旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    岡山県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/15(金) 20:11:08.31 ID:fC34u6vf9
    岡山電気軌道「おかでんチャギントン」キャラクターを観光電車に
    2019/03/15 19:31:00
    https://news.mynavi.jp/article/20190315-787106/

    岡山電気軌道は、フルCGアニメ『GO! GO! チャギントン』のキャラクターを実車化した都市型エンターテインメント観光電車「おかでんチャギントン」の運行を3月16日から開始する。

    no title

    「おかでんチャギントン」は3月16日から運行開始する予定

    「おかでんチャギントン」は、岡山電気軌道が路面電車を1912年に運行開始して以来、初の観光車両事業となる。車内の仕様は、豪華観光列車「ななつ星 in 九州」を筆頭に多くの車両デザインを手がけた水戸岡鋭治氏がデザインしており、水戸岡氏が既存のキャラクターにデザインを施したのも今回が初とのこと。

    運行経路は、岡山駅前発・東山おかでんミュージアム駅着と、東山おかでんミュージアム駅発・岡山駅前着の2パターンあり、それぞれ所要時間は約50分。車内にはナビゲーターが乗り込み、乗車・誘導の案内のほか、車内イベントを展開する。

    no title

    no title

    「おかでんチャギントン」の車内
    no title

    おかでんミュージアム

    料金は電車運賃と電車設備利用料・おかでんミュージアム入館料・岡山電気軌道の路面電車1日乗車券・乗車記念品を合計した額とされ、平日は大人(中学生以上)3,400円・小人(1歳から小学生まで)1,900円、土日祝日および春休み・夏休み・冬休み期間は大人3,500円・小人2,000円となっている。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552648268/

    【【鉄道】岡山電気軌道、初の観光車両事業「おかでんチャギントン」 16日運行開始・車内イベントも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2018/11/08(木)17:40:13 ID:m86
    なんもない田舎

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541666412/

    【「岡山県」とかいうなんの取り柄もない都道府県wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    japan_character6_chuugoku3_okayama

    1: 名無しの旅人 2019/01/09(水) 20:45:52.27 ID:5PHomGQha
    はい

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547034352/

    【「岡山市」に転勤するワイに岡山の良い所を教えてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2018/12/19(水) 01:23:18.61 ID:CAP_USER9
    新見 キャビアの生産盛ん

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20181218/4020001917.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    年末商戦に向けて新見市で高級食材「キャビア」の生産が盛んに行われています。

    新見市では7年前に地元の漁協がキャビアの生産を始め、今は市内の水産加工会社に事業が引き継がれています。
    水温が下がると卵の成熟が進むことからキャビアの生産は秋から春先にかけて行われるということで、年末商戦に向けたキャビアの生産は今ピークを迎えています。

    スタッフは生後7年以上がたった個体の中から卵が十分に成熟しているチョウザメを選ぶと、調理室に運び、ナイフやはさみを使って黒く光る卵を丁寧に取り出していました。
    そして、不純物を取り除いたり塩と混ぜ合わせたりしたあと、瓶に詰めてキャビアとして出荷する準備を整えていました。

    この会社のキャビアは10グラム入りと30グラム入りの2種類があり、30グラム入りは1瓶が1万6200円で販売されるということです。

    キャビアの生産は来年3月まで行われる予定で、飯田光俊製造・販売課長は
    「去年以上に粒がそろい、色つやのよいキャビアに仕上がっています。お歳暮や正月料理などとして『新見のキャビア』をぜひ味わってほしいです」と話していました。

    12/18 19:01

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1545150198/

    【【岡山県】新見、キャビアの生産盛ん 末端価格は30g入り1瓶1万6200円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2018/05/31(木) 21:39:41.44 ID:mVNuqBnT0.net
    悲しいなあ

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1527770381/

    【「岡山」と言われて有名な観光場所を思い出せるヤツ0人説】の続きを読む

    このページのトップヘ