旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    埼玉県

    1: 名無しの旅人 2018/08/03(金) 09:35:26.92 ID:ct7TZ3xA0
    埼玉県のうどん愛好家でつくる団体が、生産量日本一へ名乗りを上げた。
    仕掛けるのは「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」。
    2015年5月、県のうどんの魅力をPRしようと、入間市の会社員、永谷晶久さん(36)が立ち上げた。

    農水省によると、埼玉県のうどん生産量は2万4403トン(生麺、ゆで麺計)で国内2位。トップの香川県は4万7080トンと大差が開く。
    1位になるには「埼玉県民が1人当たり1カ月にあと2杯、うどんを食べればいい」(同会)と試算し、勝算は「ある」とみる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13701229/

    うどん生産量
    1位 香川県(人口約97万人)  約4万7080トン
    2位 埼玉県(人口約728万人) 約2万4403トン

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1533256526/

    【埼玉県「うどん生産量2位!1位目指すで!」香川県「はぁ・・」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/07/26(木) 10:29:09.75 ID:u+nOEOVI0 BE:618588461-PLT(35669)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000038-jij-soci

    埼玉県加須市で、特産の「加須うどん」をPRするイベントが開かれた。
    市内20店舗が加盟する「加須手打ちうどん会」による即売会や、学校給食での市産小麦を配合した地粉うどんの提供などを通じて、郷土に伝わる食文化を楽しんだ。

    加須うどんは、手打ちならではのコシの強さと光沢、喉越しの良さなどが特徴。
    ルーツは江戸時代にさかのぼり、市は2013年7月、手打ちうどんの魅力を多くの人に知ってもらおうと、毎年6月25日を「加須市うどんの日」と定める条例を制定。
    今年もうどんの日に合わせて先月25日にイベントが開かれた。

    会場では、ゆでたてのかき揚げうどんを1杯500円で提供し、手打ちうどんの実演も行われた。
    大橋良一市長は「昔から市民には親しまれているが、市外での知名度はいまひとつ。多くの人に味わってほしい」とコメント。
    手打ちうどん会の中村堅司会長は「もともとコメの裏作で小麦を作り、手打ちうどんの文化が広がった。20店舗それぞれの味がある。加須に来て、自分好みの店を見つけてほしい」と話した。 

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1532568549/

    【埼玉県がうどん県に断りもなく毎年6月25日をうどんの日に認定】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/02/24(土) 21:58:02.64 ID:7f0zgEp/0 BE:228348493-PLT(16000)
    -大宮駅グランドセントラルステーション化構想-
    さいたま市は、「大宮駅グランドセントラルステーション化構想(大宮GCS化構想)」における駅及び交通基盤等の「取組内容」と「実現のための方策」に関して調整を図る場として大宮グランドセントラルステーション推進会議(大宮GCS推進会議)基盤整備推進部会を設置しています。
    東西自由通路整備を含めた大宮駅の機能高度化や重層的な駅前広場、道路ネットワークの整備などを一体的に進める構想です。あくまでも構想ですが、実現すると大宮駅周辺が激変します。

    大宮駅西口に高さ100メートルの再開発ビル
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27106390Z10C18A2L72000/

    さいたま市は19日の市議会まちづくり委員会で、JR大宮駅西口の再開発地区で計画されているビルの概要を明らかにした。
    再開発地区の一角に住宅約260戸とオフィス、商業施設などが入る高さ約100メートルのビルを建設する。
    2023年度に完成する予定で、先行して再開発が進む地区と合わせて、市民生活やビジネスの拠点とする。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519477082/

    【大宮駅グランドセントラルステーション化構想 大宮駅西口に高層ビル建設へ】の続きを読む

    このページのトップヘ