旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    福井県

    1: 名無しの旅人 2018/09/08(土) 15:44:24.42 ID:lPUFVa930 BE:228348493-PLT(16000)
    JR福井駅で自動改札機の運用開始
    西日本管内で最後「やっとこの日が」
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/696068
    運用が開始された自動改札機=9月8日、福井県福井市のJR福井駅
    no title

    福井県に自動改札機がやってきた!
    JR西日本は9月8日、福井県の福井と敦賀の両駅で自動改札機の運用を開始した。
    福井県はJR西日本管内の2府16県で唯一の自動改札機空白県から脱却した。
    待ちわびた鉄道ファンらが早速、切符を機械に投入して改札を通過していった。
    慣れないため、切符を取り忘れる姿も見られた。(中略)

    県内初の自動改札機の起動を見届けようと、越前市から訪れた少年(14)は「やっとこの日が来た」と興奮した様子で、起動の様子をしっかりビデオカメラに収めた。
    自動改札機を通して小さな穴のあいた切符を手に「清々しい気分です」と話し、満面の笑みで始発列車に乗った。

    東京へ遊びに行くあわら市の会社員男性(25)は「自動改札機がないといつもばかにされるので、都会と同じになって嬉しい。福井も進んだ」と喜んでいた。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536389064/

    【福井県に自動改札機がやってきた! JR福井駅で運用開始「もう馬鹿にされない」ビデオに収める人も 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/05/24(木) 10:04:51.21 ID:qeCLqGB60 BE:932354893-PLT(12931)
    画像
    no title

    猫みたいな林、水田の中に浮かぶ
    大野市蕨生、杉が高く伸び

    福井県大野市蕨生の水田の中に猫の顔のような形の林が見える。
    丸みを帯びた顔に、ちょこんと耳が二つ。
    緑が茂り自然に形作られた林は、まるで田んぼに浮かぶ無人島のようだ。

    土地を所有する城地治道さん(62)によると、桜や栗などの広葉樹の中で2本の杉が高く伸び「たまたま角が生えたような形になった」。
    林の中には経ケ岳が噴火した時に飛んで来たとされる巨大な岩がある。
    山伏が修行をしたという言い伝えから「山伏岩」と呼ばれている。

    地元の富田地区では「岩の下に宝が埋められているのでは」「たたりを恐れ、1960年ごろの土地改良の際にも塚の周りが残された」とも言われる。
    今は地域の「宝」として、林の近くに岩を紹介する看板が掲げられている。

    角や耳が生えたような姿に「なるほど言われてみれば…。
    新緑シーズンならではの風景やね」と話すのは、林の正面に住む城地諭さん(73)。
    近くでは中部縦貫自動車道の延伸に向け「道の駅」の整備が進んでおり「(観光客向けに)岩を中心に周遊コースを設定する構想が住民の中にある。
    一つ一つの見方を変えれば地域の宝がもっと見つかるかも」と目を輝かせた。

    林は国道158号の中休交差点から南へしばらく行った所から見ることができる。
    水田に囲まれているため、地元では「遠くからの眺めを楽しんでもらえたら」と話している。

    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/333783

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527123891/

    【福井県で「猫の林」が見つかる 】の続きを読む

    このページのトップヘ