旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    埼玉県

    1: 名無しの旅人 2019/05/06(月) 21:38:16.58 ID:eDciFTV+9
    そば・うどん、ハンバーガーにトースト――自動販売機でこれらのメニューを買い、その場で食べるオートレストラン。かつては全国の国道沿いにあったがコンビニエンスストアの隆盛でその姿を見かける機会も少なくなった。

    しかし、一部の地域ではこうしたオーレストランも未だに健在。Jタウンネット編集部では東京からも行きやすい埼玉県の店舗に行ってみた。今回は埼玉県久喜市の「オートパーラーまんぷく」。果たしてどんな店なのだろうか。

    オートパーラーまんぷくがあるのは国道125線沿い。茨城県古河市との県境も近く、埼玉県の端っこにあるオートパーラーといっても過言ではない。

    筆者がここを訪れたのは金曜の深夜。日付が変わっていつもは交通量の多い県道3号線から125号を通る。東武日光線を超え、コンビニでもありえないような光を放っている。

    ド派手な外観は少しびっくりしてしまう。大型車の駐車スペースもあるためか、一般車の駐車スペースがほんの少し狭く感じる。

    店舗のスペースは2か所に分かれている。

    以下ソース
    2019/5/6 18:00
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190506-83706746-jtown

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557146296/

    【シャワーにランドリー、レトロゲームまで... もはや住みたい!埼玉の自販機レストラン】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/26(金) 16:21:31.19 ID:bUJM1f2O9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190426/k10011897941000.html

    元号が平成から令和にかわるまであと5日となりました。さいたま市の鉄道博物館では、もう一つさかのぼって昭和の時代に新幹線の食堂車で好評だったメニューが再現され、鉄道ファンや家族連れの人気を集めています。

    さいたま市大宮区にある鉄道博物館では、去年7月、運転士や車掌の仕事を体験できる新館がオープンし、鉄道ファンや子どもたちでにぎわっています。

    この新館のレストランで人気を集めているのが、昭和を思い起こさせるメニューの「ベロネーズ」です。
    「ベロネーズ」は、甘めに味付けしたミートソーススパゲッティの上に揚げたてのトンカツをのせた洋食で、昭和40年代以降、東海道新幹線の食堂車などで提供されていました。
    往年の鉄道ファンや家族連れなどに好評で、最近は1日に30食ほどの注文がある人気メニューだということです。

    2歳の娘と取り分けながら食べていた男性は「ミートソースとカツという組み合わせが昭和を感じます。
    昭和生まれなので、懐かしい感じがしておいしいです」と話していました。

    レストランの星守道店長は「まもなく元号が令和に変わりますが、食堂車に思い出がある人も多いと思うのでぜひ、昭和の味を残していきたい」と話していました。

    鉄道博物館では、27日からの10連休の期間中、「令和」への改元を記念して、平成の車両や時刻表を振り返るイベントなどが企画されています。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1556263291/

    【【食べ物】“昭和の味”が人気、鉄道博物館で食堂車のメニュー再現。ミートソーススパにトンカツを乗せた「ベロネーズ」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/04/18(木) 18:03:09.11 ID:RodPmoGe9
    西武鉄道(埼玉県所沢市)は2019年4月27日から5月6日にかけて、本川越駅と飯能駅間で臨時特急を運行する。

    3月16日に運行を開始した新型特急車両「Laview(ラビュー)」で、通常は運行しない新宿線と池袋線をまたいで、かつ所沢を経由するルートになっている。それだけに地図で確認をすると、何とも変わったルートであるのがわかる。
    .
    ■「ものすごいルート」

    ラビューは建築家の妹島和世さんが監修した新型車両で、普段は池袋線と西武秩父線を走っている。

    大型連休の臨時特急で新宿線の一部を初めて運行するのもひとつの目玉。西武線沿線、埼玉県内の観光地を周遊するにも向いている臨時特急だが、インターネット上でそのルートが話題になっている。

    ツイッターでは、

    「西武の新たな直通特急、埼玉県内で完結するのは面白いがものすごいルートだ」 「そことそこ、目の前繋げろw路線変更機能でいいからw」

    といった反応が寄せられているが、どういうことなのか。

    飯能駅と本川越駅を直線で結ぶと...
    no title


    飯能と本川越を直線で結ぶと約16キロメートル。あまり距離を感じない上に特急が走るにしては間が短すぎる。

    しかし、今回走る特急の途中停車駅は狭山市駅、所沢駅、入間市駅の3か所が設定されている。

    臨時特急の運行ルート
    no title


    本川越から新宿線、そして所沢の後は池袋線に入るだけだが、いずれも通常運行している東京方面には行かないため、かなり遠回りするルートになってしまった。

    通常、本川越から飯能までは乗り換え時間を含めても50分ほど。遠回りではあるが、今回の特急では46分と一応は少し早く到着する。

    狭山市駅と入間市駅がつながっていればまた話も変わってくるのだが、両駅の間にあるのは航空自衛隊入間基地とあって非現実的だ。

    とはいえ、この臨時特急目的は「西武線沿線、埼玉県内の観光地を周遊」することにある。これくらい大回りな方が観光や遊びには向いているようにも思える。

    大型連休は新型車両で埼玉観光――なんてルートが定着すれば県民にとっても喜ばしい。せっかくの連休、西武線を使って埼玉で過ごしてみるのはいかがだろうか。

    2019年4月18日 12:46 Jタウンネット
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/278747.html?p=all

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1555578189/

    【【鉄道】西武鉄道の臨時特急「Laview」 GWの運行ルートが「ものすごい」 川越・所沢・飯能を「超V字」で結ぶ】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/03/29(金) 12:46:56.41 ID:ukBqBpmR9
    Q.うどんといえば

    A.香川県

    10人いれば11人がそう答えることでおなじみの日本の“常識”である。しかし2015年4月以降、インターネットの片隅から奇妙な声が聞こえてくるようになった。「さ、埼玉を…日本一の…うどん県に…しようZE…」


    この一見酔狂なようでいて、実は非常に真摯な呼び掛けは、ある有志団体、その名も「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」によるもの。一部では知られた話だが、埼玉のうどん生産量は、香川に次いで全国2位。「会の設立当時は、町のうどん屋さんでも知らない人が多かった」と同会。「埼玉には誇るべきうどん文化があるんです」

    さて、時は今月初旬。ツイッターに投稿されたある檄文が大きな話題を呼んだ。一部を引用する。

    【埼玉を日本一の「うどん県」にしよう! 全埼玉県民が7倍近い人口差を生かし、1か月に今よりもプラス2杯のうどんを食べることができたら香川県を抜くことができると、「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」会長・永谷晶久氏が提唱している】

    この大胆な知略に、ツイッターは「卑劣すぎて草」「香川と埼玉の戦争不可避」などと大盛り上がり。同会の活動はこれまでも折に触れてメディアに取り上げられてきたが、これを機にまた一気に注目を集めることになった。

    ただ、ネタ的に消費されがちなこのスローガンだが、同会のうどんへの思いは真剣そのものだ。当然のことながら、埼玉のうどんについては造詣も深く、人並み以上の愛着を持つ。

    「埼玉のうどんの魅力は、一説には25に上るとも言われる種類の多さ。武蔵野うどんや煮ぼうとうなどの『ご当地うどん』、地域活性化のために各地元が開発した鳩ケ谷ソース焼きうどんや藤うどんなどの『ニューウェーブうどん』が代表格として挙げられます」(同会)

    埼玉のうどんに誇りを持つ永谷会長らは、県内の頑張っているうどん店をネットなどで紹介、応援するとともに、情報発信にも努める。食べ歩きツアーやうどん打ちイベントなども精力的に実施し、埼玉のうどん文化盛り上げに取り組んできた。

    香川県に対しても、決して敵愾心を抱いているわけではないという。

    「我々にとって大きな目標となる県。共に『うどん』で地域を盛り上げている(または、盛り上げたい)県ということで、一方的にですが、仲間、同志だと思っています」と同会。「その上で、私たちは埼玉のうどんの魅力を埼玉の人たちに伝えて、少しでも地元を好きになってほしいと願っています」

    ちなみにツイッターで拡散された檄文は、今月末まで開催中のイベント「西武線沿線うどんラリー2019」のパンフレットに印刷されていたものという。埼玉を中心に走る西武鉄道が2017年から展開している名物企画で、今回は埼玉を自虐的に描いて話題の映画「翔んで埼玉」とタイアップ。沿線で人気の12店のうどんを味わいに、足を運んではいかが。あなたの1杯が、埼玉の「日本一の『うどん県』」奪取につながる1杯になるかもしれない。(神戸新聞・黒川裕生)

    3/28(木) 10:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000037-dal-life


    絶対王者の参考動画
    http://youtube.com/watch?v=chYjt3Ww6SA

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553831216/

    【埼玉を日本一の「うどん県」に!香川の人口差につけ込んだ戦略が話題 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/28(月) 20:22:31.46 ID:DD9h7xWnp
    no title

    no title

    no title



    彡(゚)(゚) 「ファッ!? 確かに東京のビル郡と比較すると若干の見劣りはするものの、ゴボウや蓮根育てるだけの糞茨城を想像してたらなんやこれは!?普通に都会の町並みやんけ!!」

    ( ´・ω・` )「そう!埼玉県の街並みは東京にも負けてないんだ!」

    彡(゚)(^)( ´^ω・` )「みんな!関東観光はぜひ埼玉県へ!」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1548674551/

    【彡(゚)(゚)「埼玉県?どうせ田んぼだらけの田舎やん」( ´・ω・` )それではこちらをご覧下さい 】の続きを読む

    このページのトップヘ