旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    広島県

    1: 名無しの旅人 2019/09/14(土) 03:55:09.88 ID:h8I/7MRO0● BE:842343564-2BP(2000)
    白いカキフライ、広島県が発案 白さの謎は
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000081-asahi-soci

    no title

    広島を世界一おいしくカキが食べられる街へ――。そんな目標を掲げる広島県は12日、油やパン粉、揚げ方などにこだわった新しいカキ料理「白いカキフライ」を開発したと発表した。11月上旬ごろから、広島市内の飲食店などで食べられるという。

    【写真】広島県が開発した白いカキフライを食べる湯崎英彦知事=2019年9月12日午前、広島県庁、松島研人撮影

    生でも食べられる新鮮なカキを生パン粉で包み、ラードで揚げた。一般的なカキフライが約180度の油で揚げるのに対し、約130度の低温で数分かけてじっくり揚げることで、真っ白な衣に仕上がるという。

    広島はカキの生産量と1人当たり消費量がともにダントツの全国1位。
    だが県の調査によると、広島を訪れる観光客の62・3%は「カキを食べることを楽しみにしている」のに対し、「観光客にカキを最もおすすめする」と答えた県内在住の人は1・7%にとどまる。県はカキの魅力を県民に再認識してもらい、観光客に広めてもらおうと、カキを使った新たな看板メニューの開発に乗り出した。

    県が主導し、料理人やカキ生産者らで立ち上げたチーム「牡蠣(かき)食う研」が開発に着手。素材や揚げ方にこだわった新しいカキフライを開発した。

    試食した湯崎英彦知事は「かんだ瞬間に海の香りが広がった。はじめて食べる味」と驚いた様子。「広島が観光客に自信を持っておすすめできるカキ料理として浸透してほしい」と期待を寄せた。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568400909/

    【白いカキフライの秘密は? 広島県が発案 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/08/29(木) 15:41:50.91 ID:RjStuyhv9
    宮島「入島税」本格検討 2021年導入か
    8/29(木) 12:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00341800-rccv-l34

    世界遺産の島・宮島で「入島税」の導入を本格的に検討するため、廿日市市は来月1日付けで専門の部署を新たに設けます。
    宮島は年間400万人以上が訪れる国内有数の観光地ですが、文化財や自然の保護、観光客の受け入れ態勢の整備が課題となっています。
    廿日市市はこうした課題に対応する新たな財源として、宮島に入る観光客などを対象とした「入島税」の導入を本格的に検討することになり、来月1日付けで専門部署の「推進室」を新たに設けます。
    廿日市市は、フェリーの乗客や宮島航路の船舶に課税する案などを軸に、1人100円から数百円程度で課税額を調整するほか、徴収コスト削減のためキャッシュレス決済の活用も検討します。
    宮島の入島税は早ければ2021年4月から導入される見通しです。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567060910/

    【【広島】宮島「入島税」本格検討 2021年導入か 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/31(水) 14:27:03.80 ID:Pe3VfGZR9
    広島県府中市元町のみそ蔵「本家中村屋」が、みそを製氷器に入れて凍らせた「みそ氷」の販売を始めた。ひんやりとした舌触りで手軽に塩分と水分を補給できるとして、熱中症対策に薦めている。

    気温の上昇とともに高まる熱中症のリスク低減につながればと考案。約400年の歴史を持つ伝統産業「府中味噌(みそ)」のPRにもなると、中村公一郎社長(72)が約3カ月間味見を繰り返して開発した。

    商品は赤と白の合わせみそにリンゴ酢と蜂蜜、すり下ろしたタマネギを混ぜ込んだ。1個あたり150ミリリットルほどの水に溶かせば、さっぱりした味わいのスープのように飲むことができる。中村社長は「溶かすだけなので手軽に飲めて熱中症予防にもなる。朝の一品におすすめです」と話している。

    1セット21個入りで2100円。店頭販売のほか、郵送でも購入できる。

    毎日新聞2019年7月31日 13時00分(最終更新 7月31日 13時12分)
    https://mainichi.jp/articles/20190731/k00/00m/040/129000c
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564550823/

    【【広島】みそ蔵が熱中症対策に「みそ氷」 ひんやり、手軽に塩分  】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/28(日) 21:00:00.02 ID:WIoaMCMF9
    広島銘菓の定番「もみじ饅頭」が、自販機になっていた――。

    2019年6月下旬、広島・宮島を仕事で訪れていた記者。取材中に喉が渇いたので、自動販売機で飲み物を買おうと思ったら、見慣れない物体が。それが、こちらの「もみじ饅頭自販機」だった。

    もみじ饅頭は小箱に入っていて、2個入りが200円、3個入りが300円。いずれも、1個あたり100円だ。抹茶やレアチーズ、瀬戸内レモンなど、さまざまなバリエーションが用意されている。

    ■地元の人に手に取ってもらいたい

    自販機のもみじ饅頭は、つめた~く冷やされているのが特徴だ。温かいできたてもオイシイが、これはこれで別のおいしさ。夏の食べる歩きにピッタリだろう。

    ところで、なぜもみじ饅頭を自販機で売ろうと考えたのか。その理由について、7月18日放送の「みみよりライブ」(広島ホームテレビ)が取り上げていた。

    番組では、販売元の紅葉堂を取材。これに店長は、

    「元々はもみじ饅頭というと、お土産の印象が強かったんですが、広島県内の方にも親しみやすく手に取ってもらえる方法を考えて、自販機を設置しました」

    と説明していた。

    おそらく世界初となるもみじ饅頭の自販機。この自販機は2月から島内の3か所に設置されているそうだ。

    2019年7月28日 12時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/16843040/

    画像
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564315200/

    【【広島】宮島に「もみじ饅頭」の自販機が爆誕していた!1個100円、食べ歩きにピッタリ】の続きを読む

    このページのトップヘ