旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    山梨県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/12/27(月) 06:46:38.50 ID:INN0B/qB9
    24日から山梨県内の一部の店舗で販売が始まったのは「桔梗信玄餅 極」だ。

    味や内容量はそのままに、プラスチック容器を丸ごと食べられるもなかに変更した。客の要望がきっかけで、半世紀越しで実現した商品だという。

    「桔梗信玄餅 極」は桔梗屋甲府本館など3店舗で先行販売している。

    https://www.ybs.jp/tv/wnews/sp/news120se3fg4fjso62gsmu.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1640555198/

    【【山梨】 丸ごと食べられる「桔梗信玄餅」が登場 容器が「もなか」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    adptIMGP5231-750x497

    1: 名無しの旅人 2021/07/10(土) 07:05:15.45 ID:wM7tQOQL0
    かなしい

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1625868315/

    【【悲報】山梨県、富士山しかない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    fujisan_shikaku

    1: 名無しの旅人 2021/06/27(日) 07:59:53.535 ID:Z9acOvRu0
    信玄vs家康

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1624748393/

    【「山梨県」vs「静岡県」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/11/13(土) 21:31:41.27 ID:DRMnIgw/9
    光の海に浮かぶ富士山――。そんなツイートが投稿され、話題になっている。

    こちらはツイッターユーザーのまちゅばら(@mpmb7)さんが2021年11月8日に投稿したもの。

    10月22日夜19時頃、富士山と麓の街並みを捉えた1枚の写真。煌めく街の光と、薄闇に潜む富士山のコントラストが美しい。

    「光の海」とは、「街明かりが逆さ富士のように見えたので、それを海に見立てたフレーズ」とのこと。たしかに、富士山のすぐ下にあたる部分は、三角形に白っぽく光っていて、山頂の雪が反射しているようだ。

    周りに広がるのは、激しく波打つように輝く、平地一面の光。堂々とそびえる富士山も、その眩しさに負けじと存在感を強めているように感じる。

    このツイートには、こんな反応が。

    「わあ!!めちゃめちゃ綺麗です」
    「素晴らしい夜景。ため息が出る」
    「想像を超えた現実世界の美しさ」
    「これはすごい美しいですね!!めっちゃ見入ってしまいました」

    幻想的な景色に、見惚れてしまう人が続出している。

    日本を象徴する富士山。星にも届きそうなほどの高さから、街が発展してゆく様子を見守ってくれているのかもしれない。(ライター:Met)

    2021年11月13日 18時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/21189096/

    写真
    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1636806701/

    【【写真】「光の海」が広がっているみたい 富士山の麓に広がる街並みが圧倒的に美しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    document_tenkin_jirei_businessman

    1: 名無しの旅人 2021/06/21(月) 18:50:55.40 ID:iziqcpQXd
    どうする?

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1624269055/

    【上司「山梨県か山形県に転勤になる、どっちか選べ」】の続きを読む

    このページのトップヘ