旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    岐阜県

    99: 名無しの旅人 19/06/20(木)13:27:46 ID:zN2
    6時過ぎに起きてチェックアウト
    近くでこんなものを発見
    no title

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560993321/

    【画像】愛知と岐阜を色々行ってきたので旅行記 1

    【【画像】愛知と岐阜を色々行ってきたので旅行記 2】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/05/29(水) 19:11:48.45 ID:RHIjWuBl9
    https://www2.ctv.co.jp/news/2019/05/29/52641/

    60年間駅のホームで釜飯弁当を売り続けた男性(75)が引退へ、時代の移り変わりで 岐阜・美濃加茂市
    報道局 岐阜特集 2019/5/29 17:00

    時代は昭和から平成、令和へ。変わらぬままの風景もありますが、時代とともに失われていく風景もあります。60年間愛されてきた釜飯弁当が、長い歴史に幕を下ろすことになりました。『今は窓も開かないし、もう売れない』弁当を売り続けた男性が引退を決めた背景には、時代の移り変わりがありました。


    岐阜県美濃加茂市にあるJR美濃太田駅。首から弁当が入ったハコを下げ、ホームを歩く男性は、酒向茂(さこうしげる)さん(75)です。この駅で約60年間、釜飯弁当を販売しつづけてきました。

    「釜飯弁当」(酒向茂さん)
    「買うわ」(客)
    「税込みの1000円です」(酒向茂さん)

    60年もの間多くの人に愛されてきたのが、甘めに味付けしたマツタケや鶏肉やタケノコがおいしい釜飯弁当の「松茸の釜飯」です。

    この釜飯弁当の仕込みは毎朝午前4時から。駅の近くにある店で夫婦2人だけで作り続け、茂さんが1人朝から夕方まで駅に立って売り続けてきました。
    誰にでも気さくに話しかける酒向さんの姿は、ずっと変わっていません。しかし酒向さんは5月いっぱいで、その60年の歴史を終えることを決めました。

    「一番大きな問題は売れない。私が年やし、定休日がないし、とてもじゃないがやっとれません。えろうなってきたわ」(酒向茂さん)
    (リンク先に続きあり)

    no title

    松茸の釜飯
    no title

    26年前の酒向さん
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559124708/

    【【岐阜】60年間駅のホームで釜飯弁当を売り続けた男性(75)が引退へ】の続きを読む

    このページのトップヘ