旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    大阪府

    1: 名無しの旅人 2019/05/03(金) 02:57:54.27 ID:OAzgf5ZJ
    2019.5.2 22:02
    https://www.lmaga.jp/news/2019/05/66404/

    NY発の世界的人気ステーキレストランが関西に初進出。
    商業施設「ハービスPLAZA」(大阪市北区)に、「BLT STEAK OSAKA」が6月21日オープンする。

    2004年にアメリカで誕生した「BLT STEAK」の看板商品は、USDA(アメリカ農務省)認定の格付け最高位のプライムグレードの牛肉を使ったステーキ。
    やわらかさと旨みを追求するため自然熟成させ、専用の釜で925度の高温で焼き上げている。
    ポップオーバー(シュー感覚のパン)を併せていただくのが、こちらのスタイルだ。

    日本にはエレガントなリゾート感が味わえる六本木店と、モダン&シックなNYスタイルの銀座店があり、今回の大阪店は「モダン&クラシックとエレガントさ」をテーマに空間がデザインされるとのこと。
    全120席ある店内には、1.2mの巨大シャンデリアを含め、合計9台ものシャンデリアが輝く予定。
    ディナーのコースは10000円~(2名からのオーダー)、アラカルトもあり。

    個室は4室(最大20名)あり、グループ利用も見込むが、おひとりさまも利用できるよう12席のバーも。
    こちらでは、気軽なメニューやスポーツ観戦ができるモニターなどを完備するという。営業は昼11時半~15時、夜は17時~23時。

    釜で焼いた後に、ハーブバターをトッピングするステーキ。
    オリジナルのソースとともにいただく。
    no title


    白を基調とした空間。
    クリスタルのシャンデリアが頭上に。
    no title

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1556819874/

    【【大阪】関西初のNYステーキ、アッパー空間に 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/27(土) 17:16:01.10 ID:xN8gaEBi0● BE:201615239-2BP(2000)
    大阪・梅田の地下街で待ち合わせ場所として親しまれてきた「泉の広場」の噴水が、リニューアル工事に伴い5月に撤去されることになった。
    現在の噴水は3代目で、49年にわたり行き交う人々の思い出を彩ってきた。工事が目前に迫り、別れを惜しむ人が相次いで訪れている。

    泉の広場は地下街「ホワイティうめだ」の一角にある。「地下街は味気ない」という市民の声に応え、1970年に初代の噴水が誕生。81年、白を基調にした2代目に交代した。

    大理石製の3代目はイタリア・ミラノの彫刻家がデザインし、2002年に登場したが、広場を多くの人が集まるイベントに使うため、撤去が決まった。

    https://this.kiji.is/494774362709705825

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1556352961/

    【地下街の噴水「泉の広場」49年の歴史に幕 大阪・梅田 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/20(土) 01:50:27.09 ID:5NHN+nEX9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000605-san-bus_all


    大阪メトロ 2024年に全駅で顔認証入場導入
    4/19(金) 21:47配信

    産経新聞
    大阪メトロは19日、2025年大阪・関西万博を見据え、令和(れいわ)6(2024)年度に全駅で顔認証によるチケットレス入場システムを導入すると発表した。顔写真を登録すれば、ICカードや磁気券を使わずに改札機を通過できる。国内で顔認証での入場方式を採用している鉄道事業者はないという。また、大阪万博に合わせ、大阪湾の人工島、夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)に開設する新駅「夢洲駅」(仮称)までの一部区間で自動運転を実施すると発表。万博を軸に同社の発展を目指す。

    昨年11月の万博開催決定を受けて改定した中期経営計画に盛り込んだ。チケットレス入場は今年度中に顔認証による実証実験を行い、6年度には全駅で新システムを導入する。利用には事前の顔写真の登録が必要で、ICカードや磁気券での入場も引き続きできるようにする。他社の路線に乗り入れるケースへの対応は「検討中」(広報課)としている。

    自動運転については、6年度に中央線阿波座駅と夢洲駅間で実証実験を行う。車両には乗務員がいるが運転は行わない。自動運転対応の新型車両を順次導入し、対象路線も拡大する。

    中計ではこのほか、7年度末までに560億円を投じて、既存の133駅すべてにホーム柵を設置し安全性を高める。

    河井英明社長は「万博開催は、(昨年4月の)民営化の成功を目指す大阪メトロの戦略にも合致している」と述べ、万博を軸に発展を目指す考えを強調した。

    大阪メトロは昨年12月、大阪府・市による統合型リゾート施設(IR)の誘致成功を前提に、夢洲駅と一体化したタワービルの建設計画も発表し、一帯の活性化を図る。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555692627/

    【【大阪メトロ】2024年に全駅で顔認証入場導入 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/11(木) 20:06:09.93 ID:Qwoc8mfi0 BE:123322212-PLT(13121)
    大阪府・市と経済界が出資する公益財団法人の大阪観光局は今月、大阪市内などで菓子店を展開する「ドロキア・オラシイタ」と、土産用の菓子を開発する協定を結ぶと発表した。ドロキアが「大阪名物」としての新商品を開発して、観光局が海外にアピールしていく。

    くいだおれの街として知られる大阪だが、土産用の菓子はこれといったものが無いのが悩みだった。
    関西空港の売れ筋は、北海道名物の「白い恋人」や、「東京ばな奈」。観光局の担当者は、「食の都としてはじくじたる思い」という。

    ドロキアは、大阪の伝統銘菓「おこし」に、洋菓子づくりのノウハウを採り入れた新商品を、この夏の発売を目指して開発する。
    グラノーラや雑穀のキヌアなどのスーパーフードを混ぜ込み、健康面でもアピールする予定だという。

    ドロキアは、チーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」や高級食パン専門店「嵜本(さきもと)」などを運営。すでにアジアを中心に海外展開している。
    観光局は、欧州などの他の地域へのPRで協力する。今後、今回の協定をモデルとして、名物土産を増やしていく考えだ。(金本有加)
    https://www.asahi.com/articles/ASM435J9XM43PLFA004.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554980769/

    【大阪、「食の都なのに名物のお菓子がない」と悩む 】の続きを読む

    このページのトップヘ