旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    秋田県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2022/01/11(火) 09:43:28.40 ID:SlcR/bWv0
    地方移住をテーマにした雑誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の「2022年版 住みたい田舎ベストランキング」で、秋田市が人口20万以上の自治体のうち、「シニア世代が住みたいまち」で初の全国1位となった。高齢者向けの住環境の整備などが評価された。

    https://kahoku.news/articles/20220110khn000014.html

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1641861808/

    【【朗報】もう秋田市でよくないか?という流れが全国で広がる「住みたい田舎ランキング」で堂々1位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2022/01/04(火) 16:20:51.28 ID:qEVPm0AV0
    秋田市が、1月4日発行の「田舎暮らしの本 2月号」(宝島社)の特集記事「住みたい田舎」ランキングの世代別各部門で上位を占めた。

    人口20万人以上に区分される秋田市は、行政支援やJR秋田駅周辺エリアの生活しやすさなどが高く評価され、「シニア世代が住みたいまち」部門で初めて1位を獲得したほか、身近な自然環境で四季の変化を感じやすいことや夏は涼しく冬は雪が比較的少ないこと、医療機関や福祉施設、文化施設、買い物施設などの立地バランスがいいこと、犯罪や自然災害が少ないことなどから、「若者世代・単身者が住みたいまち」部門で2位(1位=静岡市)、「子育て世代が住みたいまち」部門では3位
    (1位=静岡市、2位=北九州市)に入るなど、全世代の部門で上位を占めた。

    穂積志秋田市長は「四季の移ろいを感じられる豊かな自然と地方都市の利便性が調和した『ちょうどいい』秋田市は、6月開館予定の『あきた芸術劇場』など多くの文化施設を有する芸術文化の拠点。シニア世代にも優しい。当市で暮らしを始めてもらえれば」とコメントを寄せた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e686932d18b3ef04c2743135793590b80da7145

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1641280851/

    【【朗報】「秋田市」、住みたい田舎ランキングで1位に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    800px-稲庭うどん

    1: 名無しの旅人 2021/09/26(日) 17:50:17.61 ID:p/PDRLP40
    ガチで焼け野原

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1632646217/

    【【悲報】「秋田県」、美味しいものも温泉も観光地もない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/12/06(月) 16:03:19.63 ID:25VfKyRB0
    秋田県の郷土漬物「いぶりがっこ」がピンチに直面している。

    昔ながらの製法を代々受け継ぐ農家は農閑期に小屋で作っているが、改正食品衛生法の施行で許可が必要となり、衛生基準を満たすには多額の改修費が必要になるためだ。作り手は零細の高齢農家が多く、「あと何年やれるのか」と諦めの声が広がっている。

    いぶりがっこは豪雪地帯の保存食として生まれた。秋に大根をつるして木の煙でいぶし、塩などが入った米ぬかに40日以上漬け込む。近年は東京など大都市で人気を集め、県内各地の工場でも生産されている。

    一方、県の内陸に位置する横手市の人口約3000人の山内地区では食文化として受け継がれている。使う木の種類や漬け込み用の材料で味が変わり、今も約100人が昔ながらの製法を守る。

    「みんなおいしいと買ってくれて、ありがたいが、迷いもある」。農家の高橋キヨ子さん(73)はため息をつく。農機具小屋の空きスペースを活用して夫の誠一さん(76)と作り、約20年前からは毎年1万本余りを道の駅などで販売してきた。

    ところが、全国で浅漬けなどの食中毒が相次ぎ、国は6月施行の改正法で、漬物製造業を営業許可の取得が必要な業種に追加。国際標準に沿った衛生管理を義務付け、専用の製造場所を設けるよう規定した。

    経過措置が3年間あるが、高橋さん夫婦は小屋の天井や壁などを改修しなければ販売用として製造できなくなる。県内で漬物による食中毒発生例はないが、改修費は約100万円が見込まれ、誠一さんは「この年で設備投資しても、あと何年やれるか」とこぼす。

    年約1000本を作る高橋一郎さん(79)は経過措置をもって販売中止を決めた。「生産者の9割は小規模。何百万円もかける人はほとんどいない」と言う。「農家のいぶりがっこは製法や漬ける環境で味が異なるのが魅力。市場には工場で作る一定の味しか残らないだろう」と肩を落とす。

    「横手市いぶりがっこ活性化協議会」の佐藤健一会長(65)によると、生産農家の平均年齢は70代で、「いずれ生産者が少なくなる可能性は十分ある」と危ぶむ。市の担当者は「高齢者や女性の活躍の場が失われてしまう。生産基盤を整え、後継者発掘にも取り組みたい」と話す。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/252c7a644517e55aecc2f144066b2c9ab36e0b54

    no title

    作業小屋で大根をいぶす高橋キヨ子さん=11月15日、秋田県横手市

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1638774199/

    【【悲報】いぶりがっこ、法改正で売れなくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/12/01(水) 11:09:59.63 ID:CAP_USER
    2021年11月30日 掲載

    秋田中央交通と秋田市が来春導入する地域連携ICカードの名称が「AkiCA(アキカ)」に決まった。
    同社が秋田市を中心に運行する路線バスなどで3月下旬から使用できるようにする予定。
    JR東日本の「Suica(スイカ)」など10種類以上の交通系ICカードと相互利用できる。現金による乗車も引き続き可能。

    https://www.sakigake.jp/news/article/20211130AK0026/

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1638324599/

    【【秋田】秋田のバス用ICカードは「アキカ」 Suicaと相互利用】の続きを読む

    このページのトップヘ