旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    東京都

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/09(月) 02:05:13.80 ID:4WfWukKA9
    1月末、渋谷・宮益坂にオープンした『東京たらこスパゲティ』1号店に、連日大行列ができている。店名通りのたらこスパゲティ専門店で、とんかつチェーン「かつや」を経営するアークランドサービスホールディングスの子会社が仕掛ける、女性をメインターゲットにした「進化系たらこスパゲティ」店だ。

    たらこスパゲティは確かに和風スパの王道だが、大行列ができるほど人気になっているのはなぜか。
    それを探るべく、2月某日、マネーポストWEBの記者・E(40代・女性)が同店を訪れた。

    極力長い行列を避けようと、向かったのは金曜日の午後4時。小雨がぱらつく寒空の中、それでも20人近くが並んでいた。
    30分ほど待って店内へ。入口にある大きなかまどが印象的な店内は、木目を基調とした柔らかくこざっぱりした雰囲気。
    案内されたのは、1階のカウンター席だ。周りはカップルや、女性グループ、そして記者と同じくおひとり様の女性客も。2階も含めて、圧倒的に女性客が多かった。

    途中で出汁を入れて2度楽しめる

    メニューはスパゲティが14種類、そのうちたらこや明太子を使用しているものは10種類。
    スタッフの説明によると、一番人気は、看板メニューの『炙りたらこのお出汁スパゲティ(出汁スープ付き)』(890円+税)のようだ。
    “進化系”と銘打つ理由の一つが、この“お出汁スパゲティ”の存在で、途中で出汁を入れることで2度楽しむことができる。
    『炙りたらこ』のほか、『炙り明太子』『明太鮭』『いくらと山わさび』の4種類のメニューがある。

    “お出汁スパゲティ”以外にも、平打ち麺を使った『白味噌と豆乳の明太クリーム』(990円+税)、『とろろ明太大葉のソース』(1190円+税)、『たらこと豆乳のカルボナーラ』(990円+税)など、こってり系のメニューも充実。『山盛りしらすのペペロンチーノ』(990円+税)をはじめ、たらこや明太子を使わないメニューもあるが、基本的にすべて和風で、トマト系や生クリーム系といった洋風のものはない。

    早速『炙りたらこのお出汁スパゲティ』をオーダー。プラス200円(+税)で生姜ご飯とおばんざいを付け、定食にできる。
    ものの5分で運ばれてきたスパゲティには、ごろりとした炙りたらこをはじめ、海苔、しそ、ネギ、みょうが、ゴマなどの薬味がどっさりだ。

    まずはスパゲティをたらこや薬味とよく混ぜ、ズルズルとすすってみる。タピオカが配合されているという麺は、弾力があり、薬味とよく絡んで一体感のある味になる。
    このモチモチさ加減は、讃岐うどんの“ぶっかけ”を食べている感覚に近いかもしれない。

    3分の1ほど食べ進めたところで、お出汁を投入。薬味も相まって、まさに“たらこ茶漬け”状態になったスパゲティは、炙りたらこが適度に薄められ、より一層サラサラ食べられた。
    お茶漬けにするだけで不思議なリセット感があり、この“味変”に人気の秘密があるのかもしれない。胃もたれしないのもうれしい。

    スパゲティと、あっさりとした生姜ご飯、そして野菜中心のおばんざいをもりもり平らげ、一息ついたところで、タイミングよくお茶を淹れてもらった。店内での滞在は約30分。
    他の客も食事を済ませるとさっさと帰っており、回転は早い印象。だが、お店の雰囲気はまったくせかせかしておらず、いい意味で “ファーストフード感”のない、満足度の高い食事となった。
    『東京たらこスパゲティ』に女性客が魅了されるのは、単に目新しさだけではないのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00000002-moneypost-bus_all
    3/5(木) 15:00配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583687113/

    【【外食】連日大行列の「東京たらこスパゲティ」、人気の秘密は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/03/03(火) 19:35:33.81 ID:3xZBaglT9
    すっかり観光客が減った浅草寺。「平日でもたくさんの人でにぎわってましたが」と店主(2020年2月25日、筆者撮影)
    no title

    門前町として知られる東京屈指の観光地、浅草。2019年は約953万人の外国人観光客が訪れ、浅草寺(せんそうじ)と門前の仲見世を中心に毎日がお祭り騒ぎに近い賑わいだった。

    ところが、2020年1月末に中国が新型肺炎の拡大を理由にすべての団体旅行を禁止すると、浅草への来訪者がガタッと減った。町を歩くと戸惑いの声が聞こえてくる一方で、「インバウンドバブルが弾けた今こそ」と浅草の“立て直し”に向けた動きが始まっている。

    ■「あれはバブルだった」

    浅草の現在の賑わいのルーツは江戸時代にさかのぼる。寺社奉行の管轄地である浅草は、吉原、猿若三座を中心に庶民の生活文化が花開く江戸経済の中心地だった。

    その浅草には今なお66の商店街がある。最も有名なのは仲見世商店街だ。仲見世はつい最近まで、まるで人の頭しか見えないほどの混雑ぶりだった。雷門から浅草寺まで人の行列が続き、「どんな急ぎの用事でも小走りができない」と地元住民は当惑していた。

    だが、新型肺炎の感染拡大によって、図らずも本来の落ち着きを取り戻したようだ。浅草に限らず、「あれはバブルだった」と振り返る観光地の住民は少なくない。日本政府が外国人観光客の誘客目標を2000万人、3000万人、4000万人と積み増していく中で、「本当に地元経済は潤ったのか?」と我に返る住民もいる。

    ※省略

    レンタル着物を着る外国人観光客が増えたのも、“痛しかゆし”の問題だ。日本の和装文化がインバウンドによって息を吹き返したのはいいことだが、外国人ウケを狙ってレンタル着物の色や柄がどんどん派手になってきたという。地元住民の中にはそれを見て「あれでは吉原だ」と眉をひそめる人もいる。

    「鰻のご飯が大盛りになった」「てんぷらの衣が大きくなった」――浅草ではそんな変化も起きている。「食べ物が、みんな中国人好みに変わってしまった」と嘆く人もいる。さらには外国人旅行者による万引きも増えているという。最近は若い欧米人のグループが万引きに手を染めている。「日本人はおとなしくて何も言えないことを知っているのでしょう」との声も聞かれる。

    ■負の循環で消えていった老舗の店

    浅草には66の商店街、1200軒の店があるが、それを束ねるのが協同組合・浅草商店連合会(以下、浅草商連)だ。2020年で70周年を迎える大きな組織である。理事長の丸山眞司さんは「インバウンドで確かに潤った部分はあるが」と前置きしつつも、「今の浅草は、かつての粋な浅草ではなくなりました」と嘆く。

    浅草では東京五輪を目前に用地取得が盛んに行われた。地元住民が「多すぎではないか」と思うほどホテル建設が進んだ。また、飲食店や雑貨店、ドラッグストアなどの出店も多く、不動産の取引相場が上昇した。

    雷門通りの路線価をみると、2016年から2019年にかけてのわずか3年で40%超増加した土地もある。「土地の路線価がべらぼうに上がり、これによって固定資産税が増すと、自分の商売を畳む人が出てきました。店を閉じて家賃収入に頼る方が儲かるのです」(丸山さん)。

    「あの店も閉じてしまった」「あそこも今月いっぱいらしい」――そんな噂が飛び交う。50年、100年と続いたにもかかわらず、得意客に惜しまれながら消えていく老舗が後を絶たない。観光客が大挙して繰り出し、潤っているかのように見える浅草だが、実は「失ってしまったもの」が少なくないのだ。

    一方で、外部からの新たな資本参入は、一時的な「目新しさ」にはなるものの、地元にとって長期的にはプラスになりにくい。「新しく入ってきたチェーン店のなかには町会費を払わないところもあります。そうした店が多数を占めれば、地域コミュニティは壊れかねません。外部の資本は“事業撤退”という選択をすることができますが、私たち住民はここから逃げることはできないのです」と丸山さんは不安を訴える。

    ■地元住民ありきの町づくりを

    ウイルス騒動に巻き込まれた浅草だが、泣き寝入りはしていない。2月、浅草商連で「浅草の魅力をもう一度検証しよう」という新たな会議が立ち上がった。目下、浅草の100軒にヒアリング調査をしている最中だ。「振り出しに戻ってもいいから、これを機会に浅草を立て直したい」と丸山さんは言う。(続きはソース)

    3/3(火) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200303-00059497-jbpressz-bus_all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583231733/

    【【浅草】「みんな中国人好みに変わってしまった」 インバウンドバブル崩壊は好機、立て直しに挑む浅草 地元住民ありきの町づくりを】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/02/28(金) 15:32:19.781 ID:z+rUjGPJ0
    日によって10円の寿司が変わるらしい。安すぎだろ
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1582871539/

    【【画像】歌舞伎町の10円寿司ヤバすぎてワロタwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    omiyage

    1: 名無しの旅人 2020/02/10(月) 06:53:49.27 ID:WG1JkuK3d
    教えろや

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1581285229/

    【【急募】東京のお土産に自信ニキ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2020/02/14(金) 15:42:49.21 ID:zIPp2BOE9
    西武グループの遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が、8月末から段階的に閉園することが14日わかった。夏に多くの人でにぎわう大型プールは当面営業を続ける方向で検討しているが、それ以外の施設を順次閉める方針だ。

    関係者によると、運営する西武ホールディングス(HD)が、園内で働く従業員らに8月末での営業終了を伝えているという。

    跡地は、米映画大手ワーナー・ブラザースが「ハリー・ポッター」のテーマパークを2023年度にも開園する方向で調整している。約20ヘクタールの園内の一部を、ワーナーが借りて運営する方向だ。映画や小説で人気の「ハリポタ」の新施設で、西武沿線の新たな集客拠点をめざす。

    残りの土地は東京都が買い取り、災害時の避難場所にもなる大規模公園をつくる予定。西武HDとワーナー、都が協議中で、今春にも正式決定するとみられる。

    2020年2月14日 14時00分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASN2G3K3VN2FULFA030.html?iref=comtop_8_03

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1581662569/

    【【東京】としまえん閉園、8月末から プール以外は段階的に終了】の続きを読む

    このページのトップヘ