旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    京都府

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/01/02(木) 12:27:13.11 ID:wOPDg8BC9
    この数年、京都を訪れる観光客が減っている。外国人観光客は増えているが、その代わりに日本人観光客が減ったからだ。社会学者の中井治郎氏は「観光公害=オーバーツーリズムが深刻化している。外国人観光客の受け入れに対して、社会的な合意の形成が不十分だったことが原因だ」という――。

    ■「いうほど増えてへん」、なのに…

    観光客の引き起こすさまざまな問題に京都の市民が悲鳴を上げるオーバーツーリズム的状況が大きく問題化されるようになってきたのは、2015年前後からであるといわれている。

    しかし京都を訪れる観光客数が5000万人を突破した2008年以降、その数がピークを記録した2015年でも5600万人ほどなのである。しかも、その後は減少傾向にあって2018年には5275万人まで数字を下げている。

    つまり観光客数は「いうほど増えてへん」うえに、近年ではむしろ減りつつあるのである。ではなぜ、京都のオーバーツーリズムは深刻化したのだろうか。

    そのカラクリにおいて重要なことは「量」ではなく「質」への着目である。つまり、「どれくらいの人が京都に来ているのか? 」ではなく、「どんな人が京都に来ているのか? 」という視点だ。

    ■ひそかに進行する「日本人の京都ばなれ」

    京都における観光産業の主役だったのはもちろん日本人観光客だった。この日本人観光客が減っているのだ。たとえば、お宿バブルといわれ「部屋が取れない。取れても高くて泊まれない」などといわれてきた近年の京都であるが、じつは日本人宿泊数はここ数年、毎年数%ずつ減少し続けており、とくに主要ホテルの日本人宿泊者数は2018年には9.4%も減少したという。

    また2019年の7月に発表された「じゃらんリサーチセンター」による2018年度の宿泊旅行調査結果では、京都の宿泊者数は全国7位であり、「大人が楽しめるスポットや施設・体験が多かった」では5位と健闘するものの、「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」29位、「地元の人のホスピタリティを感じた」18位など、たとえば8分野のうち4分野で1位を占める沖縄に比べるととても「日本一魅力的な観光都市」などと胸を張れるものではない。さらに前年度に比較しても8分野中6分野で順位を下げているのである。

    近年は日本全体で国内旅行者数が減少傾向にあるとはいえ、これらのデータや調査結果からは、「日本人の京都ばなれ」がひそかに進行しているさまを見て取ることができるかもしれない。

    ■外国人との「お宿争奪戦」に負ける

    すっかり決まり文句となった「若者の~ばなれ」が往々にして「若者ではない人」の一面的な物事の捉え方を示すものでしかないように、「日本人の京都ばなれ」にも、その言葉に安易に乗っかる前にその背景に目を向けることも重要である。

    たとえば日本人宿泊者数の低下の背景としては、「お宿バブル」を引き起こした宿不足の結果、外国人観光客と日本人観光客のあいだで部屋の奪い合いが起こっていることが指摘されている。

    気軽な国内旅行として京都を訪れようと思う日本人観光客と、一大イベントである海外旅行として京都を訪れようと思う外国人観光客では、宿を予約するタイミングがちがうのだ。

    つまり「よし、はるばる日本にいくぞ! 」という意気込みの外国人たちが旅行の数か月も前に部屋を押さえてしまうため、「来月の連休、ちょっと京都でも行ってみようか」とふと思い立った日本人が宿を取ろうとホテル予約サイトを開く頃には、ときすでに遅し。希望の日程と適当な予算でプランを検索してもどこも満室。「仕方ない、京都はあきらめるか」と、またちがう観光地の名前で検索し始めることになってしまうのである。

    全文はソース元で
    12/31(火) 11:15配信
    プレジデント
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00031676-president-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577935633/

    【【話題】なぜ京都に来る日本人観光客が減っているのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/12/10(火) 22:06:41.47 ID:yz7f9+Gp9
    シンクタンクのアジア太平洋研究所(大阪市)はこのほど、2019年版「関西経済白書」のうち京都経済に焦点を当てた発表会を京都経済センター(京都市下京区)で開いた。訪日外国人(インバウンド)の急増で顕在化した京都の「オーバーツーリズム」問題について、各種統計やデータから読み解いた。

    同研究所は、関西経済の現状と課題を分析する関西経済白書を毎年発行している。地域限定の発表会は京都では初めてで、稲田義久・数量経済分析センター長(甲南大教授)がインバウンドなどをテーマに報告した。
    稲田氏は、観光庁の訪日外国人動向調査などを基に、人口当たりの訪日客数を都道府県別に推計。18年は京都府が310%となり、東京都(103%)、大阪府(130%)、千葉県(178%)などを大きく上回る分析結果を示した。
    携帯電話の電波データから地域に滞在する訪日客の数を割り出した分析(18年)では、京都市が昼間(午前10時~午後6時)で1587万人、夜間(午前2~5時)で707万人と府内市町村で圧倒的に多く、中でも中京、下京、東山3区に滞在が集中していた。
    稲田氏は「狭いエリアに観光地も集まっているため、交通渋滞や混雑を招いている。府北部や南部に誘客し、府内を周遊できるプログラムを真剣に考えるべきだ」と観光公害対策を提言した。
    訪日客の滞在先での観光消費額が域内総生産(GRP)に占める割合「寄与度」も紹介。18年は京都府が1・82%と関西2府4県で最も高く、大阪府が1・35%と続いた。滋賀県は0・61%。京都では、域内で生み出す付加価値のうち2%近くを外国人の消費が支えている計算という。

    12/9(月) 11:33配信 京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00193829-kyt-l26

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575983201/

    【京都府の訪日客「人口の3倍」で突出 狭いエリアに観光地集中、東京の3倍に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/12/05(木) 07:33:45.67 ID:1B+xPdM/9
    紅葉がピークを迎えた京都に観光客が殺到し、大混乱になっている。警備員や係員が通行を誘導したり、危険なところに入り込んでの写真撮影をやめさせようと声を張り上げるが、ほとんど効果なしだ。嵐山では、普段は5分もかからず渡り切れる渡月橋が30分もかかり、     は3時間待ちの長蛇の列。車道には人があふれ「歩行者天国状態」になってしまっている。

    本堂を改装中の清水寺も、参道や境内は身動きができないような人込みで、音羽の滝や御朱印の受付所にも長い列ができていた。永観堂では、撮影禁止スポットの橋の欄干に座って写真を撮るなど、マナー違反も目立つ。

    混雑しているのは実はこの8か所!京都市役所も「穴場紹介します」

    京都市内には世界遺産が14か所、お寺や神社は2000を超えるが、ひどい混雑となっているのは10か所にも満たない。特定の観光名所に集中してしまう背景には、SNSの普及で「インスタ映え」などを狙い、人が人を呼ぶ現象があるという。なるほど、紅葉スポットでは、紅葉を楽しむというより、スマホをかざして我先に「映え」写真を撮ろうとする人ばかりだ。

    京都市は、とくに混雑している金閣寺、銀閣寺、嵐山、二条城、永観堂、清水寺、祇園エリア、伏見稲荷の8か所に集中しないように、空いている時期の情報を発信したり、朝や夜の時間帯にイベントやキャンペーンを実施したりと観光客を分散化しようとしている。今後は、混雑スポットの近くのエリアで空いている観光名所を案内するシステムも今後導入する予定だ。

    2019/12/ 4 12:38
    https://www.j-cast.com/tv/2019/12/04374266.html?p=all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575498825/

    【【京都】このままでは京都がつぶれる!紅葉シーズン真っ盛り・・・殺到する観光客で大混乱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/11/20(水) 07:25:43.18 ID:mQTOVYMK0 BE:844628612-PLT(14990)
    祇園で焼き鳥店の煙を巡り、店舗と「景観づくり協議会」が対立「祇園の風情にふさわしくない」
    https://blogos.com/outline/418239/‬

    今年4月に京都・祇園にオープンした焼き鳥店と「祇園新橋景観づくり協議会」が煙を巡って対立している。

    焼き鳥店と協議会はオープン前の2月に、同地域で商売をする際のマナーについて確認し、その際に「騒音・悪臭などを発生させない」という内容も確認していたが、
    オープンした4月には焼き鳥店の煙の影響で近隣の日本料理店が10日間の臨時休業を余儀なくされていた。
    その後、5月に入り焼き鳥店が排気設備の改良工事を行ったが、現在でも風向きによっては煙や臭気が漂う日があるという。

    協議会は焼き鳥店に対しさらなる排気設備の強化を要望しているが、焼き鳥店は「予算として難しく、設置はできない」と回答しているという。

    協議会は「飲食店街としては普通のにおいだが、祇園の風情にはふさわしくない。今後も話し合っていくが、現在はこう着状態」と話している。
    (AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1574202343/

    【【京都】焼き鳥の匂いと煙は祇園の風情に相応しくない! 店舗同士が対立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/11/09(土) 20:36:05.20 ID:P6bodSpt9
    11/9(土) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00015281-bunshun-soci

    空前のインバウンド・ブームに沸く観光立国・日本。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、日本を訪れるインバウンドは過去最高の4000万人にのぼるとも見込まれている。 それは東京という街が、そしてこの国が、これまで経験したことがないほど多くの人々に「観光される」ということを意味する。

    【画像】祇園の「私道での撮影禁止」の看板

    しかし、あなたは考えてみたことがあるだろうか。

    「観光される」とはどういうことか、を。

    「観光される」自分たちを意識しなくてはいけない時代に

    観光産業にかかわっているわけではない多くの人にとって、観光とは非日常である。観光と聞けば、ふだんの自分の役割や生活から離れて羽を伸ばし、住み慣れたいつもの場所とはちがう土地を楽しむ……そんな、特別な時間と空間を思い起こすだろう。しかし、それはあくまでも「観光をする」側の視点である。

    そもそもインバウンド誘致の旗印として掲げられた「観光立国・日本」というキャッチフレーズにおける「観光立国」とは「観光をする国」という意味ではない。その主眼は、この国を「観光される国」へと変えてしまうことである。

    以下ソースで

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1573299365/

    【【京都】「もう観光客が来なくなればいい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ