旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    京都府

    1: 名無しの旅人 2019/03/30(土) 00:29:53.40 ID:ev4ZUWn79
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-17515609-kantelev-l26

    「伏見稲荷大社」の露店が…『消える』!? 外国人にも大人気、裏参道の露店が”全て立ち退き”へ
    3/29(金) 17:52配信

    京都を代表する観光名所「伏見稲荷大社」付近の雰囲気ががらりと変わりそうです。

    参道にはずらりと露店が並んでいるのですが、3月いっぱいで全て立ち退くことが決まったというのです。外国人にも人気の観光地で、いったい何が起きているのでしょうか?

    【記者リポート】
    「伏見稲荷大社の裏参道です。平日の昼間なんですが、こんなにもたくさんの人で賑わっています」

    京都市伏見区にある伏見稲荷大社。

    旅行口コミサイトの「トリップアドバイザー」では、「外国人に人気の観光地」に、5年連続で1位に選ばれています。

    最寄りの京阪・伏見稲荷駅は、1日当たりの客数が5年間で倍増、周辺はどこもかしこも外国人観光客で大賑わいです。

    一番の見所は、朱色の鳥居が立ち並ぶ「千本鳥居」ですが、ここに来た人たちには、もう一つのお目当てが…。

    【ペルーから来た観光客】
    「文化だけでなく、日本の食べ物も試せるからとても楽しいよ」

    【アメリカから来た観光客】
    「おいしい食べ物は素晴らしいオマケだね。伏見稲荷の奥を上るから、食べ物は長い1日のいいスタートにもなるし、いいエンドにもなる」

    そう!手軽に日本のグルメを楽しめる露店です。

    しかし…!この光景が一変することになりました。

    「露店が全て立ち退き」

    現在、露店が立ち並んでいるのは、「表参道」の北側にある「裏参道」です。道の幅は狭いところで7mほどですが、約3分の1を露店が占めていて、道路は観光客で埋め尽くされている状態。地域住民の生活に支障が出ているのです。

    【地域住民は】
    「困るわね、住民はね。手押し車は危ないですよ。通れないから、持ち上げるときは大変」

    「朝の早い時とか夜の遅い時以外は、どうしても裏側の道を使わざるを得なくなっている。やっぱり露店があるから消防車も向こうに帰って、本当は参道を通る方が近いんですけどね」

    他にもゴミのポイ捨てなど、住民から様々な苦情が寄せられたことから、警察は2018年度から道路の使用許可を出しておらず、ついに露天商側も4月以降は出店しないことを決めました。

    【露天商は】
    「やっぱりゴミをその辺に捨てている人もいるので、そこが良くないのかなと思いますね」

    「露店が3、4軒のときから知っているんですけど、そのときは全く観光客がいなかったので。急にこうやって露店が増えだしてから観光客も増えてきているので。いいんじゃないかなと思ってたけど」

    住民の生活と観光資源。なんとか両立させる手段はないのでしょうか。

    関西テレビ

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553873393/

    【【京都】「伏見稲荷大社」の露店が…『消える』!? 外国人にも大人気、裏参道の露店が”全て立ち退き”へ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/24(日) 01:01:25.78 ID:Ax8CElxQ9
    半透明の全長4、5センチほどの細長い体で水の中を泳ぎ回る。生きたままポン酢を付けて口に流し込むと、ぴちぴちと跳ねる不思議な感覚が広がる。京都府舞鶴市など丹後地域で春の風物詩として知られるイサザだ。

    標準和名はシロウオといい、シラウオと混同されがちだがハゼの仲間で別の種類になる。日本各地の沿岸に生息し、産卵のため春に川に上ってくる。生きたまま口に入れる「おどり食い」や卵とじなどで食べられる。水産物としては古くからあり、市郷土資料館所蔵で江戸時代の田辺藩の大工棟梁家の文書には藩主への献上品としてイサザの名前が記されている。

    市内では3、4月に伊佐津川、高野川、由良川などの河口付近で漁が行われている。道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(同市下福井)内の鮮魚店の藤元達雄会長(71)は「昔は川に直接足を運び、袋に酸素を入れて売ってもらっていた。今は一合だが昔は一升単位で買い、漁獲量も需要も多かったのだと思う」と振り返る。
    伊佐津川では府の許可を得て地域の60~80代の男性6人がグループを作って漁に取り組んでいる。普段は漁師ではなくこの時期にだけ河川敷に拠点を設けてイサザを取るために集まる。漁を始めたきっかけは「親から引き継いだ」「通りがかりに見て興味を持った」などさまざまだ。

    漁では川の中に手作りの漁具を設置し、壁の役割を果たす「道網」を張り、幅100センチ、高さ30センチほどで箱のような「落し網」に誘導する。イサザは一度入ると出られない仕組みになっている。天気がよく水が澄んでいる日に多く取れるという。

    漁関係者によると、伊佐津川では1990年代は特に漁獲量が多かったが徐々に減り、現在はピーク時の3分の1ほどになっているという。今年も取れ始めたのが例年と比べ10日ほど遅いというが、関係者は口をそろえる。「あまりもうけにはならない。それでも漁が楽しくいつもこの時期が楽しみだ」

    京都新聞 3/23(土) 21:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000025-kyt-l26

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553356885/

    【【京都】生きたまま「おどり食い」や卵とじで 春の風物詩イサザ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/21(木) 12:31:20.59 ID:wOHexabW
    2019-03-20 22:12
    京都は歴史が息づく人気の観光都市だが、中国人観光客が京都を訪れると歴史的建造物から深い感慨を覚えるようだ。中国メディアの今日頭条は14日、近年特に人気を集めているスポットとして「京都の伏見稲荷大社」を紹介する記事を掲載した。

    京都は中国人観光客にとって、歴史や伝統文化を感じる特別な体験ができるだけでなく、桜や紅葉など季節ごとの変化も楽しめることから人気の観光地となっている。記事は今回伏見稲荷大社に着目し、日本の「神社」という古来から日本人にとって身近な宗教施設である場所は、中国人から見ると「中国の文化もどこかに感じられる反面、日本独特の雰囲気がある」と感じられるのだという。

    特に伏見稲荷には有名な「千本鳥居」があり、その数は3000本あると言われてるが、鳥居は中国には無いものなので中国人には珍しく、赤い鳥居が続く小道は人気の写真スポットとなっている。また、日本の映画や漫画、小説などでも度々舞台となる場所であるゆえに「日本の文化を深く理解することの出来る場所として、伏見稲荷は中国人観光客が最も多く訪れる神社となっている」と主張した。こうして境内には中国人の目を引く写真スポットが沢山あり、SNS上で音楽共に配信することも流行っているという。

    中国人を含め観光客が多い場所なので、自分と同じくカメラを構えた人が入らないよう写真を撮るのは難しいようだ。また願いごとを書いた絵馬を見ると、「中国語で商売や学業の向上、健康や安全を願うものが多く見られ、日本の文化に浸ろうにも中国人の影が沢山ある」ことを指摘した。

    しかし、伏見稲荷大社は、「写真撮影、参拝、仲見世の散策」といった外せない楽しみ方があって、こうして神社全体の雰囲気を感じる事が出来れば「一生記憶に残る良い旅の思い出が出来るだろう」と勧めている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://news.searchina.net/id/1676919?page=1

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1553139080/

    【伏見稲荷大社が最高! だが「日本文化に浸ろうにも中国人の影が・・・」】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/21(木) 20:07:44.54 ID:T+5oa0SN9
    https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20190321/GE000000000000027082.shtml

    1年に1本だけ!?“幻”のバス路線 京都にバスマニア殺到
    更新:2019/03/21 19:18

    京都市に1年に1回しか運行しないワケありのバスの路線があるのをご存知でしょうか。21日がその運行日だったのですが、貴重なバスに乗ってみようとバスマニアたちが殺到しました。

    京都市左京区の大原。この静かな山里のバス停に21日は朝から列ができていました。
     
    「千葉からです。きのうから来てます」(千葉から来た男性)
    「1年に1本しか走らない95系統乗りに来ました」(大阪から来た男性)

    そう、21日は1年に1度しか運行しない幻の路線をバスが走る日なのです。京都バスの「95系統」と呼ばれる路線は、大原から鞍馬までの約12キロを30分かけて走ります。他の系統と重複する所もありますが、この95系統しか走らない「独自区間」も存在しています。なぜ1年に1本なのか?バスマニアたちはもちろん理由を知っていました。

    「『免許維持路線』っていって、国交省に届け出をしているのをちゃんと維持するためのバス」(乗客の男性)

    6年前までは毎日運行していた95系統。利用者数が低迷したものの、一度廃止してしまうと国から再び走行許可を得るのが困難なため、年に1度だけ走っているのです。

    さぁ、おまちかねの95系統が大原のバス停に到着しました。

    「きょうは非常に多くのお客さんが集まったため、臨時でもう1台運行するということです」(記者リポート)

    乗客が殺到したため、バスは2台に。午前10時55分…

    「それでは95系統鞍馬行き発車します」(運転手)

    定刻より少し遅れて“幻”の95系統が出発しました。10分後、なぜかそわそわと落ち着かない様子の乗客たち。どうやら「独自区間」に突入したようなのですが、乗っているとどこからが独自区間なのか、よくわかりません。

    (車内の記者)「もう独自区間入ってますよ」
    (車内の乗客)「あぁ、もう抜けちゃった。いつの間に終わったんだ、これは…」

    わずか2分間の独自区間でした。ちなみに95系統には19か所のバス停がありますが、もちろん誰も終点まで降りませんでした。

    「これで来年までこの路線走らないので、また来年までという思いも込めて(押しました)」(降車ボタンを押した乗客)

    午前11時25分…

    「お待たせしました、終点・鞍馬です」(運転手)

    1年に1度、わずか30分の“幻の路線バス運行”が終了しました。

    「年1回ということで、感慨深かったです。また来年も続けてほしいなと思います」(乗客の男性)
    「ほんと楽しかったです。わざわざ千葉から来たかいがありました。来年はもっと早く来て、いい席とってゆっくり眺めたいなと思います」(乗客の男性)

    1年に1度というのは運行する側にとっても感慨深かったようです。

    「社内でも1年に1回だぞということで、担当する乗務員も特別に選ばれた乗務員ということもありまして、いつか自分も乗りたいということで非常に人気の路線になっています」(京都バス・高野営業所 柳本克尚所長)

    “幻”の路線95系統、また逢う日まで。ちなみに片道運行のため、ほとんどの乗客が電車で帰ったということです。

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553166464/

    【【撮りバス】1年に1本だけ!?“幻”のバス路線 京都にバスマニア殺到 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/19(火) 12:24:39.72 ID:WReu2SKu9
    もうすぐ桜の季節ですが、なかでも国内外から多くの観光客が訪れる京都。その足として市バスを使う人も多いのですが、その人気ゆえに車内の混雑や時間通りに来ないなどの問題もありました。京都市は少しでも問題を解消しようと、ある改革を始めました。

    毎日、多くの人でにぎわう京都。市バスは観光客や市民にとって重要な移動手段です。しかし、利用者を悩ませるある問題が…

    「やっぱり多すぎる観光客の方が。来てくれるのはありがたいけど、後ろから乗って、前に人がいっぱいで降りられないことが多いから」(利用者)

    確かに、降りるときの運賃の支払いで出口付近が混雑しています。これを少しでも解消しようと、桜の観光シーズンを前に京都市バスは47年ぶりとなる改革を始めました。

    「清水寺などの観光名所を巡る100号系統では、『前乗り後ろ降り』の方式がスタートしました」(記者リポート)

    京都市バスが採用しているのは後ろから乗って前で運賃を支払って降りる「後ろ乗り前降り方式」。降りるときに前方のドアまで移動するため、人が溜まって混雑が起きることがあります。一方、前から乗った時に運賃を支払い、後ろから降りる「前乗り後ろ降り方式」では、後ろのドアが前方のドアより広く、車両の中央部にあることから前方と後方、両方の乗客がスムーズに降りられるといいます。京都市バスはおととし、「前乗り後ろ降り方式」の実証実験を行い、確かな効果が得られたのだといいます。

    「メリットの1つは人の流れがよくなって、アンケートでは8割の人が降りがスムーズだったと。バスの停車時間が(平均)11.5秒短くなっている。道路をバスがさえぎる時間が短くなっているので、少しでも渋滞の緩和になるかな」(京都市交通局 高見孝幸担当部長)

    1つのバス停あたりの停車時間が短くなることで渋滞の緩和にもつながったようです。こうした実験の結果を踏まえ、16日、京都駅から清水寺や銀閣寺へ向かう路線での導入が始まりました。利用した人の反応は…

    「後ろ降りの方が前の方の人も後ろの人も降りやすいですよね、(降り口が)真ん中なので。そこがスムーズでした」
     「いつも後ろから乗るイメージで後ろで待ってたら、前からと案内されて戸惑いました」

    「正直うまくいっていると思います。ただ、前に行くお客さんもいるので案内はしっかりしていかないと」(高見孝幸担当部長)

    滑り出しは順調のようですが、47年ぶりの改革とあってバスの運転手はまだ慣れていないようです。乗降口が変わったことでバスの停車位置も変更されましたが、感覚が違い通り過ぎてしまっていました。

    Q.とまる位置がまちまちですよね?
    「頑張って教育します」(高見孝幸担当部長)

    今回の変更では、約60台のバスや停留所の改修などに2400万円がかかりました。初日ということで多少の混乱はあったようですが、京都市はこの「前乗り後ろ降り」方式をほかの路線でも広げていきたいとしています。

    2019/03/18 20:12 MBSニュース
    https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190318/GE000000000000027034.shtml
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1552965879/

    【【バス】京都市バス「前乗り後ろ降り方式」始まる 47年ぶりの改革で“混みすぎ”緩和なるか 】の続きを読む

    このページのトップヘ