旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    滋賀県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-Port_of_imazu01s3200

    1: 名無しの旅人 2019/10/30(水) 13:07:35.20 ID:u4Z8oqzc0
    暇やねん

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1572408455/

    【滋賀県民やけど質問ある? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    unnamed

    1: 名無しの旅人 2019/11/24(日) 13:06:20.188 ID:G1U7a8350
    暇すぎる マジで死にたい

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1574568380/

    【「滋賀県」に住んでるけど、田舎すぎて何もない件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Chikubusumajinja01s3200

    1: 名無しの旅人 2019/11/16(土) 18:15:17.732 ID:wD6tWm8Xa
    四国とか東北とかの過疎地に比べたら都市部だよな

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1573895717/

    【「滋賀県」って全国的に見たら都会だよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Pond_Mishima_and_Mount_Ibuki

    1: 名無しの旅人 2019/11/22(金) 19:53:32.19 ID:1HhUVOXG0
    ・びわこエクスプレス・新快速で大阪や京都まで着席通勤通学
    ・家賃安い
    ・琵琶湖線沿線
    ・程よい田舎

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574420012/

    【【朗報】滋賀県最強の市町村、「米原市」に決定する 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/03(火) 06:46:03.76 ID:gobvZNIG9
    滋賀県東近江市は近江鉄道と連携して、今秋の1カ月間、終日乗り放題できるワンコインの特別切符の発行に初めて乗り出す。
    乗客数の減少などで鉄道事業の赤字が続き、県や沿線市町などが同鉄道線の存続問題を議論している中、沿線住民や観光客の利用促進を目指す。
    運賃の値下げによる利用者数への効果も調べる。

    発行するのは、月~木曜に八日市―近江八幡駅間で終日自由に乗降できる切符(両駅で販売)と、金~日曜と祝日に鉄道全線で利用できる切符(有人駅で販売)。いずれも料金は大人500円で、誰でも購入できる。
    現行の運賃は両駅間が片道460円、金~日曜と祝日に全線で使える1日乗り放題券「1デイスマイルチケット」が900円。
    利用区間によって、特別切符の方が安くなる場合が多い。
    観光シーズンに合わせて今秋の1カ月間に発行する予定で、詳細な時期は今後決める。
    市によると、2018年度秋季の1カ月あたり、両駅間の利用者数は月~木曜に約1万6千人、同チケットの利用者は全線で約2万人いた。
    市は特別切符の導入で、いずれも3割増を見込んでいる。
    市は2020年度当初予算案に関連費用2千万円を盛り込んだ。
    予想される利用者数に合わせて、現行の運賃との差額を近江鉄道に補填(ほてん)する。
    小椋正清市長は導入の狙いについて、「利用増加に向けて、まずは気軽に鉄道に乗ってもらうきっかけ作りから始めたい。鉄道線の存続のためにも、今後も近江鉄道と協力を進めていく」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00271777-kyt-l25
    3/2(月) 22:30配信

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583185563/

    【【鉄道】近江鉄道存続へ地元連携、500円で「全線乗り放題切符」20年秋発行へ】の続きを読む

    このページのトップヘ