旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    神奈川県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-070203_MM21&FUJI

    1: 名無しの旅人 2020/04/30(木) 01:58:31.013 ID:LQf64U5h0
    都会 桜木町
    古 鎌倉
    田舎 愛甲郡
    海 江ノ島 藤沢
    温泉 箱根
    スラム 川崎 町田


    神奈川県で全部揃う

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1588179511/

    【「神奈川県」って縮小版日本って感じするよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/06/17(水) 20:41:15.71 ID:SoZx1DU49
    崎陽軒、横浜駅ビルにスイーツ店 初の「シウマイ」なし
    2020年6月17日 19:30 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60459120X10C20A6L82000/

    崎陽軒(横浜市)は18日、横浜駅西口にスイーツ専門店「HB Style KIYOKEN」を開業する。テークアウト専門で、中華料理に使われる杏仁(あんにん)をメーンに、パフェやソフトクリームなどを提供する。主力の「シウマイ」を販売しない店舗は同社で初めてという。

    新店舗は横浜駅直結のJR横浜タワーに開設する。「食べてきれいになる」をコンセプトに、グルテンフリーや人工甘味料の不使用にこだわった。同社は「シウマイ弁当」などサラリーマン向けのイメージが強いが、健康を意識したスイーツで女性客を取り込む。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592394075/

    【【シウマイなし】崎陽軒、横浜駅ビルに持ち帰りスイーツ店開業 初の「シウマイ」メニュー無し店舗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    landmark_chukagai_chouyoumon

    1: 名無しの旅人 2020/04/30(木) 12:51:11.26 ID:HYi8Cr700
    神戸と横浜どっちがお洒落なのか

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1588218671/

    【兵庫県神戸市←なんかお洒落 神奈川県横浜市←なんかお洒落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1024px-Yokohama_Landmark_Tower_at_night_2

    1: 名無しの旅人 20/03/22(日)16:58:49 ID:bZC
    皆がイメージする神奈川は湘南~鎌倉~川崎とかやからな

    横浜が神奈川県の県庁と知らん人もおるくらいや

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1584863929/

    【横浜市民やが「神奈川」のくくりにされなそうだから寂しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/05/16(土) 21:26:51.90 ID:zIU6sFBk9
    住んでみたい街の理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は「横須賀中央」(神奈川県横須賀市)について、ライターの金子則男氏が解説する。

    日本には横田(福生市=東京)、三沢(青森県)、岩国(山口県)、そして沖縄など、各地に米軍基地がありますが、とりわけ“アメリカ色”が強い印象の街が横須賀。軍港として賑わい、異国情緒漂う街は、これまで数々の名曲でも歌われてきました。
    観光地という印象も強い横須賀ですが、住む街としての実力はいかほどでしょうか。

    まず鉄道ですが、市内から横浜・東京方面に行けるのはJRと京浜急行の2線。JR横須賀線には「横須賀駅」、京急には「横須賀中央駅」がありますが、両駅は2kmほど離れており、街の中心は横須賀中央です。
    横須賀中央から横浜まで26分、品川まで44分、新橋まで54分ですから、都内へも十分に通勤は可能。京急が誇る転換クロスシート(進行方向を向いて座る2人がけシートが並ぶ座席)に座れれば、都心まで快適に過ごせます。

    道路状況は今ひとつですが、車はあったほうが便利でしょう。平地が少なく、海を少し離れれば坂だらけですし、海岸沿いのショッピングゾーンも車で行くのが便利な場所。
    要となる国道16号は交通量が多く、横浜方面への有料道路「横浜横須賀道路」は、料金がやたら高いことで有名ですが、海辺をドライブすれば細かいモヤモヤなど吹っ飛ぶことでしょう。

    日本にいながら気分はアメリカン

    記念艦三笠、海軍カレー、スカジャン、横須賀美術館など、横須賀の魅力を挙げればきりがありませんが、1つ挙げるとすれば“アメリカンな雰囲気”。
    街を歩けば、そこかしこで在日米軍の軍人と思しき外国人の姿が見かけられ、メインストリートの「ドブ板通り」に立ち並ぶハンバーガーショップ、放出品が並ぶ洋服屋、ダーツやビリヤードができるバーなどの雰囲気はアメリカそのもの。客の大半が外国人というお店も珍しくありません。

    その一方で、駅周辺は“普通の日本の街”として栄えています。駅ビルのモアーズシティ、ビルと商店街が一体化した「三笠ビル商店街」、国道16号沿いに建つ大型ショッピングモール「コースカベイサイドストアーズ」(旧「ショッパーズプラザ横須賀」)など、買い物はよりどりみどり。アメリカングルメはもちろん、あらゆるジャンルの飲食店が揃っており、居酒屋も大充実しています。

    自然も豊富です。鎌倉や茅ヶ崎のように、駅から歩いて海水浴を楽しむことはできませんが、ヴェルニー公園、三笠公園、うみかぜ公園など、海沿いの公園を散策する爽快感は格別。
    散歩をしながら艦船や潜水艦などを見られます。このほか、ウインドサーフィン、海釣り、東京湾に浮かぶ猿島でのBBQや磯遊び、観光船での軍港めぐり、三浦半島産の海の幸・山の幸・産直野菜など、魅力はてんこ盛りです。

    問題点は確かにあります。横須賀市は人口減少が進んでおり、2013年には転出超過数(転入者数から転出者数を差し引いた数)が全国ワースト1になったことも。
    ここ10年で市の人口は2万人も減っています。高齢化も進んでいますが、市内は平地が少なく、横須賀中央駅もすぐ裏は山(崖?)。高齢者には少々厳しい環境です。
    京急に乗ると、金沢八景から先はトンネルだらけで、“ずいぶん遠くまで来たなぁ”という感想を抱いてしまいます。

    ただ、今や日本全国どこへ行っても、似たような駅舎、似たような街並み、似たようなお店が並ぶ光景ばかりですが、横須賀はそういったものとはまったく無縁。
    唯一無二の文化が構築されていて、地元民の地元愛も絶大です。

    ファミリーはもちろん独身もOKですし、第2の人生を送る場所としてもピッタリ。都会的な生活もできますし、スローライフをエンジョイすることもできます。
    一度も訪れたことがない方は、とりあえず観光目的で訪ねてみてはいかがでしょうか。独特の文化と雰囲気を携えた“わざわざ住みたい・わざわざ帰りたい街”と考える人も少なくないのではないでしょうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00000003-moneypost-bus_all
    5/16(土) 13:00配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589632011/

    【【地域】海と異文化が身近にある「横須賀」の住む街としての実力】の続きを読む

    このページのトップヘ