旅行行こうず!ー国内旅行まとめブログー

いつもコメントありがとうございます  旅行に関するスレッドや、都道府県、食べ物ネタ等をまとめたブログです。

    青森県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/12/26(日) 06:20:25.13 ID:CKcSK3Vk0
    この世の終わりや
    no title

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1640467225/

    【青森J民やけど雪ヤバ過ぎてヤバい助けてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/12/18(土) 06:10:08.78 ID:pT5RDN599
    みんなの経済新聞ネットワーク

    弘前に12月17日、「松屋 弘前高田店」(弘前市高田)がオープンし、いち早く「牛めし」を味わおうとする人たちの行列ができた。(弘前経済新聞)

    松屋は、「牛めし」を中心に定食や牛丼以外のメニューも提供する牛丼チェーン。同店はとんかつ店「松のや」併設の複合型店舗で、青森県初出店となる。

    日本気象協会発表によると、弘前の同日8時の気温は5度で、小雨の降る天候だった。開店時間は10時だったが、30人以上の行列ができたため、開店を10分早めて入店させた。

    行列の先頭だった弘前大学生でツイッターアカウント「水(みくまり)分」さんは、同人誌「弘前に松屋を勝手に呼ぶ本」を出版するほどの松屋ファン。埼玉出身で高校時代から松屋好きとなったが、弘前に住み始めて青森県に松屋がないことに消沈。岩手・盛岡にある松屋まで通う日が続いたという。

    注文したのは「創業ビーフカレー」(490円)、「牛めし(ミニ)」(330円)、「ロースかつ単品」(350円)の3点。完食した「水(みくまり)分」さんは「弘前で牛めしを食べられる日が来るとは思いもしなかった。ようやく実感できるようになった。感無量です」と笑顔を見せる。

    ネットでは「弘前の皆さん、松屋の開店おめでとうございます」といった祝福や「スタバのときもセブンのときも並んでたよなあ」と大手チェーンの初出店を思い出す声のほか、「(今後は)遠征せずに松屋食べれるのはありがたいですねぇー」(以上、原文ママ)といった喜びの反応があった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/68149b2856922994d3faad6272e079cfadcbf252

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1639775408/

    【【青森】弘前に「松屋」がオープン 初日から行列 「スタバのときもセブンのときも並んでたよなあ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/11/29(月) 23:03:25.58 ID:+zBpUsCE9
    ※Jタウンネット

    むつ市のふるさと納税返礼品「ホタテ水着」マジで大人気 注文数は予想の2倍以上...生産者が嬉しい悲鳴
    https://j-town.net/2021/11/29329352.html?p=all

    松葉 純一 2021.11.29 20:00

    no title

    年末が近くなると、ふるさと納税のことが気になる。それがいつのまにか恒例となってきている。

    ふるさと納税の返礼品、今年は何にしようかな......。高級牛肉、うなぎ、いろいろあるけど、迷うのもまた楽しいものだ。

    さて最近注目を集めたふるさと納税返礼品といえば、やはりこれじゃないか。

    青森県むつ市の「ホタテ水着」だ。あるふるさと納税ポータルサイトの「宝飾品・工芸品」のカテゴリーでは、月間1位を獲得したこともあるという。

    そんな「ホタテ水着」について2021年11月27日、「アヴェマナヴ」というツイッターアカウント(@hotateyasan))から、次のようなツイートを投稿され、いま話題となっている。

    https://twitter.com/hotateyasan/status/1464563351225192456

    「アヴェマナヴ」とは、ホタテ水着を生産する阿部商店(青森県むつ市)の阿部学社長のことだ。「9月にむつ市ふるさと納税返礼品に登録されたホタテ水着ですが、これまでに予想を遥かに上回る230個ご注文を頂いております」というコメントが添えられている。このツイートには1万5000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(11月29日現在)。

    ツイッターにはこんな声が寄せられている。

    「人気で草」
    「来年の夏は全国の海やプールに230人のホタテ水着が表れるのか、、、」
    「意外にも需要があるのですね!」
    「バエルでしょうね それ用に需要があると思います」
    ツイッター上では異様な盛り上がりを見せているようだ。

    「予想をはるかに上回る注文」をいただいてしまった阿部商店はいったいどうしているのだろうか。Jタウンネット記者は阿部学さんに電話で聞いてみることに......。

    「100個くらい」の予想をはるかに超えた

    ホタテ水着とは、3枚のホタテの貝殻を青いリボンで固定した、いたってシンプルなデザインの水着だ。貝殻の幅は一枚12センチ前後。「大きすぎず小さすぎず、丁度いい貝幅のホタテ貝」だという。寄附金額6000円の返礼品だ。

    ホタテ水着を開発するきっかけは、10年半前に起きた東日本大震災。阿部学さんは、地元特産のホタテの貝殻が、大量に余っているのに気付き、何とか活用できないかと考えた。

    電動ドリルで穴を開け、表面を漂白・研磨して、水着に加工し、ネット販売したところ、年間に平均で100セットほど売れたことも......。

    今回のふるさと納税返礼品も、阿部さんは「100個くらいかな」との予想していたそうだ。ところが、「予想をはるかに超える注文に驚いています」と語る。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1638194605/

    【【青森】むつ市のふるさと納税返礼品「ホタテ水着」マジで大人気 注文数は予想の2倍以上...生産者が嬉しい悲鳴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/11/20(土) 18:54:28.17 ID:2V32pGGo9
    青森県の八戸圏域が米国の大手旅行誌「コンデナスト・トラベラー」英国版のウェブサイト特集に取り上げられ、「2022年ベストホリデー・デスティネーション(最高の休暇を過ごせる旅先)」として紹介された。八戸市や周辺町村にインバウンド(訪日外国人旅行者)を呼び込もうと、観光地域づくり推進法人「VISITはちのへ」が売り込みを図った戦略が奏功した。

    特集では北京、英バーミンガム、ノルウェーのオスロなど世界各地の22カ所について写真付きの記事を掲載。日本からは唯一、八戸圏域が選ばれた。

    東日本大震災に触れながら、長距離自然歩道「みちのく潮風トレイル」(八戸市-相馬市)を「絵のように美しい1000キロ」と表現。復興支援を兼ねて沿道の民宿に泊まることで、東北の暮らしを垣間見ることができると提案する。

    ほかにも縄文文化や南部地方の伝統工芸、史跡根城(八戸市)などの見どころを伝える。「訪問客は日本のインバウンドの2%に満たない、見過ごされた地域」とも分析。人混みを避けて自然や文化を体験するという、新型コロナウイルス禍に合った旅先として薦めていることがうかがえる。

    VISITはちのへは地域の生活や歴史に関心が高いとされる英国やフランス、台湾からの誘客を目指す。インバウンドのマーケティングを手掛ける日本企業と連携し、現地に代理人を配置。メディア関係者らと接触して継続的に情報発信することで、掲載の機会を狙う戦略を展開している。

    コンデナスト・トラベラー英国版のウェブサイトには、月に約190万人のユーザーがアクセスするとされ、VISITはちのへは圏域の魅力を売り込む相手として最重要ターゲットの一つに位置付けていた。

    担当者は「世界の旅行トレンドをけん引する雑誌に評価された。コロナ収束後を見据え、インバウンドを受け入れる準備を進めたい」と意気込む。

    河北新報 2021年11月20日 06:00
    https://kahoku.news/articles/20211119khn000040.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1637402068/

    【【青森】米旅行誌「最高の旅先」の一つに八戸選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しの旅人 2021/10/28(木) 20:15:59.929 ID:5+A+/JNBp
    何言ってんだこいつ
    no title

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1635419759/

    【【画像】青森県さん、交通標語で日本語を放棄してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ