旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    兵庫県

    1: 名無しの旅人 2019/02/15(金) 19:31:33.37 ID:SoHadSw6
    2019/2/14 07:00神戸新聞NEXT

    兵庫県の2018年の人口動態は1万9107人減となり、阪神・淡路大震災後、最大の減少幅になったことが13日、県への取材で分かった。少子高齢化に伴う自然減などの影響で、県内人口は9年連続で減少。転出者が転入者を上回る「転出超過」も続いており、東京や大阪への人口流出に歯止めが掛かっていない状況が浮き彫りになった。

    平成に入ってからの県内人口は、震災のあった1995年に12万人減となったが、その後は右肩上がりで増加。ピーク期の2010年(1月1日時点)には559万人に達した。しかし、11年以降は減少に転じ、18年は17年(1万7078人減)から減少幅をさらに拡大し、19年1月1日時点の推計人口は548万1509人となった。

    県統計課によると、減少数の9割は死亡者が出生者を上回る自然減によるもので、17年比で出生者が約2千人減少。一方で、死亡者が約千人増えたことが影響した。

    社会減は1186人と減少要因の1割に満たないものの、その内訳をみると、外国人を含む国内の転出超過数が5330人と全国で11番目に多い数字に。日本人に限ると、さらに順位を下げてワースト7位。17年のワースト2位からはわずかに持ち直したものの、神戸市が東京23区と政令市20市の中でワーストの転出超になるなど、兵庫の低迷ぶりが目立っている。

    特に20代の若者が進学や就職で県外に出るケースが多いのが特徴で、大阪府への流出は年間約2千人、東京圏へは約8千人に上っており、都市部への集中が深刻化している事態がうかがえる。

    一方、県内人口の流出に歯止めを掛けているのは海外からの留学生や労働者ら。同課によると、ベトナムや中国など海外から移り住む外国人は年々増加傾向にあり、15年から4年連続で「転入超過」を記録。その数は年間約4千人を数えるという。

    市町別では、18年中に人口が増えたのは尼崎市、明石市、伊丹市、播磨町の4市町のみ。駅前再開発などに伴う子育て世代の増加が社会増をけん引した。

    県統計課は「出生数の減少や東京一極集中の流れは年々進行しており、減少幅は今後も拡大していく可能性が高い。首都機能の移転など国を挙げた対策が必要だ」としている。(前川茂之)

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201902/0012063304.shtml

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1550226693/

    【神戸市が政令市で転出超過ワースト・・・兵庫の低迷ぶり浮き彫りに】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/11(月) 13:04:07.67 ID:wlwiMW0R9
    野菜や卵などを湯つぼで温める「湯がき文化」を生かし…2~3分で70度ほどに温まるという

    兵庫県新温泉町の湯村温泉では、観光客が飲み物を温められる「湯つぼ」が開かれています。

    湯けむりが立ち上る新温泉町の湯村温泉。温泉街の真ん中の「荒湯」から、98度の源泉が湧き出ています。

    野菜や卵などを湯つぼで温める文化が残っていて、観光客が自由に使える「お飲み物温め処」が開かれています。飲み物を中にいれると、2分から3分で70度ほどまで温まるということです。

    【訪れた人は…】
    「うん、ちょうどいいわ。情緒あるやん」

    この「お飲み物温め処」は、2月末まで開かれています。

    02/11 12:14
    https://www.ktv.jp/news/articles/6597d7a247f548309b05f155aafd8099.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549857847/

    【【湯つぼ】兵庫県新温泉町の湯村温泉、観光客が飲み物を温められる「お飲み物温め処」が開かれています】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/28(金) 12:31:43.42 ID:SKF16eJ0H
    神戸市の人口動態 対前年同月

    平成30年1月 △ 3,470
    平成30年2月 △ 3,540
    平成30年3月 △ 3,487
    平成30年4月 △ 3,377
    平成30年5月 △ 3,693
    平成30年6月 △ 4,094
    平成30年7月 △ 4,393
    平成30年8月 △ 4,863
    平成30年9月 △ 4,929
    平成30年10月 △ 4,746
    平成30年11月 △ 4,718
    平成30年12月 △ 5,001

    今年1年で神戸市の人口減少は急激に悪化した。
    でも神戸市は何の対策もとらないし、マスコミも一切報道しない。
    つまり来年もこの数字は悪化し続けるわけだ。
    現実から目をそらし続けることが、最大の衰退要因なんだよ。

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1545967903/

    【【悲報】神戸市さん、ガチで人口減少がヤバイことになる・・・】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/01(土) 18:58:04.03 ID:kVAI64xt0 BE:328765197-2BP(1669)
    神戸市民「大阪の衛星都市みたい…」宿泊客呼び込め!万博に沸く大阪の隣で始まった兵庫の逆襲
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010001-kantele-soci

    さらに、2025年の万博開催が決まり、大阪がますます盛り上がること間違いありません!

    しかし、その陰で…。

    神戸・元町インバウンド協議会 村山さん:
    「もう(大阪に)吸い取られています。言うたら衛星都市みたいな感じ」

    実はピンチを迎えているのが、お隣の兵庫県。その実情と、宿泊客を呼び込むあの手この手の秘策に迫ります!

    ■カギは“夜訪れる世界遺産”

    有馬温泉に…、城崎温泉。“1000万ドルの夜景”もあって、関西の冬の風物詩「ルミナリエ」も行われます。

    そんな兵庫にみんな泊まってみたいのかと思いきや、宿泊する人の数は、大阪の半分以下。なんと延べ2000万人も少ないんです。

    神戸に来た観光客:
    「夜景がきれいなイメージなんで、ほかに…、神戸なんかあるかな?あまり思いつかないんですけど」

    姫路城に来た観光客:
    「土産物屋さんが大阪とかやったら晩まで開いてて買い物もできるけど閉まってるから残念かなと思った」

    兵庫には夜の観光スポットが少なく、店が閉まるのも早いため、宿泊客が隣の大阪に流れてしまうようです。

    外国人観光客の消費額を比べるとその差は歴然!
    大阪はここ3年間で3.6倍に増えていますが、兵庫は2割も減っています(2014~2017年三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ)。

    ベトナム人観光客:
    「大阪に3泊して、京都、広島、東京、札幌に行きます。(Q.神戸は行ったことありますか?)まだないよ」

    中国人観光客:
    「大阪のホテルに泊まります。兵庫は音楽もなくて全てが静かだね」

    兵庫県姫路市では、2015年には約1190万人だった観光客が、2017年には約987万人と、ここ2年で200万人も減っています。
    市によると、それに伴い宿泊者数も減少しているようで…。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543658284/

    【【悲報】神戸、終わる 「大阪の衛星都市。大阪に吸い取られてる」「神戸?何も思いつかない…」】の続きを読む

    このページのトップヘ