旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    石川県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/04/04(土) 20:56:23.05 ID:AF9f4QS/9
    都市部を中心に外出自粛の動きが広がる中、石川県内の観光地もこれまでよりも人通りが少なくなっています。

    金沢市の近江町市場では、保健所の要請を受け、従業員がマスクを着用して接客に当たっていました。
    市場には週末は県外からの観光客が多く訪れますが、東京や大阪、京都などで外出自粛の要請が広がり、4日は地元の買い物客の利用が目立ちました。

    買い物に訪れた女性は「この前までもう少し客があふれていたが、きょうはとても少ない。車もすぐに(駐車場に)入れた。(地元客にとっては)買い物はしやすいが、店も困るだろうし少しさびしい」と話していました。

    市場の振興組合によりますと、買い物客の数は例年の3分の1程度にまで落ち込んでいて、飲食店の中には来週から休業する店もあるということです

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00010001-mrov-l17
    4/4(土) 18:45配信

    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586001383/

    【【石川】金沢、観光地の人通り少なく ― 近江町市場は“例年の3分の1”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/02/15(土) 00:27:46.61 ID:VTmTHrit0

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1581694066/

    【【画像】金沢で一人3000円で食える寿司がこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/25(水) 19:17:17.23 ID:hVIzYhM19
    これから本格的な花見シーズンを迎える、金沢・兼六園。毎年行っている無料開園やライトアップなどに新型コロナウイルスの影響は…。

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、首都圏ではお花見も「自粛」。まもなく開花を迎える石川県内は、どうなるのでしょうか。

    谷本石川県知事:
    「ずっと引きこもってばかりでは経済に影響がでる。花見の時期くらいは兼六園にきてほしい」

    行楽シーズンを迎え、いつもなら多くの観光客が訪れる兼六園ですが客足はまばらです。

    観光客:
    「お花見はめでるくらいだから」
    「今の時期しかないからやったほうがいい」
    「お花見すると気分があがる」

    兼六園周辺の店も、お花見シーズンに期待しています。

    店の人:
    「これまで半分くらいしか来ていない。(花見のシーズンで)取り返したい」

    石川県は桜の開花にあわせ、無料開放とライトアップは例年通り行う予定です。

    ソース/石川テレビ
    https://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00228496/

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585131437/

    【【新型コロナ】石川県知事「花見に兼六園来て」無料開園やライトアップも実施】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 19/11/26(火)21:04:12 ID:0Aj
    能登なんだよなぁ…

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574769852/

    【ワイ「石川県出身です」敵「金沢いいよね!兼六園とか21世紀美術館とか…」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/08(日) 22:33:44.25 ID:0EBVkUV49
    まるで高級料亭のような観光列車が、石川県内を走っていることをご存じだろうか。

    金沢駅から和倉温泉駅の間を運行するその列車の名は、「花嫁のれん」。

    結婚する娘の幸せを願って、色鮮やかな暖簾をもたせるという北陸の風習「花嫁のれん」から名付けられている(運行会社のIRいしかわ鉄道公式サイトより)。

    石川県の伝統工芸品・輪島塗のような赤い色が、外装にも内装にもふんだんに用いられた花嫁のれん号。その上に色とりどりの花や紅葉、ちょうちょが描かれていて華やかだ。

    座席の前には「桜梅の間」とまるで料亭や旅館のような札が掛けられていて、電車の中とは思えない。

    こちらの写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのとさろく(@ef651036jrf)さん。花嫁のれん号に乗車し、

    「これが列車なの凄すぎるでしょ。高級料亭ちゃうぞこれ」
    「マジで観光列車の中でも別格やぞ、乗ろう!」
    と感想を呟いている。

    「高級料亭みたいな金沢~和倉温泉の観光列車、花嫁のれん号。マジで観光列車の中でも別格やぞ、乗ろう!」

    ■車内の隅々まで和風

    とさろくさんに、「花嫁のれん」のどんなところに魅力を感じたのか聞くと、

    「まず、車内に最近の観光列車にありがちな『とりあえず木で暖かみを出す』というようなテーマのマンネリ化が無いんですよね。花嫁のれんは金沢の特徴である加賀友禅などの優美さの雰囲気を車両全体で出すことに強いこだわりを持っていると感じました」

    との答え。

    JRおでかけネットの「花嫁のれん」紹介ページによると、この車両のコンセプトは「和と美のおもてなし」。輪島塗や加賀友禅、金沢の金箔など石川県の工芸品の魅力を味わえる装飾が施されている。

    「花嫁のれん」は2両編成で、とさろくさんが乗った1号車には8つの半個室がある。

    「桜梅の間」「撫子の間」「扇絵の間」......といったように名前がついていて、各部屋の壁にはそれぞれ異なる友禅のデザインがあしらわれているという。違う席に乗れば、全く違う旅情が味わえそうだ。

    花嫁のれん号の「和」へのこだわりは客席だけではない。「車内の隅々までこだわっている点もよいと感じた所でした」ととさろくさん。

    例えば、軽食の提供や車内販売を行うアテンダントが和装だったり、和服を着た男女のアイコンがトイレの案内に使われていたりする。

    また、とさろくさんが「高級料亭みたい」と感じた理由は、列車のデザインだけでなく、中でのおもてなしの細やかさにもあるようだ。

    「車内で軽食を食べられるのですが、配膳の方法とタイミングが心地よいものでした。それに加えてだいたいの傾向を熟知されているのか、ちょうど食べ終わり一息つき終わった時に弁当ガラの回収が来ます。驚く程にタイミングが完璧でした」(とさろくさん)

    華やかな車内に丁寧なおもてなし。花嫁のれん号に乗れば、時代劇に出てくるお姫様のような気分を味わえるかもしれない。石川県に行くときには、ぜひこの列車に乗って旅をしてみたいものだ。

    2020年3月8日 20時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/17933726/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583674424/

    【【鉄道】これが本当に電車なの? 石川県を走る「花嫁のれん号」はまるで高級料亭】の続きを読む

    このページのトップヘ