンライズ糸山・川原賢二支配人:「2月単月に関しましても対前年(同月)比で120%ということで多いんですよ。3月に入りましても18日現在で対前年(同期)比で125%と」
    「(サイクリングは)アウトドアのレジャーということで密閉された部分でのレジャーじゃないということで」

    サンライズ糸山を出発した人たちは、青空のもと、しまなみ海道の景色とサイクリングを満喫していました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000004-ebc-l38
    3/20(金) 19:00配信

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584723086/

    【【愛媛】道後温泉にしまなみ海道 3連休初日の観光地は?「心配だからずっとマスクはしてますけど、ここに着いた途端とっちゃったね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/02/11(火) 16:54:33.52 ID:1sO0tyqd9
    https://news.livedoor.com/article/detail/17797483/
    no title

    ヨーロッパなどで人気の宮殿や古城などに滞在する宿泊プランが、ついに日本にも誕生。しかも、寝泊りするのは、お城のなかでももっとも高い場所に位置する「天守閣」──。

    そんな夢のような宿泊プランを4月24日より実施するのは、愛媛県にある「大洲城」。鎌倉時代に建造されたこのお城は、明治のころ、老朽化を理由に天守閣を廃城したものの、地元の有志によって木造建築として復活。宿泊施設としての活用することとなった。

    ちなみに初年度となる2020年は30泊30組限定で、気になる価格は2名1泊で100万円。

    たしかに、ちょっと(?)お高い設定ながら、その内容は豪華そのもの。甲冑や着物に身を包み、鉄砲隊や馬を率いて城に入る「1617 加藤貞泰の入場」体験を皮切りに、雅楽をはじめとした伝統芸能の観賞、優雅な夕食をはさんでの月見体験など、ここでしか味わえないラインナップがずらり。

    当プランは、愛媛県大洲市の町家や民家などの歴史的資源を有効的に活用し、観光産業を確立する目的のもと立案されたもの。

    古きを訪ねて新しきを知る──。天守閣の窓の外には、未体験の世界が広がっているはず。内容も眺めもお値段も殿様気分のこんなプラン、いかが?

    『大洲城 キャッスルステイ』
    【所在地】?洲城 愛媛県?洲市?洲903番
    【料金】2名1泊 100万円
    【URL】https://www.ozucastle.com/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1581407673/

    【【愛媛】名城・大洲城の「天守閣」に泊まれる宿泊プランがあるって知ってた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/19(日) 01:13:58.07 ID:MmUeLNL+9
    “愛媛県では水道の蛇口からみかんジュースが出る”という県外でささやかれるうわさ話にちなんで、「みかんジュースの出る蛇口」が松山市のデパートに登場し、訪れた人たちの人気を集めています。

    この蛇口が登場したのは、生産量全国一の愛媛産のかんきつ類の消費拡大を目指して、愛媛県や農協などが松山市のデパートで開いた「えひめみかん祭り」の会場です。

    愛媛県産のかんきつ類およそ30種類が市価より安く販売される中、本物のみかんジュースが出る蛇口も登場しました。

    蛇口は「みかんの産地・愛媛県では、水道の蛇口からみかんジュースが出る」という県外でささやかれるうわさ話にちなんで設けられたもので、誰でも無料でコップに注いで飲むことができ、とおりかかった家族連れなどが、驚きながら蛇口をひねってジュースを注ぎ味わっていました。

    蛇口から出るジュースを飲んだ兵庫県の30代の女性は「こんな蛇口があるのかとびっくりした。大阪にあったらすごく受けると思う」となどと話していました。

    「えひめみかん祭り」は、松山市のデパート「いよてつ高島屋」で19日まで開かれています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250361000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_039

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579364038/

    【【愛媛】水道の蛇口からみかんジュースが出る 松山市のデパートに登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/01(水) 21:30:31.61 ID:JS3gMRV49
    漁船のスクリューに絡みついたり、日光を遮り、他の藻類の成長を妨げる“海の厄介者”とされる「アカモク」。このほど、石丸製麺と愛媛県漁業協同組合連合会がコラボして「アカモクうどん」(オープン価格)を商品化した。

    11月から「セブンイレブンKiosk高松銘品館」や石丸製麺本社で販売し、愛媛県内の道の駅やスーパーマーケットに拡大し、将来的には全国百貨店や高級スーパーなどにも展開したい考えだ。

    アカモクはこれまで厄介者とされ西日本では食用にされることはなくほとんどが遺棄されていた。だが近年、その健康効果に注目が集まっている。ネバネバ成分「フコイダン」は、食物繊維の仲間で、摂取することで、コレステロールや中性脂肪の元になり得る脂肪などを吸着して体外に排出する働きがあるとされる。

    また、海藻類の中ではアカモクの食物繊維の含有量は群を抜いて高い。もう一つの注目成分「フコキサンチン」は脂肪燃焼の作用が認められている。アカモクは他の海藻類と比較しても突出して多くの「フコキサンチン」を含んでいる。

    石丸製麺は「創造的な『融業』で新市場へ」をコンセプトに、地域の特産品(農産品・海産物など)の粉末4~5%を練り込み、手打ち式製法で「新機軸のうどん」を製造し地域振興につなげている。「茶うどん(高瀬茶)」などを中心に昆布、ゴボウ、レンコン、大麦若葉など多くの商品を世に送り出している。

    農林中央金庫が成長産業化推進の取組みとして両者をマッチングして実現。同漁連が販売・卸を担い、現在は土産商材にとどまるが、問屋筋にアプローチしスーパーやホテル業界への販路開拓を目指す。

    「アカモクや愛媛県のPRにつなげるためにも、全国に流通可能な保存性の利く商品にしないといけない。海外だって狙える。賞味期間1年と長いうどんは、有効な選択肢の一つ」(石丸芳樹社長)と話す。

    オリジナル練り込み麺は小麦粉以外のアレルゲンを除去した素材であれば製麺可能だが「『単に練り込みました』ではただの色のついたうどんになってしまう。風味が出たり、風味や食感が良くなる素材のほうが成功しやすい」(同)と話す。今後もこうした取組みを進めて、各地の産物を通じて地域振興に貢献していく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00010000-nissyoku-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577881831/

    【「海の厄介者」で地域振興!愛媛でアカモクうどんを商品化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/11/29(金) 18:45:23.91 ID:fyq+bLUX0NIKU
    広島旅行ワイ「なんやこれ…ワイは海外にでも来たんか……」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1575020723/

    【ワイ宇和島出身「はえ~松山はやっぱ都会やな~」 】の続きを読む

    このページのトップヘ