旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

旅行に関するスレッドや、都道府県ネタをまとめたブログです。

    群馬県

    1: 名無しの旅人 2019/02/04(月) 12:39:44.35 ID:Bc/jx7tl9
    2019年2月3日 18時0分
    石段にドドンと鎮座する巨大ペヤング。すると、むせるほどの大量の湯気をもくもくと放ちながら、勢いよく“湯切り”が始まった!「ここって情緒が漂う、あの伊香保温泉!?」なんて驚き、戸惑いながらも、規格外の大きさの白く“四角い顔”と記念撮影する老若男女の観光客たち。

    群馬県の名湯・伊香保温泉が今、変わりつつある──。

    神経痛、婦人病、冷え性など女性にうれしい効能がたくさんあることから“子宝の湯”としても知られる伊香保温泉は、名物と名高い365段の石段を有する歴史の深い温泉地。今から2000年前に開湯したといわれる日本屈指の古湯が、なんとも大胆なイメチェンに踏み切った!

    そう、伊香保温泉は『ペヤング祭り』真っただ中。同じく群馬県に本社を置く『まるか食品』とのコラボ企画により、冒頭の巨大オブジェが登場するなど“ペヤング化”しているのだ。なぜ、即席麺のカップやきそば『ペヤング』が、唐突に伊香保温泉とコラボすることに?

    「『ペヤング』はさまざまな種類の販売はもちろん、斬新なプロモーション施策により多くのお客様から愛される商品になりました。今回はその活動自体がお客様、当社はもちろん、第三者も幸せになる三方よしの企画ができたら素敵と考え、活動自体を集客コンテンツととらえた地域活性化企画を考案し実施に至りました」(まるか食品)

    つまりは、みんなで楽しく温泉とペヤングを満喫して伊香保温泉を盛り上げよう、ということなのだろう。

    たしかに温泉地の各所には、“攻めた”クセの強いお祭り色が濃く出ている。

    赤城山などを一望できる物聞山山頂まで結ぶロープウェイのゴンドラは、通常タイプの白色、激辛タイプの赤色とペヤングカラーに模様替え。標高932メートルを走る空飛ぶカップやきそばに乗れば、思わずニヤニヤしてしまう。

    そして伊香保神社からほど近い、湯本源泉地にある「伊香保温泉露天風呂」も『ペヤングの湯』に様変わり。いざ入浴すると食欲をそそるソースの香り……ではなく、新商品「スカルプDやきそば」をモチーフにした露天温泉は、まろやか~な湯あたりそのままの源泉の鉄分のにおい。新たな試みとして、水着着用での混浴時間が設けられた。

    祭りの開催を知らずに訪れたという若いカップルは、

    「一緒に入れるとは思わなかったのでうれしいです(笑)。温泉に行くのが好きなのですが、こんな温泉地は初めて。特別な体験として思い出に残るので、こういう企画はどんどんやってほしい」

    と、好印象のようだ。

    温泉あがりに小腹がすいたらペヤング販売所へ。水着やタオルなどのオリジナルグッズのほか、塩ガーリック味、たこ焼き風味、麻婆春雨味など10数種類を購入でき、併設された食堂で食べることができるのだ。まさに見て、入って、食べて満足の大盛りイベントになっていた。

    コラボに踏み切った伊香保温泉の大改革
    ところが取材中、「情緒があまり感じられない」という、観光客の声が聞こえたのも事実。たしかに古湯の温泉地を期待していた側にすれば、異例の祭りは複雑な気持ちになるのかもしれない──。

    「不易流行という言葉があるように、新しいものを取り入れていかなければ廃れてしまいます。アクションがあるからリアクションがある。ダメだったらやめればいいだけ」

    そう話すのは、自らも旅館を営む渋川伊香保温泉観光協会・大森隆博会長。伊香保にかつての活気を取り戻すべく、新しい挑戦を展開する仕掛け人でもある。今回の祭りに賛否あるのは承知のうえのようだ。

    平成3年の年間172万人をピークに、伊香保温泉を訪れる宿泊客は減少し、現在は年間110万人を割る。そんな観光客の減少に歯止めをかけ、逆に年間180万人を目標にV字回復をすべく改革を進めているのだそう。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15969124/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/f/7feae_1462_b5608c0f_7511b8dc.jpg

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549251584/

    【群馬の伊香保温泉とペヤング(まるか食品 本社 群馬県)がコラボで賛否】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/08(火) 22:45:28.24 ID:lP+wOSC0
    2019年1月 8日 20:00

    読者の皆様は「草津」と聞いて、まず何県を思い浮かべるだろうか。

    草津温泉の隣町で生まれた記者にとっては「群馬」以外の選択肢は考えられなかったのだが、上京してしばらくすると、どうやら事情が違っているらしいことに気づいた。

    そう、滋賀県の「草津市」である。町と市の違いはあるものの、まったく同じ字で、大変紛らわしい。そして、どうやら滋賀県草津市が「草津違い」で悩んでいるらしいのだ。

    Jタウンネット編集部は2019年1月7日、草津市広報課担当者を直撃し、思うところを聞いてみた。
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/270135.html

    →「温泉はないですけど、琵琶湖はあります」
    https://j-town.net/tokyo/news/localnews/270135.html?p=2

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1546955128/

    【「草津違い」で滋賀県の草津市に・・・ そんな「うっかりさん」が結構いるらしい】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2019/01/05(土) 12:18:15.09 ID:CAP_USER9
    群馬県の渋川伊香保温泉観光協会と、「ペヤングソースやきそば」で知られる「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)がタッグを組み、温泉総選挙事務局(東京都)が運営するイベント「伊香保温泉ペヤング祭り」が伊香保温泉(群馬県渋川市)で開かれている。

    会場の石段街には巨大なペヤングのオブジェが鎮座。下を温泉が流れ、カップ焼きそばの湯切りに見立てる奇抜な演出が観光客のカップルらを驚かせている。
    全国で愛されているペヤングの知名度をフルに生かし、集客を図る。

    まるか食品は昨年の4月14日から7月1日までの期間に、東名高速道路のEXPASA足柄(下り線)で「ペヤングジャック」を開催し、サービスエリアから絶景の富士山を眺めながらペヤングソース焼きそばなどを提供するイベントを行なった。
    訪れた観光客の評判も良く売り上げも伸び好評だった。
    これを知った温泉総選挙事務局がまるか食品に声をかけ、群馬県の老舗メーカーのまるか食品と同じく、群馬県の老舗温泉である伊香保温泉がコラボしてイベントを行なうことになった。

    カップルで写真撮影していた茨城県つくば市の大学院生、勝俣潤哉さん(24)は「伊香保温泉は初めて。ネットで温泉を探していたらペヤング祭りをしていると知って面白そうなので来た」と話した。

    意外と思われるかもしれないが、ペヤングのネーミングは、「ペア」と「ヤング」を組み合わせたもの。恋愛成就のパワースポットである石段奥の伊香保神社との愛称も抜群だ。

    「ペヤング絵馬所」や、ペヤングのパッケージを模した「ゴンドラペヤング」なども登場し、伊香保温泉はペヤング一色に染まっている。

    観光協会の大森隆博会長は「『話題性のある温泉地』としてアピールし、若者やインバウンド(訪日観光客)を増やしていくため、SNS(会員制交流サイト)映えするイベントにした。フォトスポットを用意して情報の拡散を期待する。12月3日に祭りが始ってから約2週間経って、訪れた観光客は1割程度増えている」と話し、今後に期待する。

    期間中は共同浴場の露天風呂を時間制で混浴(水着着用)にしてカップルで温泉を楽しむイベントもある。
    混浴温泉用に、ペヤング柄の水着やフェイスタオルなどレアアイテムも販売している。3月31日まで。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15830967/
    2019年1月5日 12時6分 産経新聞

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1546658295/

    【群馬・伊香保温泉石段に巨大ペヤング登場!「伊香保温泉ペヤング祭り」 】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/30(日) 21:48:36.63 ID:CAP_USER9
    群馬県みなかみ町の大穴スキー場が今季限りで営業を終了することが29日、分かった。施設の老朽化や入り込み客数の減少が主な原因。昭和初期に開設された、群馬県内でも草分け的存在のスキー場閉鎖に、地元住民や観光関係者から惜しむ声が上がっている。

    ◎営業は3月21日まで 跡地は太陽光パネル設置検討

    関係者によると、入り込み客の減少から収益が上がらず、老朽化した施設の改修が行えないほか、ゲレンデの土地所有者との調整が難航し、閉鎖を決断した。営業終了後の施設の活用などについては未定だが、ゲレンデ部分に太陽光パネルの設置が検討されているという。

    同スキー場は1931(昭和6)年に開設され、首都圏から最も近いスキー場としてにぎわった。52(昭和27)年には第1回全国高校スキー大会の会場になった。最盛期は年間5万人ほどの利用者があり、家族連れや初心者も楽しめるゲレンデとして親しまれてきた。

    ただ、近隣に相次いでスキー場が開発されると、入場者数が低迷。リフトを運営していた東武興業が2002年、経営不振を理由に撤退を決め、地元有志が新会社「水上・大穴スキー場」を設立して事業を引き継いだ。

    地元からは残念がる声が上がる。家族で出掛けたという町内の女性(23)=鹿野沢=は「思い出のある場所なので悲しい。小さい子も遊びやすく、スキー場と言えば大穴だった」と話した。町の観光関係者も「日本のスキー文化をけん引した場所。町内外にファンが多く、初めてのスキーに最適な環境だった」と惜しんだ。

    スキー場は29日オープンし、営業は来年3月21日までの予定。施設の職員は「最後まで一生懸命やる。ぜひ遊びに来てほしい」と呼び掛けている

    https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/102510

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1546174116/

    【【群馬県】みなかみの大穴スキー場 老朽化や集客減で営業今季限りに・・・】の続きを読む

    1: 名無しの旅人 2018/12/21(金) 17:14:39.82 ID:CAP_USER9
    ネット上で「グンマー」などと呼ばれ、いじられ放題の群馬県。

    しかし、群馬は「草津温泉」や「伊香保温泉」などの温泉地としても知られ、キャベツの生産量は全国1位。
    県マスコットキャラクターの「ぐんまちゃん」は、「ゆるキャラグランプリ2014」で見事グランプリに輝く存在感を示している。
    また、意外と知られていないが、戦後4人の総理大臣を輩出している全国屈指の県なのだ。

    さて、そんな群馬県に対して本当のところ他の都道府県民はどんなイメージを抱いているのだろうか。
    Jタウンネットでは2018年7月31日から12月7日まで、「群馬県と言えば何?」という質問で読者アンケートを行った(総得票数:1436票)。

    いじられ放題の群馬。はたして結果で挽回できるのか――。

    圧倒的に「未開の地」

    no title


    今回のアンケートでは、「草津温泉」「伊香保温泉」「尾瀬」「群馬サファリパーク」「スキー」「ヤマダ電機」「ぐんまちゃん」「頭文字D」「だるま」「上毛かるた」「総理大臣」「焼きまんじゅう」「キャベツ」「ねぎ」「こんにゃく」「未開の地」「その他」といった17つの選択肢を用意。

    上のグラフを見れば一目瞭然だが、「未開の地」と回答した人が44.4%(637票)。残念ながら、半数近くを占める結果となった。
    やはりここでもいじられてしまう、恐るべしグンマー。ネットのイメージがいかに強いかを実感するような結果だ。

    2番手に付けたのは「草津温泉」で14.3%(206票)。群馬だけでなく、日本を代表する「三名泉」の一角として、意地を見せつけた格好だ。

    次いで「ぐんまちゃん」(6.6%)、「その他」(5.6%)、「こんにゃく」(5.5%)、「上毛かるた」(4.1%)、「焼きまんじゅう」(4%)、「キャベツ」(3.2%)、「伊香保温泉」(2.2%)、「ねぎ」(2.1%)、「だるま」(1.5%)、「尾瀬」(1.3%)、「総理大臣」(0.7%)、「ヤマダ電機」(0.6%)、「スキー」(0.4%)、「群馬サファリパーク」(0.1%)と続いた。

    群馬の名産と思われものが、意外にもあまり知られていないということなのかもしれない。というか、「未開の地」多すぎ...。

    全国的には「未開の地」が圧倒的多数を占めたが、地元・群馬では票が分散。
    さすがに自虐的な投票は少なく、「キャベツ」と回答した人が45.7%でもっとも多かった。

    次いで「ぐんまちゃん」(17.1%)、「頭文字D」(11.4%)、「草津温泉」(8.6%)。「未開の地」は5.7%にとどまった。「伊香保温泉」「上毛かるた」「焼きまんじゅう」「ねぎ」(それぞれ2.9%)と続いた。
    他の都道府県とは一線を画す回答は、地元民のプライドを反映していそうだ。

    「未開の地」と思われているということは、考えようによってはまだまだ開拓できるということだ。ぜひ多くの人に群馬を訪れ、群馬の魅力を発見してもらいたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15771196/
    2018年12月21日 6時0分 Jタウンネット

    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1545380079/

    【【悲報】「群馬といえば何?」聞いてみたら約半数が「未開の地」と答える結果に】の続きを読む

    このページのトップヘ