旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    埼玉県

    1: 名無しの旅人 2018/08/22(水) 10:31:07.02 ID:QU/IJRQ60● BE:776149888-2BP(2000)
    全国の個性豊かなご当地うどんが集う「第8回全国ご当地うどんサミット2018in熊谷」(11月10、11日)の開催を前に、同実行委員会は9月8日午後2時から、熊谷市本町の熊谷商工信用組合(くましん)大ホールで記念フォーラムを開く。サミット開催に向けた機運を醸成し、うどんの魅力を発信する。

    工学院大学先進工学部応用化学科教授の山田昌治氏が「うどんは日本の文化だ!」と題して講演。パネルディスカッションでは、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の鈴木良雄氏、埼玉を日本一の「うどん県」にする会会長の永谷晶久氏、工学院大学先進工学部4年生の平野萌絵香さんが、うどん・健康・スポーツについて語る。

    同サミットは、国産小麦の普及や消費拡大、ご当地うどんの再発見を目的に2011年から全国各地で開催。熊谷では「麺 for ALL 、ALL for 麺」を合言葉に、県熊谷スポーツ文化公園にぎわい広場で17~19年の3年間実施する。昨年は全国から30店舗が集まり、約10万人が来場した。今年は前売り券の販売を昨年より早め、7月上旬から開始している。

    熊谷は、麦作の農業改良に尽くした「麦王(麦翁、ばくおう)・権田愛三」の生誕地で、小麦の一大産地。同サミットの松本邦義実行委員長は「国産麦の聖地・熊谷から、世界に日本のうどん文化を発信していきたい」と意気込んでいる。

    フォーラムは、定員200人(先着順)で入場無料。問い合わせは、同実行委員会事務局(熊谷市観光協会内、電話048・579・5701)へ。
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/08/22/08_.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1534901467/

    【【目指せうどん県】昨年は10万人来場、今年も「うどんサミット」機運醸成へ 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/08/03(金) 09:35:26.92 ID:ct7TZ3xA0
    埼玉県のうどん愛好家でつくる団体が、生産量日本一へ名乗りを上げた。
    仕掛けるのは「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」。
    2015年5月、県のうどんの魅力をPRしようと、入間市の会社員、永谷晶久さん(36)が立ち上げた。

    農水省によると、埼玉県のうどん生産量は2万4403トン(生麺、ゆで麺計)で国内2位。トップの香川県は4万7080トンと大差が開く。
    1位になるには「埼玉県民が1人当たり1カ月にあと2杯、うどんを食べればいい」(同会)と試算し、勝算は「ある」とみる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13701229/

    うどん生産量
    1位 香川県(人口約97万人)  約4万7080トン
    2位 埼玉県(人口約728万人) 約2万4403トン

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1533256526/

    【埼玉県「うどん生産量2位!1位目指すで!」香川県「はぁ・・」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/07/26(木) 10:29:09.75 ID:u+nOEOVI0 BE:618588461-PLT(35669)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000038-jij-soci

    埼玉県加須市で、特産の「加須うどん」をPRするイベントが開かれた。
    市内20店舗が加盟する「加須手打ちうどん会」による即売会や、学校給食での市産小麦を配合した地粉うどんの提供などを通じて、郷土に伝わる食文化を楽しんだ。

    加須うどんは、手打ちならではのコシの強さと光沢、喉越しの良さなどが特徴。
    ルーツは江戸時代にさかのぼり、市は2013年7月、手打ちうどんの魅力を多くの人に知ってもらおうと、毎年6月25日を「加須市うどんの日」と定める条例を制定。
    今年もうどんの日に合わせて先月25日にイベントが開かれた。

    会場では、ゆでたてのかき揚げうどんを1杯500円で提供し、手打ちうどんの実演も行われた。
    大橋良一市長は「昔から市民には親しまれているが、市外での知名度はいまひとつ。多くの人に味わってほしい」とコメント。
    手打ちうどん会の中村堅司会長は「もともとコメの裏作で小麦を作り、手打ちうどんの文化が広がった。20店舗それぞれの味がある。加須に来て、自分好みの店を見つけてほしい」と話した。 

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1532568549/

    【埼玉県がうどん県に断りもなく毎年6月25日をうどんの日に認定】の続きを読む

    このページのトップヘ