旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    岡山県

    1: 名無しの旅人 2019/08/08(木) 14:57:00.48 ID:TOK/X+C89
    ひねれば桃ジュースが流れ出す蛇口が、岡山市北区表町1丁目に登場した。県産品を販売する「晴れの国おかやま館」に設置されたもので、夏だけのお楽しみだ。

    「蛇口」は昨夏の県産果物PRキャンペーンでデビュー。JR岡山駅前などで活躍した。今年はおかやま館に場を移した。販売されるジュースは県産の桃を使っており、果汁40%。同館によると、濃度を高めると管が詰まってしまうため抑えているという。

    1杯380円。25日までの土、日曜日と祝日に設置される。販売時間は午前11時~午後5時だが、無くなり次第終了する。(菅野みゆき)

    朝日新聞社
    8/8(木) 14:23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000053-asahi-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565243820/

    【【岡山】蛇口ひねれば県産の桃ジュース あえての果汁40% 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/07/26(金) 07:49:34.25 ID:Ye8ExFBw9
    サターンVロケットや隕石など 宇宙ファンのコレクションを集めた「アポロ展」 岡山市

    人類が初めて月に降り立ってから50年です。岡山市で宇宙ファンのコレクションを集めたアポロ展が開かれています。

    (記者)
    「展示室の中を歩いていくと、こちら宇宙服のフィギュアにその下は当時の新聞。実はこれら、各家庭で眠っていたものなんです」

    人と科学の未来館サイピアで、アポロ11号の月面着陸50周年を記念した企画展が開かれています。施設の職員や研究者らの個人コレクションが約100点集まっています。

    (人と科学の未来館サイピア/武市昌之 統括責任者)
    「見ていただければ分かるんですけれども手作り感ばっちりですので、手作り感の中で50年前にアポロが月に行ったということをですね実感していただければありがたいなと思います」

    アポロ計画などで使われたサターンVロケットは、昨年の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町のプラモデル店にあったもので泥を落として組み立てました。

    月の隕石なども展示されているこの企画展は、9月29日まで開かれています。

    no title

    https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/14261
    07月25日 18:15 KSB

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564094974/

    【【岡山】サターンVロケットや隕石など 宇宙ファンのコレクションが約100点を集めた「アポロ展」 ※9月29日まで】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/27(水) 01:30:34.13 ID:aaJvg5LJ0
    広島やったらいろいろあったのに…

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553617834/

    【【悲報】ワイ埼玉民、出張で岡山行くことになったけど観光するとこがなくて絶望】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/26(日) 11:52:26.12 ID:r+nr+1+80 BE:592048191-PLT(13345)
    路面電車の乗り入れを含めた「岡山駅前広場」の再整備計画で、岡山市の大森市長は工事費が概算で43億円が見込まれ、令和4年度中の完成を目指すことを明らかにしました。

    岡山市ではJR岡山駅を訪れた人に路面電車などを活用してもらい、市内の活性化につなげようと、駅の東側にある「岡山駅前広場」に路面電車を乗り入れることを検討しています。
    岡山市役所で大森市長や岡山電気軌道、JR西日本、商工会議所などが出席して検討会の会議が24日に開かれ、大森市長が路面電車の乗り入れを含めた「岡山駅前広場」の再整備計画について明らかにしました。
    それによりますと、概算の工事費は駅前広場の整備に29億円、路面電車の乗り入れに10億円、それに交差点の改良に4億円のあわせて43億円を見込んでいます。
    完成は3年後の令和4年度中を目指すとしています。
    また、デザインを手がけた建築家の弥田俊男さんが、広場は岡山を代表する観光地、後楽園に見立てていることや、県産の木や石を使って「岡山らしさ」を感じられるようにすることなど、デザインのコンセプトを説明しました。
    岡山市では今後、詳細設計を進め、来年度中の着工を目指すということです。
    検討会の座長を務める岡山大学の阿部宏史教授は「駅前に立った時に岡山らしさを感じられ、町なかの回遊性の向上につながるような利便性の高い駅前広場になることを期待している」と話していました。
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20190524/4020002828.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558839146/

    【【大都会岡山】駅前に立った時に岡山らしさを感じられる岡山駅前 整備へ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/15(金) 20:11:08.31 ID:fC34u6vf9
    岡山電気軌道「おかでんチャギントン」キャラクターを観光電車に
    2019/03/15 19:31:00
    https://news.mynavi.jp/article/20190315-787106/

    岡山電気軌道は、フルCGアニメ『GO! GO! チャギントン』のキャラクターを実車化した都市型エンターテインメント観光電車「おかでんチャギントン」の運行を3月16日から開始する。

    no title

    「おかでんチャギントン」は3月16日から運行開始する予定

    「おかでんチャギントン」は、岡山電気軌道が路面電車を1912年に運行開始して以来、初の観光車両事業となる。車内の仕様は、豪華観光列車「ななつ星 in 九州」を筆頭に多くの車両デザインを手がけた水戸岡鋭治氏がデザインしており、水戸岡氏が既存のキャラクターにデザインを施したのも今回が初とのこと。

    運行経路は、岡山駅前発・東山おかでんミュージアム駅着と、東山おかでんミュージアム駅発・岡山駅前着の2パターンあり、それぞれ所要時間は約50分。車内にはナビゲーターが乗り込み、乗車・誘導の案内のほか、車内イベントを展開する。

    no title

    no title

    「おかでんチャギントン」の車内
    no title

    おかでんミュージアム

    料金は電車運賃と電車設備利用料・おかでんミュージアム入館料・岡山電気軌道の路面電車1日乗車券・乗車記念品を合計した額とされ、平日は大人(中学生以上)3,400円・小人(1歳から小学生まで)1,900円、土日祝日および春休み・夏休み・冬休み期間は大人3,500円・小人2,000円となっている。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552648268/

    【【鉄道】岡山電気軌道、初の観光車両事業「おかでんチャギントン」 16日運行開始・車内イベントも 】の続きを読む

    このページのトップヘ