旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    滋賀県

    1: 名無しの旅人 2019/04/25(木) 09:21:19.17 ID:o8VnJwNv9
    no title

    近江鉄道株式会社は4月24日、5月6日(月・祝)をもって現役を引退する700形(愛称:「あかね号」)のラストランイベントを同日開催すると発表した。

    ラストランイベントでは八日市駅前のほんまち商店街にて700形車両の写真展示を行うほか、700形車両引退にあわせたオリジナルグッズ『700形「あかね号」引退記念乗車券』と『THANK YOU「あかね号」クリアファイル』の発売を行う。
    また、八日市駅から700形車両による臨時電車を3便運行する。

    「あかね号」の愛称は2月16日(土)より同車両の塗装を踏襲して運行している900形に継承される。

    no title


    イベント詳細
    開催日時:2019年5月6日(月・祝)
    ※雨天決行、荒天中止

    開催場所:ほんまち商店街(八日市駅から徒歩3分)および八日市駅

    参加費:無料

    内容:
    (1)700 形写真展示
    【展示場所】ほんまち商店街

    (2)オリジナルグッズ発売
    ①発売時間 10:00~13:00
    ②発売場所 ほんまち商店街 特設スペース
    ③発売内容
    700 形「あかね号」引退記念乗車券
    【発売金額】700 円(税込)
    【発売数】500 セット
    1名さまにつき5 セットまで購入可能
    【有効区間】
    八日市駅から武佐駅まで 大人310円1枚
    近江八幡駅から新八日市駅まで 大人390円1枚
    【仕様】
    サイズ:縦125mm×横265mm(二つ折り)
    見開き:縦250mm×横265mm

    no title

    no title


    【発売金額】300円(税込)
    【発売数】500枚
    1名さまにつき5 セットまで購入可能
    【仕様】A4 サイズ:縦310mm×横220mm

    ※オリジナルグッズは5月9日(木)より近江鉄道各駅(彦根駅・八日市駅・近江八幡駅・貴生川駅)で行う。ただしラストランイベントで売り切れの場合は一般販売しないとのこと。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16366444/
    2019年4月24日 16時55分 鉄道チャンネルニュース

    https://www.youtube.com/watch?v=Ky_ZucYGuvU



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556151679/

    【【鉄道】近江鉄道「あかね号」ラストランイベント開催――5月6日(月・祝) 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/02/08(金) 08:26:47.83 ID:xm6AIyLR0 BE:837857943-PLT(16930)
    草津=温泉、西日本では通用しなかった! 群馬県民ビックリのアンケート結果

    紛らわしい地名の筆頭とも言える「草津」。温泉で有名な群馬県の草津町や滋賀県の草津市のほか、広島市西区にも草津という地名があり、住んでいる場所によって思い描く草津は違いそうだ。

    そこで、Jタウンネットでは2019年1月9日から2月5日まで、「草津といえば、どこ?」という質問で読者アンケートを行った(総得票数:1103票)。

    気になる草津事情。はたして調査の結果は――。

    no title


    アンケートの結果、全国的には「群馬県」と回答した人が56.7%でもっとも多い結果となった。次いで、「滋賀県」(36.7%)、「広島県」(6.6%)と続いている。
    草津温泉のイメージが強いのか、群馬県がなんとか首位の座を守った形だが、意外にも(?)草津温泉一強ということでもなさそうだ。

    地域別でみると、群馬派が23地域で、滋賀派が15地域。そのほか、票が拮抗した地域が5か所、そもそも回答がない地域が4か所あった。

    やはりと言うべきか、関東地方を中心として「群馬県」派が多く、近畿地方を中心として「滋賀県」派が多い結果だ。上に記載した地図をみると、日本地図が綺麗に塗り分けられている。

    no title


    ご覧の通り、東日本では66%の人が「群馬県」と回答したのに対して、西日本では61%の人が「滋賀県」と回答し、ほぼ真逆の結果となった。
    一口に草津といっても、東西でこれほどまでに違いがあるのかと思わせる驚きの結果だ。

    地元民の反応は、群馬県では100%の人が「群馬県」、滋賀県では90.7%の人が「滋賀県」、広島県では84.2%の人が「広島県」と回答。
    地元民にとっては、やはり一番近場の草津を推したい思いが強いのかもしれない。

    恥ずかしながら、群馬県出身の記者としては「草津といえば?」と問われたらなんの疑いもなく「群馬県!」と即答してきた人生を送ってきた。
    今回の結果を真摯に受け止め、今後の糧にしなければならないようだ。

    https://j-town.net/tokyo/research/results/271263.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549582007/

    【「草津」と言えば群馬県であることが判明 ※西日本では滋賀県強し】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/30(水) 00:02:39.35 ID:oRH2uI7Y9
    滋賀に西日本最大級アスレチック施設「アルプスジム」が完成
    毎日新聞 2019年1月29日 22時04分(最終更新 1月29日 22時46分)
    https://mainichi.jp/articles/20190129/k00/00m/040/239000c

    no title

    4層構造で72のアトラクションが楽しめるアスレチック施設「アルプスジム」=滋賀県日野町西大路の滋賀農業公園ブルーメの丘で2019年1月29日午後2時40分、蓮見新也撮影

    滋賀農業公園ブルーメの丘(滋賀県日野町)に、西日本最大級のアスレチック施設「アルプスジム」が完成し、報道関係者向けの体験会が29日開かれた。
    高さ約17メートル、約20メートル四方の4層構造で、1層は子供向けのキッズコース、2~4層は大人向けのアルプスコースで、最上層の上には展望台も備えられた。オープンは3月1日の予定。

    【写真特集】4層構造で72のアトラクションが楽しめる「アルプスジム」
    https://mainichi.jp/graphs/20190129/hpj/00m/040/004000g/1

    ジムはドイツ製で、総工費は約3億円。柱などは鉄製だが、木材を多用し、アルプスコースには、はしごやタイヤ、上からつるされたロープや網、自転車やミニカートでの移動など72のアトラクションがある。
    キッズコースにはブランコなど、3歳以上の子供が家族と一緒に楽しめる遊具を用意している。

    利用するには、長さ約1メートルのナイロン製のひもの両端に「カラビナ」と呼ばれる金属製フックが付いている「ハーネス安全帯」を装着。移動はワイヤにフックをかけ、ロックした後に滑らせながら移動する。
    安全帯が命綱になるため、片方のフックがワイヤにロックされていなければ、もう片方は外れない仕組みになっている。

    最大80人が同時に参加できるため、グループなら助け合って楽しむこともできるという。現場ではスタッフが見守り、「攻略」のアドバイスもする。

    利用には年齢や身長、体重などに条件がある。料金(1時間)はアルプスで3000円(小学生2000円)、キッズは600円、展望台300円。問い合わせは同公園。【蓮見新也】

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1548774159/

    【【滋賀】日野町に西日本最大級アスレチック施設「アルプスジム」が完成!】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/08(火) 22:45:28.24 ID:lP+wOSC0
    2019年1月 8日 20:00

    読者の皆様は「草津」と聞いて、まず何県を思い浮かべるだろうか。

    草津温泉の隣町で生まれた記者にとっては「群馬」以外の選択肢は考えられなかったのだが、上京してしばらくすると、どうやら事情が違っているらしいことに気づいた。

    そう、滋賀県の「草津市」である。町と市の違いはあるものの、まったく同じ字で、大変紛らわしい。そして、どうやら滋賀県草津市が「草津違い」で悩んでいるらしいのだ。

    Jタウンネット編集部は2019年1月7日、草津市広報課担当者を直撃し、思うところを聞いてみた。
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/270135.html

    →「温泉はないですけど、琵琶湖はあります」
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/270135.html?p=2

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1546955128/

    【「草津違い」で滋賀県の草津市に・・・ そんな「うっかりさん」が結構いるらしい】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/01(火) 21:00:04.09 ID:Pclm/9b80● BE:842343564-2BP(2000)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000004-kyt-l25

    戦国時代に織田信長が築き、豪壮華麗な天主を誇ったとされる安土城(滋賀県近江八幡市)の復元に向け、滋賀県が新年度から本格的な検討に乗り出す。
    全容の分かる資料がない「幻の城」で、海外の資料も調査してきたが実を結んでこなかった。
    近年の「城ブーム」などを追い風に民間団体の再建熱も高まり、県は調査団の再派遣も視野に、名城復活への道を探る。
    安土城は築城から3年後の1582(天正10)年、天主が焼失した。長年復元を望む声がある一方、城跡は国指定特別史跡のため、文化庁の許可を得るには建造当時の設計図や絵図などをそろえる必要があった。
    そのため県と旧安土町は1984年、信長が天正遣欧使節を通じてローマ法王に献上したとされる屏風(びょうぶ)絵「安土城之図」を探す調査団をバチカンに派遣。その後も調査は続けられたが、発見には至っていない。
    一方で全国的に城巡り観光が注目され、信長を討った武将明智光秀が主人公のNHK大河ドラマの2020年放映が決定。国も文化財の保護から活用へかじを切る中、県は経済効果が大きいとみて、復元の糸口を探ることにした。
    ただ、仮に屏風絵が見つかっても、耐震性の観点などから木造での復元は難しいとの見方が優勢だ。そのため県庁内には、城跡に近く、かつ史跡指定外の場所に、信頼性が高いとされる復元図面で再建するのが最も現実的とする意見もある。
    いずれにせよ巨額を要するため、民間と連携して可能性を探る方針だ。
    昨年、県に再建を提言した滋賀経済産業協会はコンクリート造りの場合、工費は300億円程度と試算。商業施設の併設も構想し「長期的に考えれば費用面はクリアできる」とする。
    NPO法人「安土城再建を夢見る会」(近江八幡市)は今年からシンポジウムなどを通じ、全国的に再建の機運を高める方針という。
    尾﨑信一郎理事長は「安土城は普通の城ではなく、天下統一を目指した信長の思想が込められている。観光資源としてだけでなく日本の宝になる」と再建の意義を訴えている。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1546344004/

    【安土城をもう一個? 近江八幡市、伊勢に1個あるのにもう一個作ろうと計画】の続きを読む

    このページのトップヘ