旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    奈良県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/07/17(金) 22:12:11.98 ID:+HeMSpGh0
    言われてみれば思いつかんな

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1594991531/

    【奈良県、「奈良の大仏」しか有名な観光地が無いことが判明…………】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-Kawaradera_ruins_illuminated

    1: 名無しの旅人 2020/08/07(金) 23:06:41.02 ID:FJ4jaqf4p
    奈良公園と平城京以外なんかないんか?
    ちな奈良駅近くのホテルに泊まってて今カスうどん食べてる

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1596809201/

    【奈良に旅行に来てるんだが案外見るとこない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/14(土) 17:32:33.84 ID:y4bigUnX9
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、奈良市の奈良公園周辺の観光も大きな打撃を受けている。近年、訪日外国人(インバウンド)の増加もあり交通渋滞が深刻になるほどにぎわいを見せていたが、現場を歩くと活気は雲散霧消していた。

    6日昼過ぎ、奈良公園周辺は観光客の姿はまばらだった。奈良国立博物館や奈良県立美術館は臨時休館。観光バスは少なく、毎日のように見かけた鹿せんべいを与える観光客の姿も無い。人よりも鹿の数が多いという印象だ。

    国の天然記念物「奈良のシカ」の餌となる「鹿せんべい」を生産する市内の会社。男性社長は「一日でも早く収束してもらわなしんどいな」とため息をついた。同社では、1月下旬以降、売り上げは8割も減った。生産を抑えるため、通常午後5時まで勤務のパート従業員には正午で帰ってもらっている。社長は「長期化すれば従業員の生活にまで影響が出てしまう」と危機感を強める。

    東大寺や春日大社へ向かう参道も観光客の姿は普段より少ない。3日に大津市から訪れていた自営業、村山壮一さん(62)は当初、3日間奈良市内のホテルに滞在する予定だったが、日帰りに変更したという。「屋外より、人が集まる屋内の方が感染の危険があるのではと恐れてしまう。なるべく建物には入らない旅をと考えた結果、ホテルはキャンセルした」。一方で別の埼玉県の男性(32)は「人が少ないから、感染予防さえしっかりすれば逆にゆっくり観光できる」と、あえて旅行するメリットを強調していた

    宿泊施設は厳しい。県旅館・ホテル生活衛生同業組合の2月14日時点の調査では、回答があった38施設で計1万6223人の宿泊キャンセルがあり、キャンセル額は約1億3000万円に上った。その後も客足が回復するめどは立っていない。

    昔ながらの町並みが残り、観光客にも人気の「ならまち」エリア。簡易宿泊施設「Tarbo’s House Naramachi」(奈良市納院町)を訪ねると、部屋の机の上にはマスクが置いてあった。

    市内でこの施設を含む八つの簡易宿泊施設を経営する「ショートライン」(金児崇行代表)は、2月中旬から宿泊者に少しでも安心してもらおうとマスクを提供するサービスを実施している(一部施設では6日時点で在庫切れ)。ただ現状は厳しく、1月下旬から毎日のようにキャンセルの連絡があり、2月は例年の5分の1の売り上げだった。金児代表は「今は事態が収まるのを待つしかない」と話した。

    飲食店では客の年代層により、影響に差が出ているという。ならまちで複数の飲食店を経営する奈良漬けの老舗「あしびや本舗」によると、若者客が中心のガレットとクレープの専門店「&NARA」(同市高御門町)には客足に大きな影響は出ていないが、高齢の客が多い和食店「奈良町 あしびの郷」(同市脇戸町)は、前年比で2月の売り上げが5割減だった。

    同社の西田素心(そしん)専務取締役は「感染した時のリスクの大きさを考え、高齢者の観光客が極端に減ってしまったのでは」と見る。事態打開につなげようと、経営する各店では、希望する客に業務用のマスクを提供している。西田専務は「手に入らず困っている方も多いので、お客様への恩返しの気持ち。安心して観光してもらうための手立てを今後も考えていきたい」と話していた。【加藤佑輔】
    https://mainichi.jp/articles/20200306/k00/00m/040/207000c

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584174753/

    【奈良「助けて!鹿せんべいの売上が8割減なの・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/02/19(水) 17:08:18.04 ID:Pke/F27X
    2020年2月19日 06:00

    お弁当を持ってくるときは必ず「おにぎり」にしてください――

    ある幼稚園で配られた遠足のプリントに、こんな注意書きがあったというツイートが話題を呼んでいる。

    投稿したのはツイッターユーザーの天野慶さん(@utataneko57577)。最初はおにぎりにする理由が分からず、「キャラ弁とか力入れちゃうママがいて、わたしもあれがよかったー!とか羨ましがる騒動でもあったのかな...」と思っていたという。

    しかし実際は違った。

    当時、天野さんは奈良市内の幼稚園に子供を通わせており、遠足の行き先は同市にある奈良公園だった。そこで予想されるのが、広げたお弁当に寄ってくるたくさんの「シカ」たち――「弁当だとシカに襲われたときすぐに逃げられないから」というのが、おにぎりを持たせる理由だったようだ。

    実際に食べられてしまう人も

    まさに奈良ならではのライフハック。天野さんがこれを「ナラ・ライフハック」として2020年2月14日に投稿したところ、18日までに2万件以上のリツイートを獲得している。

    Jタウンネットは2月18日、天野さんに詳しい話を聞いた。

    天野さんは奈良には現在住んでおらず、今回投稿したのは7年ほど前にあった話。天野さんの子供が通う幼稚園では、春の遠足は奈良公園と決まっていた。話題になった注意書きがされたプリントは子供が通っていた3年間の間、毎年配られていたという。

    幼稚園のプリントには「おにぎりにしてください」とだけ書かれており、天野さんがその理由を知ったのは遠足のあと。ゆっくりお弁当を食べる暇もないとは、奈良の遠足サバイバルすぎる...。他県民の中にはこの呼びかけを「大げさすぎる」と思う人もいるかもしれないが、全くそんなことはない。

    天野さんは遠足から帰った子供たちから、このような話を聞いたという。

    「よそのひとたちはすわって食べようとして、シカにおそわれていた」

    つまりおにぎりを持たせるよう呼び掛けた幼稚園側の判断は正しかったということ。奈良県民にとっては公園などでシカに襲われることは想定の範囲内なのだ。

    天野さん自身もシカに襲われたことがあるといい、

    「奈良に住んでいた時、よく奈良公園へ行って鹿せんべいを上げていたのですが、鹿せんべいを買ったとたんに複数でタックルされたり、鹿せんべいを持った子どもを追いかけまわされたり、散々襲われました!」

    と当時を振り返る。

    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/301726.html?p=all

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1582099698/

    【【奈良】 遠足のお弁当「必ずオニギリにしてください」 奈良の幼稚園が注意喚起→その理由が納得すぎた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/23(木) 11:10:21.29 ID:FlVvI1TJ9
    熊野古道 荷物運びはタクシーで

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200122/2050003677.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    世界遺産・熊野古道を訪れる人たちに身軽に旅行を楽しんでもらおうと、十津川村のタクシー会社が荷物の搬送サービスを始めました。

    奈良県や和歌山県などにまたがる熊野古道は、平成16年に世界遺産に登録されて以降、海外からも多くの旅行者が訪れていますが、険しい道も多く、大きな荷物を持って歩くのは難しいルートです。
    そこで、熊野古道の一部で「小辺路」というルートが通る十津川村のタクシー会社が、荷物を次の宿泊地まで運ぶサービスを始めました。

    対象となるのは、十津川村と野迫川村、それに和歌山県の新宮市などの宿泊施設から出発した旅行者で次の宿泊場所が決まっていることが条件です。
    料金は荷物の量や目的地までの距離に応じますが、例えば、十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円からとなっています。

    タクシーは原則、荷物だけを運ぶことは認められていませんが、3年前に国の規制が緩和され、過疎化の進む地域では認可を受ければ運べるようになりました。

    事業を始めた三光タクシーは「このサービスで身軽に熊野古道を楽しんでほしい」と話しています。

    01/22 19:49

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579745421/

    【熊野古道でタクシーが荷物だけを運ぶサーヴィス開始!十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円~】の続きを読む

    このページのトップヘ