旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    広島県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/11/04(月) 23:21:12.42 ID:OHjVsAbJ9
    [みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2019年10月22日放送「5up!NEWS」のコーナーでは、「ウサギの島」として知られる大久野島について紹介していました。

    沢山のウサギが生息することで人気の観光地となっている大久野島。しかし今、ウサギを取り巻く環境が変わり、様々な問題が起きているということです。

    ウサギの生態に異変が

    観光客のエサやりで...
    たくさんのウサギが生息する大久野島。国内外から多くの観光客が訪れる、人気の観光地です。
    2013年頃から、SNSなどで話題となり、観光客が急増。しかし、観光客が増えたことにより、島を取り巻く環境に様々な問題が起きています。

    耳がちぎれてケガをしているウサギなど、ケガをしているウサギが島にはたくさんいます。

    その一因となっているのが、個体数の増加によるなわばり争いの激化。島を管理している環境省によると、ウサギはなわばり意識が強く、特にオス同士は相性が悪いと死ぬまで喧嘩したり、気性が荒いところもあるということです。

    これまで700匹ほどだったウサギは、1000匹に増加しています。

    ここまで急速に繁殖した原因は、観光客によるエサやり。

    観光客は、ウサギと触れ合うことを楽しみに島を訪れています。しかし、島内ではエサは売られていないため、観光客は自分で持ってきています。

    環境省は、エサやりに関して、自然な状態が望ましいとして推奨はしていないものの、禁止にはしていません。

    大久野島のホームページを見てみると、お菓子やパンを食べさせないで、という注意書きはあるものの、エサの種類や量に、明確な規定はありません。

    エサやりの明確な規定がない大久野島では、観光客がエサを持ってくるものの、多すぎて食べきれないのが現状。

    エサが残されることにより、イノシシやカラスといった害獣も増加し、動物の間で病気が蔓延したり、子ウサギが襲われるなど、命の危機もあります。きちんと世話をする人がおらず、島の生態系のバランスは崩れる一方。

    環境省も、これまでの方針を変えていく意向を示していますが、解決の糸口はまだ見つかっていません。

    ウサギが幸せに暮らせる環境を作ることが課題ですね。

    2019年11月4日 6時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17330093/

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1572877272/

    【【地域】広島「ウサギの島」に異変 観光客の迷惑行為で崩れる生態系 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Preparation_of_okonomiyaki_in_shimo_kitazawa_02

    1: 名無しの旅人 2019/10/29(火) 14:57:01.08 ID:t9KLcYYQ0NIKU
    麺と生地が別れて食べづらいな

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1572328621/

    【「広島風お好み焼き」を初めて食べたんだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Momiji_Manju_Hiroshima

    1: 名無しの旅人 19/09/10(火)14:19:13 ID:Ggi
    達人ワイ「がんす!川通り餅!洋酒ケーキ!」

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1568092753/

    【広島土産といえば? 一般人「もみじ饅頭」にわか「はっさくゼリー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/09/14(土) 03:55:09.88 ID:h8I/7MRO0● BE:842343564-2BP(2000)
    白いカキフライ、広島県が発案 白さの謎は
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000081-asahi-soci

    no title

    広島を世界一おいしくカキが食べられる街へ――。そんな目標を掲げる広島県は12日、油やパン粉、揚げ方などにこだわった新しいカキ料理「白いカキフライ」を開発したと発表した。11月上旬ごろから、広島市内の飲食店などで食べられるという。

    【写真】広島県が開発した白いカキフライを食べる湯崎英彦知事=2019年9月12日午前、広島県庁、松島研人撮影

    生でも食べられる新鮮なカキを生パン粉で包み、ラードで揚げた。一般的なカキフライが約180度の油で揚げるのに対し、約130度の低温で数分かけてじっくり揚げることで、真っ白な衣に仕上がるという。

    広島はカキの生産量と1人当たり消費量がともにダントツの全国1位。
    だが県の調査によると、広島を訪れる観光客の62・3%は「カキを食べることを楽しみにしている」のに対し、「観光客にカキを最もおすすめする」と答えた県内在住の人は1・7%にとどまる。県はカキの魅力を県民に再認識してもらい、観光客に広めてもらおうと、カキを使った新たな看板メニューの開発に乗り出した。

    県が主導し、料理人やカキ生産者らで立ち上げたチーム「牡蠣(かき)食う研」が開発に着手。素材や揚げ方にこだわった新しいカキフライを開発した。

    試食した湯崎英彦知事は「かんだ瞬間に海の香りが広がった。はじめて食べる味」と驚いた様子。「広島が観光客に自信を持っておすすめできるカキ料理として浸透してほしい」と期待を寄せた。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568400909/

    【白いカキフライの秘密は? 広島県が発案 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/08/29(木) 15:41:50.91 ID:RjStuyhv9
    宮島「入島税」本格検討 2021年導入か
    8/29(木) 12:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00341800-rccv-l34

    世界遺産の島・宮島で「入島税」の導入を本格的に検討するため、廿日市市は来月1日付けで専門の部署を新たに設けます。
    宮島は年間400万人以上が訪れる国内有数の観光地ですが、文化財や自然の保護、観光客の受け入れ態勢の整備が課題となっています。
    廿日市市はこうした課題に対応する新たな財源として、宮島に入る観光客などを対象とした「入島税」の導入を本格的に検討することになり、来月1日付けで専門部署の「推進室」を新たに設けます。
    廿日市市は、フェリーの乗客や宮島航路の船舶に課税する案などを軸に、1人100円から数百円程度で課税額を調整するほか、徴収コスト削減のためキャッシュレス決済の活用も検討します。
    宮島の入島税は早ければ2021年4月から導入される見通しです。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567060910/

    【【広島】宮島「入島税」本格検討 2021年導入か 】の続きを読む

    このページのトップヘ