旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタをまとめたブログです。

    宮城県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/04/08(月) 13:15:15.71 ID:9MAv3uZu9
    宮城・気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ復興のシンボル「気仙沼大島大橋」が開通し、島は喜びに包まれた。

    「気仙沼大島大橋」は、全長356メートル、東北では初めての「離島に架かる橋」。

    大島の交通手段は、これまで船に頼るしかなく、島民にとって橋の開通は50年以上前からの悲願だった。

    東日本大震災では、島が孤立する事態となり、県は「復興のシンボル」に位置づけて、橋の整備を推進した。

    島民・小野寺文雄さん(91)は、「感無量だね。生きてるうちに橋をわたれるとは思っていなかった」と話した。

    島民・小野寺凛子さん(10)は、「(景色はどうでした?)すごくきれいでした」と話した。

    橋は、島民にとって命の橋となる。

    (仙台放送)

    FNN 4/8(月) 12:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00010004-houdoukvq-soci

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554696915/

    【【宮城】「気仙沼大島大橋」が開通 開通は50年以上前からの悲願】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/04/07(日) 14:51:19.16 ID:A6xjBg0C0● BE:601381941-PLT(13121)
    宮城 名取でホヤをPR 詰め放題に早むきも

    4月8日は数字の語呂合わせで「ホヤの日」です。宮城県名取市では、特産のホヤをPRする催しが開かれました。

    no title


    この催しは宮城県産のホヤの消費拡大を図ろうと、水産加工場や飲食店を経営する会社が開きました。

    名取市閖上地区の会場では、訪れた人たちが7日朝に女川町に水揚げされた新鮮なホヤを500円で袋いっぱいに詰めていました。

    また、身を取り出す「ホヤむき」では、参加者が包丁を使って、5分の制限時間内に手際よくさばくと、会場から拍手や歓声が上がっていました。

    仙台市から来た親子は「息子と一緒にホヤむきに挑戦しました。難しかったですが、よい経験になりました」と話していました。

    宮城県産のホヤは東日本大震災の前、およそ7割が韓国に輸出されていましたが、震災のあと日本からの輸入が禁止されたため、
    国内での販路の拡大が課題となっています。

    この催しは名取市の「ゆりあげ港朝市」で、午後2時まで開かれています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190407/k10011875831000.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554616279/

    【“海のパイナップル” 宮城でホヤの詰め放題 早剥き競争も 鮮度の良いホヤは非常に美味 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/03/31(日) 17:41:47.23 ID:WobqFZoq9
    キツネが「観光駅長」就任、宮城 JR白石蔵王駅

    JR東日本仙台支社が31日、宮城県白石市の東北新幹線白石蔵王駅でキツネを「観光駅長」に任命する式典が開かれた。同駅近くのキツネと触れ合える施設「蔵王キツネ村」があることにちなんだ企画で、国内外からの観光客を誘致する狙いもある。

    JR東日本などによると、任命されたのは同施設のゴロくん。
    推定12歳の雄で、人間の60歳くらいに相当する。同社管内でキツネが「駅長」になるのは初めて。体調を見ながら、6月26日まで毎週水曜日の午前中に改札口に立つ予定。

    式典では、小野昭一駅長から委嘱状とともに専用の帽子が渡された。

    共同通信(3/31(日) 16:59配信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000071-kyodonews-soci

    JR白石蔵王駅の「観光駅長」に任命されたキツネのゴロ君
    =31日、宮城県白石市
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554021707/

    【【鉄道】おキツネ様が「観光駅長」就任 毎週水曜の午前中に改札口に立つよ 宮城・JR白石蔵王駅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1280px-Sendainight

    1: 名無しの旅人 2019/02/20(水) 21:36:45.67 ID:Q48FUCQw0
    1 遊ぶ場所が少ない
    2 あっという間に田園風景が広がる
    3 ブスが多い
    4 人間性が陰湿
    5 他の東北各県を見下している
    6 ゴミみたいなデリヘル嬢しかいない

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1550666205/

    【宮城県の悪いとこ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2019/02/28(木) 07:44:05.12 ID:loXOTo0v9
    2019年5月、宮城・仙台市青葉区のウイスキー工場が設立50周年を迎えるのを記念して、3月から、1本30万円のウイスキーが700本限定で販売される。

    「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」は1969年に、青葉区を流れる「新川川」近くに建設され、2019年5月で50周年を迎える。

    これを記念して、宮城峡蒸溜所で初めて蒸留された原酒を使った「宮城峡」と、北海道・余市のモルト原酒を使った「余市」が、3月12日から販売される。

    アルコール度数は48%で、価格は1本あたり税抜き30万円、全国でそれぞれ700本限定で販売される。

    一般向けの販売はされず、ホテルや飲食店を中心に販売されるという。

    アサヒビール(洋酒・焼酎マーケティング部)・奥田大作部長は、「ニッカウヰスキーのこれからの挑戦の証しとして発売させていただきたい」と話した。

    限定ウイスキーは、なくなり次第、販売終了だという。

    2/28(木) 6:22
    http://ox-tv.jp/nc/smp/article.aspx?d=20190227&no=23

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551307445/

    【【仙台】1本30万円のウイスキーが700本限定販売 ウイスキー工場設立50周年を記念して】の続きを読む

    このページのトップヘ