旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    長野県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-130607_Kamisuwa_Onsen_Suwa_Japan01n

    1: 名無しの旅人 21/07/14(水)21:39:47 ID:fRXB
    北信はやめて、ワイん家から遠い
    食べ物やったり観光やったりなんでもええよ

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1626266387/

    【「長野県」でおすすめのとこ教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Kamikochi_Taisho-ike04n3200

    1: 名無しの旅人 2021/04/20(火) 17:28:59.89 ID:29dsA1Aea
    何?

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1618907339/

    【長野(自然豊か、民度高い、食べ物が美味しい、観光地が多い)←こいつが天下取れない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/06/27(日) 15:06:40.65 ID:poykXeQUa
    美味かった
    no title

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1624774000/

    【【画像】ワイがお昼に食べた海鮮丼見て】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/06/09(水) 20:15:33.77 ID:Qs0djKj89
    肉量は通常の10倍 裏メニュー「メガ馬鹿(うましか)」バーガー 上田道と川の駅
    2021/06/09 18:03 長野県 社会

    上田市の「上田道と川の駅おとぎの里」が販売している馬と鹿の肉を使ったハンバーガーの裏メニューで、肉の量が通常の10倍、重さ1キロ以上の巨大バーガーが口コミで人気を広げている。表メニューで最大サイズの「大馬鹿」を超える「メガ馬鹿」。同施設は「バカではなく『ウマシカバーガー』。メガはおいしさも最大級」とPRしている。
    馬鹿バーガーは2017年に販売開始。現在、鹿肉は主に長野市中条の市ジビエ加工センターから、馬肉は県内外から仕入れている。基本サイズは、肉の量が150グラムの大、80グラムの標準と小(トマトとマヨネーズなし)。パンや具材のトマト、タマネギは地元産にこだわっている。
    標準サイズが1個税込み600円に対し、メガは同4500円。要予約で月2、3個注文がある。5日には上田市の自営業牧野彩未さん(31)が長女(5)の誕生日に2個購入。「昨年も1個買ったが足りなかった。ぺろりと食べちゃう」と話していた。
    裏メニューには、サイズ小より小さい「ナノ馬鹿」(要予約)も。全バーガーの売り上げの一部は草刈りなどの地域活動の資金に充てている。担当の石井芙美香さん(28)は「駆除された鹿肉をおいしく有効活用していきたい」としている。
    https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021060900134

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1623237333/

    【【長野】道の駅で「メガ馬鹿(うましか)」バーガー販売 要予約で4500円 馬肉と鹿肉の合い挽き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/06/08(火) 22:28:26.64 ID:n8DaKnC79
    飯伊連合猟友会主催の新規狩猟者確保講座が5日、飯田市大瀬木の飯田国際射撃場であった。クレー射撃の見学やわな設置体験、シカの解体やジビエ料理の試食などがあり、訪れた親子連れなど40人が狩猟の魅力を味わった。

    猟友会員の高齢化や若者の狩猟離れが進む中、狩猟への関心を高めようと開催している。飯伊連合猟友会の若手会員による「南信州ハンターズ」が企画運営して実施した。

    訪れた約40人は、狩猟免許や支援制度などを学ぶとそれぞれのメニュー体験へ。クレー射撃の見学やエアガンの射撃、くくりわな作りなどをした。

    シカの解体では、希望する参加者も加わって体験。ハンターズ会員に教わりながら、肉の部位を切り分けていった。

    ジビエ試食会では、下伊那農業高校アグリ研究班が考案したジビエ料理を提供。チャーハンやカルパッチョ、春巻きとともにハンターズ会員によるカレーも振る舞われた。

    市内から参加した伊藤和樹さん(23)と吉澤貴行さん(24)は「シカをまともに見る機会がなかった。ジビエの味も個性的。貴重な体験ができた」と話した。

    南信州ハンターズ代表の八代寛司さん(29)は「多くの方に来てもらい、興味を持ってもらうことができた。若い人が狩猟の世界を知る入口にしたい」と語った。

    南信州新聞
    http://minamishinshu.jp/news/local/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1623158906/

    【【長野】若者の狩猟離れが進んでいる…飯田市で新規狩猟者確保講座が開かれる】の続きを読む

    このページのトップヘ